記事

[動画]「フォアグラ弁当」が販売禁止になる理由:「エシカルな」フォアグラも登場

「フォアグラ弁当」が販売禁止になっているのが話題ですね。

ファミマ・フォアグラ弁当「残酷」と発売中止へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

フォアグラ生産は倫理的ではない

フォアグラの倫理性は世界的にも議論になっており、たとえばカリフォルニア州ではフォアグラが禁止になっていたりします。すごいですよね、禁止ですよ、禁止。

なぜそんなに反発が大きいのかは、こちらの動画を観ると理解できると思います。ちょいとえげつないですが、一応これがリアルのようです。

そもそも不健康な気がするのと、食材として値段が高いので、個人的にはフォアグラは食べるつもりはありません。

倫理的な(エシカルな)フォアグラも登場

ここまではおさらいのような話で、面白いのは倫理的な方法でフォアグラを生産する事例も登場していること。TEDにプレゼンがあるので、こちらがわかりやすいでしょう。

もともと鴨は越冬期に肝臓に脂肪をためる習性があるそうで、それを利用すれば、あえてケージに閉じ込めて餌をがぶ飲みさせる必要なく、フォアグラが生産できるとのこと。

こちらがその農家を取材した動画。見ての通り、自然豊かな環境で育てられています。1812年から続いている生産方法だそうです。

A Time for Foie from The Perennial Plate on Vimeo.

自然のフォアグラ。フォアグラのどこが自然なのかと言うと、秋の気温が下がる頃、厳しい冬が来る前にガチョウや鴨がたらふく食べることを利用したものです。
その季節以外は彼が所有する土地を好き勝手に動き回り、食べたいものを食べています。強制給餌はせず、工場のような状況や残酷な行為は見られません。

ダン・バーバー: 驚くべきフォアグラ物語 | Video on TED.com

ただしこの生産方法では、年に一度しか収穫できず、それゆえ生産量も少なくなります。農場オーナーのEduardo Sousa氏は次のように語っています。

うちの農場に見学にきたトゥールーズの生産者がこう言ったんだ。
「えっ?年間1000羽しか生産できないの?うちは毎日4,000羽は生産してるよ。どうやってお金儲けするんだ?」 だから俺は言ったんだ。お金を儲けることがすべてじゃない、って。俺たちはビジネスをやっているわけじゃない、これは生活なんだ。

A producer from Tuluz said ‘You only produce 1,000 birds a year? I produce 4,000 a day. How are you going to make money?’ And I told him that everything is not about making money. Our system isn’t just a business; it’s a way of life.”

Is ethical foie gras a contradiction in terms? | MNN - Mother Nature Network

ただしこうした「エシカルな」フォアグラは価格が高いのが難点。2007年に公開されたThe Telegraphの記事によれば、エシカルフォアグラは通常のフォアグラの1.6倍近い価格になっているとのこと。

ちなみに、Eduardo Sousa氏がつくるフォアグラは味も優れているそうです。クードクールという美食コンテストで優勝もしています。

あんなに美味しいフォアグラは生まれて初めて食べました。
その瞬間までフォアグラを食べた事が無かったと思うほどです。
フォアグラと呼ばれていたものは食べた事がありましたが、予想を大きく覆されました。
心変わりするかも知れませんが、今後私はフォアグラをメニューに載せないと思います。
なぜならエドゥアルドが食べさせてくれた味は、甘く滑らかで、フォアグラの特質すべてを持ち合わせているのに、脂肪は偽りがなく、混ぜ物がまったくない味がするのです。

ダン・バーバー: 驚くべきフォアグラ物語 | Video on TED.com

売り場を失うフォアグラがアジアに

そんな倫理的なフォアグラもありますが、流通しているものの大半はやはり通常の方法で生産されたもの。欧米で売れなくなったフォアグラが安くアジアに流れてきている、という現状があるようです。

「売り場を失いつつあるフォアグラですが、その受け皿として期待されているのはアジアです。中国で12年に予定されていた大規模なフォアグラ農場の設置計画は、愛護団体等の反対活動を受け中止となりましたが、比較的抵抗感の少ない日本や中国に売り込みをかける動きは今後も続くと思います」

ファミレス、居酒屋、コンビニのお菓子にまで…。日本にあふれかえる「フォアグラ」の奇怪 (宝島)

狩猟系女子ブログ「ちはるの森」のコメント欄が炎上していて興味深い」という記事でも見られますが、食をめぐる問題は議論が分かれるでしょうね。上にも書きましたが、ぼくは個人的にはフォアグラは食べるつもりはありません。あえて食べるほどのものではないですしねぇ。みなさんはどう思いますか?

あわせて読みたい

「ファミリーマート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    政治力失った小池氏 出処進退は

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    立憲民主は戦後最弱の野党第一党

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    保育士離職の原因は給与ではない

    石水智尚

  5. 5

    リセットされた菅直人氏への逆風

    川名 ゆうじ

  6. 6

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  7. 7

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  8. 8

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  9. 9

    日の丸・君が代は極右への踏み絵

    秋原葉月

  10. 10

    立憲の鍵を握る改憲派・枝野代表

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。