記事

ダイエット清涼飲料が過剰摂取でまた肥満を生むという悪循環

代謝も落ちているので糖分の摂取は出きるだけ抑え目に、、、と考えている自分を含めた同年代の方も多いと思います。

ふた昔くらい前には太っていると出世できない、、、なんて米国の話が紹介されたり、フィットネスブームやら健康ブームはここ20〜30年でマーケットを広げた分野の代表格なような気もしますが、こうやって糖分摂取を気にしている人にとってカロリーゼロをうたうダイエット清涼飲料って、飲んでも平気なの?って疑問に思っている人も多いのではないかと思います。

これまで炭酸飲料は大量の砂糖が使用されていて、それを飲みすぎると肥満になっちゃうし、、、だからダイエットタイプだったら大丈夫かな?とカロリーゼロを宣伝されれば素人はそう思ってしまうように思うのですが、米国糖尿病学会なるところで
という調査結果の発表があったと日経メディカルが報じています。

384人を1日当たりのダイエット清涼飲料の消費量ごとに、0本、0.5本未満、0.5〜1本未満、1〜2本未満、2本以上の5群に層別化して解析、登録時から平均3.6年間隔で3回のフォローアップ検査を行い、身長、体重、胴囲およびダイエット清涼飲料の消費量について変化を調査、計9.6年追跡した結果、毎日2本以上のダイエット清涼飲料を飲んでいる群では胴囲が平均4.74cm増えており、飲まない人の6倍に達していたという事です。

そして、ここ最近の旧来飲料の消費を減らそうとする努力は、ダイエット飲料の消費拡大という資本主義社会において新たなマーケット創出に寄与する一方で、消費者にとっては
「カロリーを減らすためにダイエット炭酸飲料の消費を促すことは、必ずしも賢明な対策とは言いがたい。カロリーはゼロかもしれないが、もたらす結果は期待通りではない」
こんな落とし穴があったという指摘、この手の飲み物カロリーゼロだったら飲んで平気?って悩んでいた方には読んでおいて損はない情報かと思います。

トピックス

ランキング

  1. 1

    不倫疑惑の山尾氏 ついに離婚へ

    文春オンライン

  2. 2

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  3. 3

    よしのり氏 医師の文句受け失望

    小林よしのり

  4. 4

    安倍外交批判するロシア紙に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    三田佳子次男 元乃木坂も現場に

    文春オンライン

  6. 6

    杉田氏擁護で炎上 評論家が反論

    キャリコネニュース

  7. 7

    非核化へ誠意が見えない南北会談

    団藤保晴

  8. 8

    100億円超? ZOZO前澤氏の月旅行

    THE PAGE

  9. 9

    信頼ない? 進次郎氏の欠点は独身

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    パチンコ広げた在日韓国人の苦難

    宇佐美典也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。