記事

STAP細胞の論文捏造疑惑 - 不正行為の背景にある研究費の熾烈な獲得競争

1/2
理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーらが発表したSTAP細胞の2本の論文に、不自然な画像の使用や、論文流用などが多数見つかっている問題で、昨日、理研が記者会見を開き「論文の取り下げを視野に検討している」と発表しています。

こうした研究者による論文捏造は繰り返されてきましたが、この問題についての総合研究大学院大学教授・池内了氏の指摘を紹介します。(※私が事務局を担当して、つくばで開催した国立試験研究機関全国交流集会で、2010年6月17日と2012年6月21日に科学者・研究機関の社会的責任をテーマに、池内教授に講演いただいた一部の紹介です。文責ノックオン。ツイッターアカウントは@kokkoippan

科学者・研究機関の社会的責任を考える
総合研究大学院大学教授池内了氏

(池内了[いけうちさとる]天文学者、宇宙物理学者。総合研究大学院大学教授・学長補佐・学融合推進センター長。名古屋大学名誉教授。理学博士(京都大学)。世界平和アピール七人委員会委員。「九条科学者の会」呼びかけ人)

研究費の熾烈な獲得競争が
論文捏造など不正行為の背景にある

研究における不正行為はなぜ起こるのでしょうか。実験データを捏造してもいつかそれがあばかれるであろうことは当の研究者も知っているはずです。それなのに論文捏造が起こってしまうのですから、これは構造上の問題ともいえるでしょう。

国立研究機関でも国立大学法人でも研究費の獲得競争が熾烈になっていることが、こうした論文捏造の大きな背景にあります。

この間、国立研究機関の多くが独立行政法人化され(※理化学研究所も独立行政法人化されています)、国立大学も国立大学法人化されました。そして、それぞれの主要な財源である運営費交付金が毎年削減され、基盤的な研究費も削られ続けていて、研究者も追い詰められているという状況があるのです。

研究者は、研究費がなければ、研究はできませんし、論文を書くこともできません。論文を書くことができなければ、研究費を獲得することもできません。とりわけ、競争的資金と呼ばれる公募型の研究資金を獲得するためには、他の研究者との相対的な比較の中で、少しでも目立たなければなりませんし、論文を多く出版する必要があるのです。

研究者の世界の言葉に、「publish or perish(論文を出版せよ、でなければ破滅)」というのがあります。何が何でも論文を出版しなければ、研究者としては死を意味するということです。そうすると、論文を発表できなくて追い詰められた研究者は、論文捏造に走ってしまいかねないわけです。

一般に論文捏造が行われるのは医学や生物学の分野に多くなっています。もともと人体や生物には多様性があることが特徴で、反応も個体によって異なる場合があり、そのような実験結果が出たと言われれば簡単には否定できないからです。さらに、微妙な実験が増えてデータや画像を見ただけでは不正が見破れなくなったことも一因としてあります。

それから、教授のような身分が安定した研究者が論文捏造に直接手を出すのではなく、研究者として岐路に立っている人が不正行為に手を出すケースが多いということも特徴です。

教授が直接不正行為を行わないのだけれど、その研究室のポスドクや助教、大学院生がデータの捏造を行うというケースがあります。教授は研究現場には顔を出さず実験をポスドクなど若手研究者に任せきりにして、早くデータを出せと迫るばかりなので、実験を任せられた若手研究者は思い通りのデータが出ないと追い詰められた気分になり、教授の覚えは将来の身分にも関係するから、つい不正行為に手を出してしまうという構造上の問題もあります。そうして出されたデータを十分にチェックすることなく、教授は教授で「publish or perish(論文を出版せよ、でなければ破滅)」と、論文にしてしまう、という構図にもなっているわけです。

また、研究室の教授から若手研究者が直接頼まれなくても、その研究室のヒエラルキーの中でトップの意向や圧力を感じて不正に走ることもあります。せっかく、トップが研究費を取ってきたのだから、とにかく何が何でも結果を出さなければと考えるわけです。

こうして研究費の獲得競争などの構造上の問題によって、じっくり時間をかけて論文を書くという風潮が失われると同時に、論文捏造などの不正行為も蔓延するようになっているのです。

(※これ以降は、福島原発事故にかかわっての概念的な科学者の社会的責任について池内教授が語った部分です)

