記事

函館蔦屋書店がスゴい!代官山を超え、これを目当てに函館に移住しても良いレベル!

1/2

函館蔦屋書店

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

昨日、函館から神奈川に戻ってきました。

今回の帰省で楽しみの1つだったのが、函館に新しくオープンした「蔦屋書店」を見に行くこと。

代官山に続き、2店舗目となるこのタイプの蔦屋書店。以前こんな記事も書きました。

参照:代官山の蔦屋書店が北海道函館市にもオープンすることに思うこと | 隠居系男子

今回実際に行ってきたのですが、これがもう驚くほどの豪華っぷり!代官山の蔦屋書店のスタイルをそのままに、函館の膨大な敷地を利用して、素晴らしい複合施設が出来上がっていました。

今日はこの函館の蔦屋書店について少し書いてみようと思います。

画像引用元:函館 蔦屋書店 | 函館蔦屋書店がめざすのは、これからの時代のスタンダード。

函館の蔦屋書店とは?

函館蔦屋書店

もう、商業施設をつくるだけで、地域がいきいきとする時代ではありません。

買い物だけならネットでもいい。求められているのは、ゆっくりと過ごせる空間でした。
本とおいしいコーヒーがあって、家族や友達とおしゃべりしたり、子どもたちもワイワイできる場所。

学校や職場以外の、いわゆる第三の活動の場としても使える。働く人たちが、お客さまと名前で呼び合うようないい距離感もできる。
ものを買う場所は、ヒトもコトもつながる場所であるべきだと思います。函館蔦屋書店がめざすのは、これからの時代のスタンダード。

地域のみなさんが気持ちよく過ごせる”居場所”になります。

引用元:基本情報・場所 | 函館 蔦屋書店

公式サイトでも書かれているように、今回のお店のコンセプトは「ゆっくりと過ごせる場所」。

この形式で地方へドンドン出店していくことで「地域の住民が気持よく過ごせる居場所」を創る。それがCCCの考えるこれからの出店戦略であり、地方の在り方のようです。

この辺の話について、函館に蔦屋書店ができた理由など、もっと詳しく知りたい人は以下の書籍を参照してください。

文化の樹を植える。 「函館蔦屋書店」という冒険
posted with ヨメレバ
楽園計画
ネコ・パブリッシング
2013-03-28
Amazon
楽天ブックス

充実した店内

函館蔦屋書店

画像引用元:函館 蔦屋書店

店内が撮影禁止なので、公式サイトの画像を引用することしか出来ないのですが、これらの画像を見るだけでも、その充実っぷりが伝わってくると思います。

代官山の蔦屋書店に行ったことがある方はご存知だと思いますが、代官山は三棟に分かれています。

しかし、函館の場合は、だだっ広い北海道の土地を思う存分使えているので、あのお店の内装を1棟で、しかも空間も非常に贅沢に使われていて、大変居心地のいい場所となっています。

本のセレクトも代官山同様、非常に凝っており、専門書や洋書など様々なジャンルの本を取り揃えています。それに加え、ファミリー層もターゲットに入っているので、子ども向けの本の品揃えも素晴らしい!

絵本から児童文学作品まで、「こんなに児童書って存在するんだ!?」っていうほどの子供の本が、プレイルームの近くの本棚に並べられているんです。

更にその2階には漫画・ゲーム・カード売り場まで設けられており、大人だけではなく子供でもここで1日中楽しめてしまうだろうな思えてしまうほど。

もちろん蔦屋書店なので、書籍以外の商品も充実していて、オシャレなファッション小物から、実用的な文房具用品、さらにはキッチン用品なども置いてありました。

出店一覧

蔦屋書店だけでなく、様々な他のお店も施設内に出店していて、それが以下のとおりです。

ちなみにスターバックスは函館でまだ2店舗目。

  • コスメショップ CoLe Colle
  • モバイルショップ SoftBank
  • スペシャルティ コーヒーストア STARBUCKS
  • コンビニエンスストア FamilyMart
  • 世界のあそび道具のお店 ボーネルンド
  • フラワーショップ Verde CHIOSCO
  • レストラン FŪSŪ

あわせて読みたい

「ツタヤ図書館」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  3. 3

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  5. 5

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  6. 6

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  8. 8

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  9. 9

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。