記事

3月20日(木)ムネオ日記

 18日のムネオ日記でベビーシッターが2歳の子供を殺した事件について私の認識、受け止めを書いたが、これに対し乙武洋匡氏がツイッターで
政治家がすべきは母親叩きではなく、母親がそうせざるを得ない社会状況を改善することでは。RT「見ず知らずの人に預けた場合、安全性とか誘拐とか頭になかったのだろうか。親として無責任な面があったのではと思うのは私だけだろうか 鈴木宗男
駒崎弘樹さんという人も同様の発信をしている。
 18日のムネオ日記を今一度掲載したい。
 「ベビーシッターに預けた2歳児が遺体で見つかり、大きなニュースになっている。現代社会の一つの問題を表した事件である。
 2歳の子供を殺した男はとんでもなく論外だが、インターネットで見ず知らずの人に簡単に自分の子供、しかも2歳と8ヶ月という幼い子を預ける母親の神経も首を傾げざるを得ない。
 ベビーシッターは国家資格も届け出も必要なく、誰でも出来、しかもニーズは高いという。
 報道で知る限り母親とベビーシッターの男は面識もなく簡単にインターネットでのやり取りである。母親として見ず知らずの人に預けた場合、安全性とか誘拐とか頭になかったのだろうか。親として無責任な面があったのではと思うのは私だけだろうか。
 自由主義・民主主義は相手を信用する。性善説が基本になるが、自分の子供を簡単に知らない人に預ける、あまりにも安易なやり方に何とも無神経と言わざるを得ない。
 生活のため子供を預けて働く人は多いことだろう。ベビーシッターは現実として必要でこれからもその傾向は高くなるだろう。今回の事件を機に何よりも安全・安心について法整備等していかなくてはならない。」
 乙武氏と駒崎氏に言いたい。「あなた方は見ず知らずの人に自分の子供をなんの懸念も心配もせず預けますか」と。
 子供は宝であり、かけがえのない存在である。にもかかわらず2歳としかももう一人8ヶ月の子供を3日間も預けるなら身元やベビーシッターとしての信用等、念には念を入れて預けるのが普通で、どの親でも考えるのが当たり前でないか。
 「政治家による母親叩き」と短絡的な表現で私の認識・受け止めを批判するのは迷惑千万である。
 乙武さんが「母親がそうせざるを得ない社会状況を改善することでは」と言っているが、今の時代ベビーシッターは必要不可欠ではないのか。真面目にやっている人がいるのである。
それ以前の問題として親としての心構え、親としてのあり様、なによりも親として自分のお腹を痛めた子供に対する愛情を持つことである。その基本が大事ではないかと私は言っているのである。
 乙武氏と駒崎氏に言いたい。ツイッターとかではなく、顔を合わせて平場で話をしようではないか。無責任な評論家的な話は懲り懲りである。「親としての責任」「人の道」が問われる問題だ。
いかなる理由にせよ2歳の子供を殺した男はとんでもない人間であり、そんな人間がいたのである。
今になって母親が「前に預けた時もあざがあった」とか言っているが、それならば尚更ベビーシッターの信用度や身元を確認するのが第一ではなかったのかと思うことに何の間違いがあるだろうか。
私のところには「鈴木さんの受け止めは当然です」と多くの人から声が寄せられている。
午後の便で徳島に行き、彼岸なので昨年亡くなられた中村博彦参議院議員のお参りをする。
手を合わせながらお元気であれば参議院の中核として活躍されていただろうと思う時、ただただ世の無常を嘆くのみであった。

【関連記事】
3月20日(木)ムネオ日記(当記事)
   →鈴木宗男氏への回答「政治家だからこそ、弱者への心配りを」 - 乙武洋匡
      →3月23日(日)ムネオ日記

あわせて読みたい

「ベビーシッター」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本に泣きつく韓国経済の窮状

    新潮社フォーサイト

  2. 2

    橋下氏"築地に費やすの勿体ない"

    橋下徹

  3. 3

    リテラシー低すぎた朝日の企画

    マガジン9

  4. 4

    貧困バッシングは"犠牲の累進性"

    マガジン9

  5. 5

    "貧困JK"から考える貧困の基準

    SYNODOS

  6. 6

    SMAPメンバーと世間のギャップ

    幻冬舎plus

  7. 7

    金正恩氏、幹部を跡形もなく銃殺

    高英起

  8. 8

    東京都の年収高い学区ランキング

    マンション選び研究所

  9. 9

    反貧困デモは納得できる主張を

    やまもといちろう

  10. 10

    ワンセグ受信料問題は不意打ち?

    三谷英弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。