記事

『明日、ママがいない。』騒動をきっかけに「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」を今一度考えてほしい。

慈恵病院・蓮田院長(編集部撮影)
慈恵病院・蓮田院長(編集部撮影) 写真一覧
どうも鳥井(@hirofumi21)です。

ご縁あって、先日日本財団ビルで行われた「公開研究会 こうのとりのゆりかごと24時間妊娠SOS」に参加してきました。

『明日、ママがいない。』の放送中止を要請した慈恵病院・蓮田理事長の講演会です。

赤ちゃんポストは日本にひとつしか存在せず、正式名称は「こうのとりのゆりかご」。そして、この「こうのとりのゆりかご」が設置されているのが、熊本県にあるこの慈恵病院なのです。

講演会では、「こうのとりのゆりかご」が設置されるまでの経緯、この六年間の成果などが語られていました。

今回はこの講演会に参加してみて、気になった部分、多くの方がご存知ないだろうと思われる部分を中心に、いくつかピックアップして書いていきたいと思います。

それを踏まえて、今ネット上で議論が巻き起こっている『明日、ママがいない』騒動についても、自身の見解を少し述べさせてもらいます。

慈恵病院への相談件数の増加

まず今回の講演会で一番驚いたのは、その相談件数の多さです。

慈恵病院は「SOS赤ちゃんとお母さんの相談窓口」を設置し、24時間無料で全国からの電話相談を受け付けています。2002年の開設当時は年間20件程度だった相談が、「こうのとりのゆりかご」設置からうなぎのぼりに相談件数が増え、2013年度は新規相談だけで1000件に達しました。熊本の一つの民間病院に全国からの相談が殺到している状況です。

引用元:2014年1月17日(金) 公開研究会「こうのとりのゆりかごと24時間妊娠SOS」を開催します | ハッピーゆりかごプロジェクト~特別養子縁組の普及をめざして~

昨年放送されたドラマ『平成25年度文化庁芸術祭参加 テレビ未来遺産 ドラマ特別企画 こうのとりのゆりかご~「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来~』の影響もあり、近頃はさらにその件数が増加しているようです。

現在妊娠中の女性や育児に悩むお母さんからの相談がメインのようですが、それと同じぐらい養子縁組を希望する問い合わせも多いようです。

結果的に慈恵病院は「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を設置したことで、この6年間で92名の赤ちゃんの生命を救い、180件もの養子縁組を成立させました。

預けられた赤ちゃんはこうのとりのゆりかご→乳児院→児童養護施設と移される。

こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)というのは、あくまで赤ちゃんを一時的に預かるための場所に過ぎません。

預けられた赤ちゃんが慈恵病院に保護されるのは2週間までで、その後は乳児院という施設に送られます。

乳児院も名前の通り、乳児の間だけ預けられる施設であって、三歳からは児童養護施設に送られます。

つまり、赤ちゃんが「こうのとりのゆりかご」に預けられると、「慈恵病院(2週間)→乳児院(三歳まで)→児童養護施設」と移動していくというわけです。

この説明の中で特に印象的だったのは、乳児院に預けられた子供は、その後児童養護施設や養子に行っても、心を開きにくいということです。

赤ちゃんポストと連携して活動する「命をつなぐゆりかご」の大羽賀秀夫代表理事は、講演会の中で以下の様に発言していました。
すべての子供は施設ではなく家庭で育つべきだ。家庭で育たなければ、子供は心をひらいてくれない。

私が養子で受け入れた女の子も、最初は乳児院に預けられ、その後養子として受け入れたが10年程度経過するまで、本当の意味で私達には心をひらいてくれなかった。
これは、児童養護施設に移る時の子供の気持ちを考えれば当然のことなのかもしれません。乳児院に預けられ、母親だと思っていた人との突然の別れがやってくるわけですから。

蓮田理事長は、これは「こどもにとっては精神的な虐待にも近いのではないか」と仰っていました。だからこそ、子供は出来ることなら一貫して家庭で育てられるべきであって、その考えから慈恵病院では養子縁組の成立に積極的なのだそうです。

個人的な感想なのですが、三歳といえば自身の甥っ子と同じ年齢です。あの子に置き換えて考えてみると、本当にそれがどれだけ惨いことなのかということがすぐに伝わってきました。

預けられた赤ちゃんのその後については調べられていない。

赤ちゃんポストにはこの6年間で92名の赤ちゃんが預けられていますが、子供たちのその後については追いきれていないようです。

もちろん、1000件以上の電話相談の先にいる子供たちも追えていません。

現状を把握できている子供は、あくまで相手から連絡が来た場合だけで、それ以外の子供たちは今現在どうなっているのか、ちゃんと育てられているのかどうかは、施設に預けられた子供、養子縁組が成立した子供のどちらかに関わらずわからないようです。