事故の背景にある「罪」と「過ち」

ゴードンという人の『構造の世界――なぜ物体は崩れ落ちないでいられるか』という本が丸善から出ています。これは古い本で、絶版になっているかもしれませんが、建物、建築物の事故をいろいろ調査した後、どこに問題点があったかをまとめた本です。その最後の部分で、「事故というのは罪と過ちと金属疲労によって起こる」と書いています。

私はこの言葉が好きでよく使います。「罪」と「過ち」と「金属疲労」です。「過ち」というのは過失、錯誤です。読み違いとか、聞き違いとか、見間違いです。そういう過ちはだれにでもあるということです。「金属疲労」というのは、設備が老朽化している、あるいは不良部品が使われている。われわれの側の責任ではなくて設備そのものの責任です。

けれども問題は「罪」である。これは倫理的な罪のことです。ゴードンは「事故を点検してみたら97%が罪に関わっている」と言っています。罪とは何か。これは不注意、手抜き、不勉強、知らなかったというわけです。縄張り意識、ここまでは俺のところだけど、そこから向こう側は知らない。自尊心、慢心、驕り、妬み、貪欲、メンツ、度量の狭さ、意志の弱さ、狭い視野、これらいろいろの「罪」が事故の原因になっていることがほとんどであると彼は言っています。

「過ち」の背景にもこの「罪」の側面がある。過ちを起こしたときに自尊心が傷ついて相手の忠告をきちんと聞かなかった。それで操作の間違いを起こした。これはたんに操作の間違いではないのです。その背後には自尊心があったということになります。だから「罪」をもっと意識しなさいと彼は言っているのです。これは科学者・技術者に対して重要な忠告ではないかと思います。

プロフェッションとは何か

プロフェッション(専門職)とは何か。これは私自身が、特に科学者をめざす若者に対して科学・技術・社会論という科目でいろいろ言っています。特に科学者の社会的倫理責任について講義等で言っていることです。

要するにわれわれは科学あるいは技術のプロである。プロであるという意識をまず持つ必要があるのです。「プロ」というのは何々の前で、「フェス」というのは宣言する、誓約する、述べる。神の前で宣言するということです。神の前で誠実に仕事をすることを宣言するのが「プロフェッション」なのです。
いわゆるプロフェッション(専門職)とオキュペーション(職業)の違いは何かを考えます。われわれが専門職として位置づけているのは、医師とか弁護士、看護士、学校の先生です。これらはいずれも基本的には免許を持っている方です。大学の先生や研究機関の人々は別に免許を取っているわけではないわけけれども、プロフェッションです。状況はいろいろあるのですが、たとえば専門的な訓練を経ているということです。大学なり大学院において数年間の専門的な訓練を経ている。それは基本的には国家の金で賄われているわけです。

いったんある種の仕事をやると、そのサービスの独占権を持っています。ある意味ではそれに対して外部から文句はつけられない。ある一定程度われわれが、あるいはチームとして決めることもあるかもしれませんが、ある方針を決めると、ある設計を決定すると、それは外部から文句は言えないわけです。そして、その仕事は社会の福利に貢献をするということです。
サービスの独占権と基本的には同じことですが、高度な個人的な判断と創造性という自治があるということです。規律に関しては倫理規範によってのみわれわれは制約を受けているわけです。

プロフェッションの特質

プロフェッションとはそういうもので、それを公式的に書くと専門性、自律性、独自の倫理というこの三つの側面で特質が決まっているわけです。

専門性というのは、特殊で専門的な知識を体得しているということです。これは科学者、技術者としてすべてわれわれは訓練を受けているし、そういう知識を持って仕事をしている。これは非常に独自の立場です。

自律性は、他の集団から指示や干渉を受けないということです。

それから、独自の倫理を持っています。これは職務規程です。全構成員が遵守する義務があります。それは社会の信頼ということと深い関係があります。社会からの信用の上に立ってわれわれの仕事が成立しているという意味です。だから科学者あるいは技術者は、免許はないけれど典型的なプロフェッションとして成立しているわけです。

あわせて読みたい

「STAP細胞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  2. 2

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  3. 3

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  4. 4

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  5. 5

    小池氏辞任に若者は「やっぱり」

    AbemaTIMES

  6. 6

    麻原彰晃・娘 妹の虐待訴えは嘘

    松本麗華

  7. 7

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  8. 8

    希望落選の馬淵氏「私は無所属」

    馬淵 澄夫

  9. 9

    日本のバラエティに外国人が爆笑

    NewSphere

  10. 10

    都政は放置? 小池氏が希望顧問に

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。