記事

最悪のタイミングで出た安倍「おともだち」の最悪暴言

 驚くことばかりの安倍首相の「お友達」らの暴言であるが、その中でもこの暴言は今後の進展いかんでは間違いなく命取りになるだろう。おりから安倍政権のオバマ大統領批判が相次いでいる時だ。

 この暴言は最悪のタイミングで出た最悪の暴言だ。

 それは2月23日に放映された「やしきたかじんのそこまで言って委員会」に出席していた金美齢氏のつぎの発言である。すなわち米国のオバマ大統領について、「もしオバマさんが白人だったら、あのレベルの政治家ではね、大統領に当選しなかったと私は思ってるわけ・・・」。実際はもっとひどいことを驚くほどの遠慮のなさでベラベラ語っている。動画が消されないかぎり誰でも見ることができるから是非一見する事をお勧めする。

 この発言はこれ以上ないオバマ大統領に対する侮辱である。 いや、米国の国民すべてを敵に回す発言である。何よりも超ド級の黒人蔑視発言だ。米国という国を少しでも知っている者ならわかることだが、米国における人種問題、とりわけ黒人問題は、米国最大の政治問題である。米国国民が日々苦悩を続け、それでいて決して解決することのできない米国の原罪ともいうべき問題だ。

 この発言をキャロライン・ケネディ大使が知ったらどう思うか。オバマ大統領とその側近が知ったらどう思うか。なによりもオバマ大統領を支持した米国黒人たちが知ったらどう思うか。 間違いなく暴動がおこるだろう。

 金美齢氏はただの私人ではない。安倍首相のインナーサークルの一人である。金美齢氏は自宅を提供して安倍首相とそのお友達の懇親パーティを開き、そこに安倍首相が参加するほどの間柄だ。

 どんなに弁解しようとも、釈明しようとも、安倍首相の考えを代弁していると米国メディアに書かれても仕方がない。

 それにしても大阪読売テレビはよくもこのような発言を放映したものだ。「やしきたかじんのそこまで言って委員会」はぶっつけ本番の生番組ではない。事前に収録して、その後編集して流される番組だ。製作担当者はなぜそのまま流したのだろう。もはや撤回は出来ない。そして米国の主要メディアは日本に特派員を置いている。この金美齢氏の発言を見逃すはずはない。米国の記者が日本たたきの格好のネタとして書けばたちまち全米に伝わり米国国民の知るところになる。安倍首相は思わぬ形で最大の危機に向かい合う事になるだろう(了)

あわせて読みたい

「」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    はあちゅうセクハラ告発圧勝の力

    広瀬隆雄

  2. 2

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    東京MXの沖縄・在日ヘイトは最悪

    『月刊日本』編集部

  4. 4

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  5. 5

    イライラした人に居場所なき現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  6. 6

    楽天的すぎる楽天の携帯事業参入

    韋駄天太助

  7. 7

    薬使った性暴力 政府答弁に唖然

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

  8. 8

    プロゲーマー制度を賭博界が嘲笑

    木曽崇

  9. 9

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  10. 10

    なぜ自衛隊は休息を命令するのか

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。