熊本の一病院の取り組みなので、そこまでは手が回らないということは、ある意味当然の事だとは思いますが、やはりこの辺に関しては行政の助けも受けながら、今後改善していくべきところなのだろうと感じました。

『明日、ママがいない。』騒動に関して

以上が多くのみなさんも知らないであろう「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)の実体です。

さてこれを踏まえた上で、今回の「明日、ママがいない。」騒動に関して少しだけ思うところを書いてみようとお思います。

今回の騒動に関して、様々な記事が書かれています。特に目に止まったのがこの記事。

参照:日テレのドラマ「明日、ママがいない」への抗議問題。施設の子どもに対する「想像力の欠如」と「加害性」(水島宏明) - 個人 - Yahoo!ニュース

この記事の意見には同意する部分もあります。ただ、一番最後にかかれているような「誰一人傷つかずに済む放送」なんてものは本当にあり得るのでしょうか。

何かが表現される以上、それに対して不愉快だと思う人は一定数必ず存在して、それには大人・子供は関係ありません。皆が幸せになるような表現活動なんてものが仮に存在するのであれば、それは“無”を表現していることと同じだと思います。

「こうのとりのゆりかご」は日本でまったく新しい取り組みでしたし、設立当初は法律的にも色々と議論が巻き起こりました。また、上記でご紹介したような問題点も依然として存在するわけで、やはりこの活動に反対する人もいまだにいるはずです。

ドラマを通して国民の考える契機になればいい。

では、この問題が本当に解決されるためにはどうすればよいのでしょうか。

きっと、子供の生命に対する重要性を広く理解してもらい、育児放棄されるような子供達が増えないようにしていくことなのだと思います。

そのために必要なことはきっと、あの会場に来ているような人達に今の赤ちゃんポストの現状を理解してもらうことではないはずです。むしろ伝わるべきは、大多数の無関心な人々です。

今回のドラマで過激な表現が含まれていたとしても、それがキッカケでこのようにウェブ上で話題となり、各者の意見が発信されていく。

その過程で、個々人が考える切っ掛けとなることは非常に良いことだと思います。

確かに、このドラマが放送されることで甚大なる精神的苦痛を味わう人々がいるのかもしれません。しかし、ドラマは既に放映されてしまいました。このドラマ自体が無かったことにするのは、もう不可能です。

であれば、積極的に「赤ちゃんポスト」と「児童養護施設の実態」が議論され、国民の考える契機にしていくべきだと思います。

これがきっかけで本当に傷つく子供達が多数いるのであれば、今後はこういった番組が放送されないように制度化していくべきですし、このような表現活動によって広く国民に知れ渡るのであれば、その落とし所を探って行くべきでしょう。

子どもたちには、味方になってくれる大人が必要。

このような議論が行われる場合は、子どもたちが置き去りにされないように配慮することも大切だと思います。

子供の味方をしてくれるという大人が居て、その人達に連絡をとれる環境がしっかりと整っていることで、子どもたちにとってのセーフティネットのようなものができ、子どもたちが安心して過ごすことが出来る環境が生まれるのだと思います。

大人の中でも意見が分かれてしまっている事柄に関して、子供が悩んだ時にちゃんと自分の味方になってくれる大人がいる、それによって子どもたちも救われるはずです。

そのためにも、大人ひとりひとりが、こういった社会現象を契機にして、自分の考えを持ち合わせていくことが重要になってくるのだと思います。

最後に

この件に限らず、答えのないすべての議論において、自分の意見が求められる時代になってきていると思います。

取り残されてしまいそうな人たちへのセーフティネットも用意しつつ、広く議論されることが重要になってきているのではないでしょうか。

自分が意見を求められた時にしっかりと自らの立場を明確にできる、それがこれからの未来において、必要になってくる重要な要素だと思います。

あわせて読みたい

「ブロガーが見たソーシャルイノベーションのいま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    籠池氏「100万円」偽証の可能性

    和田政宗

  2. 2

    てるみくらぶ社長語る破産の経緯

    THE PAGE

  3. 3

    世論を勝手に"忖度"するメディア

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    証人喚問が"犯罪捜査"という暴論

    郷原信郎

  5. 5

    昭恵氏の関与否定は無理がある

    井戸まさえ

  6. 6

    トランプ政権はいよいよ終章に?

    大西宏

  7. 7

    桜を"嫌っていた"明治の日本人

    田中淳夫

  8. 8

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  9. 9

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  10. 10

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。