記事

2014年東京都知事選候補者のホームページ比較 ~殿、お上手です!~ - 高畑 卓

告示日まであと1週間と迫った東京都知事選挙ですが、候補予定者の準備も着々と進んでいるようです。空中戦が大事といわれる大型都市選挙ですから、今の時点でも話題を作るために各陣営の試行錯誤があるのでしょう。

いまのところネット選挙は下火に見えますが、選挙が始まってから動きは活発化していくと思いつつ、現時点でのネットの話題は殿が一歩リードしている模様です。

tochijisen2014

メディアの取上げ方によって大きく左右されるのはもちろんですが、そのメディアで気付いたあと、候補者の名前を検索して入ってきたホームページはネットではもっとも大切なファーストコンタクトのポイントで、そこで如何に有権者のハートをキャッチできるか(より深く強みをつたえられるか?)、またそのホームページを起点に新たな有権者に繋がれていくのか(拡散されているのか?)がネット選挙の勝敗を分かつポイントでもあります。

後出しじゃんけんながら、話題をかっさらったのは、殿(細川護煕氏)でした。

tono
元総理大臣「細川護熙」公式ホームページ
http://tokyo-tonosama.com/

インパクト絶大なTOP画面のみのホームページは、「本当に公式?」とにぎわせました。
ハフィントンポスト:【更新】「殿、出番です!」細川護煕氏、謎のホームページ 選対事務所は「本物です」

上の記事に、細川選対への問い合わせでの混乱の様がありますが、これが狙ったものであったならば、凄い戦略ですね。まだコンテンツはなく、「どこがどう出番なのかは、もうすぐここでお知らせします」という文章で予告するティザーサイトです。

他の候補者が一生懸命作りこんでいるところから見ていくと、“あえて”のこの出し方に賞賛です。

tono2

ファビコンまで「殿」な、実は行き届いたつくりです。今後の更新が楽しみですね。

参考までに、他有力候補者のサイトも掲載いたします。



● 宇都宮けんじ 氏

utsunomiya

希望のまち東京をつくる会
http://utsunomiyakenji.com/

宇都宮さんの後援会が運営するサイト。宇都宮さんの人柄や活動などを伝える「プロフィール」関連が充実の印象。「政策」「ご寄付のお願い」など基本項目のほかには「私も応援します」「応援の声(調査時点では作成中)」など賛同者からのサポートが見えるようなコーナーを設けている。「サポートしたい!」のコンテンツでは広く市民参加のサポートを募っている印象。告示日までにできること、○○をしてはいけない、政治活動と選挙活動の違い、ネット選挙解禁で何が変わったか?など注意すべき点なども記載している。PDFファイルで「応援マニュアル」なども掲載。外部リンクにあるブログは2012年11月に更新があったきり、1年ほど更新がなかったが、1月より再開。TwitterではUstreamでの動画内発言をスタッフが代理ツイートするなどの試みや、政策についての発言など、非常に頻繁なツイートがある。(一日数回~10数回)前回の都知事選のサイトをベースに更新しているようですね。

● 田母神俊雄 氏

tamo

田母神俊雄公式サイト
http://www.toshio-tamogami.jp/

「プロフィール」や「ご挨拶」に加え、「講演スケジュール」や「メディア情報」などの項目もあるが現在は「coming soon」となっている。またTOPのメイン画像はFlashコンテンツなので、スマートフォンユーザーへの配慮がありません。(スマフォサイトもなし)
現時点ではホームページ自体に都知事選をにらんだ大きな変化は見られない。ブログは毎月1本~2本のペースで書き綴られ、ペースは特に変わらない。Twitterは数日~1日数回ペースで、内容的には外交、安全保障関連についてや時事的なものに対する自説展開が中心で硬い印象を受けるも、まれに野球やサッカーの話題が入ってくるなど、意外なふり幅もある。

● 舛添要一 氏

masuzoe
ますぞえ要一公式サイト
http://www.masuzoe.gr.jp/

「プロフィール」や「スケジュール(メディア出演など)」のほか、書籍情報などがメインコンテンツになっている。現時点では政治色が出ていると言うよりは舛添さん個人のサイトとしての体裁を保っている。個人ブログは年々更新回数が減っていて、2013年8月を最後に更新されていなかったが、1月になって再開した模様。「MASUZOELAB」という政治経済研究サイトの更新情報の記載もあるが、こちらは2013年8月8日の記事が最終更新となっている。Twitterはメディア出演情報が中心も頻繁に更新がされている(数日おき~一日数回)。

上記の有力候補4名に加え、他候補者のネット選挙の動きは今後も注目して追っていきたいと思います。

高畑卓株式会社ジェイコス 代表取締役社長
高畑 卓
1998年、Webコンサルティング事業を立上げ、700社を超える顧客のWebマーケティングを支える。的確なニーズ分析と解決手法に定評があり、顧客の業績アップを次々と果たす。2009年に政治家のWebマーケティング支援を開始。以来、政治家のWebマーケティングを徹底研究。調査分析した政治家のWebサイトは3000を超える。

あわせて読みたい

「ネット選挙運動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽生結弦 五輪2連覇に複雑な韓国

    文春オンライン

  2. 2

    三浦瑠麗氏発言 日英で認識に差

    小林恭子

  3. 3

    日韓合意に釘刺された文氏の誤算

    文春オンライン

  4. 4

    東京五輪 真夏回避は日本の責務

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    中学入試に思考力試す超難問出題

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「妊娠は管理できる」という幻想

    中野円佳

  7. 7

    60歳以上の待遇劣化が抱える矛盾

    川北英隆

  8. 8

    小泉今日子HIV騒動にみる生き様

    NEWSポストセブン

  9. 9

    北が工作員を手配する動機はない

    高英起

  10. 10

    就職難の韓国人女性が五輪に苦言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。