記事

比例選出議員は議席を返上しろとのご批判に・・・結党の原点を守る!

 今回の離党で「比例選出議員は議席を返上しろ」というお声があります。まず、結果的にこのような事態になったことに対しては大変申しわけなく、心からお詫びを申し上げます。

 ただ、みんなの党へ投票していただいた方々の期待を裏切ったかと問われれば、我々はむしろ、みんなの党結党の原点、理念、政策を忠実に守っているつもりです。あらためて「結党宣言」に立ち返り、「一強多弱」といわれる政治状況の中で、「政治理念や基本政策」を軸に野党を再編し、与党自民党に代わりうる政権交代可能な、国民の負託に応え得る「受け皿」づくりを、「触媒政党」として(身を捨てて)積極的に主導していく、そのための新党結成なのです。

 また現行法は、選挙後の政治状況の変化により、比例選出議員が、新党の議員や無所属議員になることを禁じていません。それは、さすがに選挙時、直接戦った相手の政党に移るのは、その政党を有権者が選択しなかった以上、有権者の意思に背くものと言えますが、その後の状況変化に対応する行動まで制約することは、憲法が保障する「結社の自由」「政治活動の自由」(新党結成もそうです)を必要以上に縛るので適当ではない、という考え方によるものです。特に昨今の政党再編の過渡期にある時は尚更でしょう。

 過去には、舛添要一前厚生労働相(参院純粋比例)が自民党を離党して「新党改革」を結成したこともありますし、与謝野馨元財務相(衆院比例復活)が、やはり自民党を離党して「立ち上がれ日本」を結成したこともあります。維新の会結党時も同じようなことがありました。

 ただ、いずれにせよ、こうしたご批判を重く受けとめ、比例選出議員であれ、私のような選挙区選出議員であれ、その職責を十二分に果たし、国民の皆さんの期待にしっかり応えていきたいと思います。ご理解を心からお願い申し上げます。

【関連記事】
議席の返上について(松田公太)

あわせて読みたい

「みんなの党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  2. 2

    NHK 共謀罪への露骨な世論誘導

    猪野 亨

  3. 3

    加計質問は日本獣医師会のため?

    玉木雄一郎

  4. 4

    阿川さん結婚に敗北感抱く人たち

    寺林智栄

  5. 5

    小池ブーム 支持率70%を切り終焉

    三浦博史

  6. 6

    共謀罪懸念する国連書簡は正しい

    小林よしのり

  7. 7

    田原氏「国民は首相に怒るべき」

    田原総一朗

  8. 8

    菊川怜はハイスペ女子の希望か

    幻冬舎plus

  9. 9

    地銀の総合スーパー化という脅威

    シェアーズカフェ・オンライン

  10. 10

    "批判するなら対案を"は愚の骨頂

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。