記事
  • Willy

【書評】3年で辞めた若者はどこへ行ったのか?(城繁幸)



―― 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか?

国民生活白書によれば、95年以降、大卒新入社員の3年以内の離職率は35%前後に達する。この割合はバブル期前後に比べ、約10%も高い。本書は、そうして会社を辞めていった若者たちの人生を追う。彼・彼女らの人生は、多様性に富んだドラマでちりばめられており、読み応えがある。

もちろん、新卒社員の離職率の上昇という社会全体での大きな変化は単なる若者気質といった理由だけでは片付けられず、日本経済の基礎的な状況が「昭和」の時代とは異なることが原因と考えるべきだろう。もはや日本は、これまでのような年功序列を基本とした雇用制度を国全体で支える事はできなくなったのだ。大きな理由は二つある。

一つは、人口構造の変化である。年功序列制度は、従業員の年齢構成がピラミッド型になっていることを前提に維持可能なものであった。つまり、この仕組みはねずみ講の規模が大きいものと考えることができる。労働市場における人口構造の変化は、移民の流出入がない限りかなり安定的に予測することができるため、もはやこのねずみ講を本気で信じる人はいなくなったということだ。

二つ目は、経済構造の硬直化である。冷戦で極めて安定した政治・経済体制下にあった日本は官僚主導で非常に安定した流動性の低い年功序列・終身雇用の労働市場を作り上げ、従業員のインセンティブを高めることによって、製造業の生産性上昇という面では極めて優れた経済体制を作り上げた。しかしポスト冷戦の失われた20年を通して分かったことは、国民がそうした安定した環境の下で企業の歯車として頑張るということが、最早、たいした富を産まなくなったということだ。変化と不確実性を受け入れ、新しいことに取り組むことこそが、長期的に大きな富を産む。そんな社会では、むしろ年功序列は積極的に破壊しなければならない。

著者は、弊害の多い年功序列という歪んだ利益配分システムを一刻も早く捨て、労働法を改正して流動化を進めよと主張する。そして、新しい社会では、出世のような共通の価値観ではなく、各人が多様化することによる豊かさを求めるべきだと説く。一見奇異に見える会社を辞めた若者達のいくつものストーリーは、そうした多様性の具体例である。

――― 「こちら側」と「あちら側」の温度差

城氏の主張は説得力があるし強く共感できる。
私も、低成長下で多くの人が豊かになるための唯一の道は価値観の多様化であると思うし、それが究極的には社会のためにもなるのだと信じている。

一方で、本書を手にとった人の多くが私と同程度の共感を感じることができるか、といえば、私は少し悲観的にならざるを得ない。

有名な大学を出た圧倒的に多くの人は、依然として厚く保護された伝統的企業の正社員として勤務している。例え社内では「割を食う世代」であったとしても、非正規の労働者として安定しない身分で働く人との既得権益の格差は極めて大きい。そういう人たちも「究極的には」年功序列の崩壊や人材流動化が進むと考えているだろうが、それはあくまでも「段階的に」進むもので、自分達の既得権益について「多少の妥協」を強いられることはあっても、生活を脅かすほどではない、と捉えているだろう。これは、中高年に限らず20代の若者でもそうだ。そして実際、その認識はある程度正しい。

本書のような読み物やネット上で行われる言論では、既得権益を壊して新しいものを創造しよう、という勢力のプレゼンスが非常に大きい。しかし、リアルな社会で経済的影響力を持つ既得権益層との認識の乖離は感覚レベルでは依然としてかなり大きいだろう。

本書に共感できる人には、なぜ社会の変化がこんなにも緩慢なのかを考えて欲しいし、本書に共感できない人には、既得権益層とアウトサイダーの温度差を知って欲しい。

そんなわけで、本書はあらゆる年代と階層の人に読んで欲しい一冊である。

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  2. 2

    よしのり氏「小室哲哉は気の毒」

    小林よしのり

  3. 3

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  5. 5

    小室哲哉 3年前から妻とぶつかる

    THE PAGE

  6. 6

    外国人も失望? 蔓延する残念和食

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  8. 8

    高須院長 南北合同の五輪に激怒

    NEWSポストセブン

  9. 9

    年収1000万円の銀行員が続々転職

    キャリコネニュース

  10. 10

    いきなりステーキ脅かす競合登場

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。