記事

「風俗で働く」ことを怒ることは百害あって一利なし

1/3

目次

1.「風俗で働く」若い女性に説教する婦人科医

2.風俗で働く若者への説教の弊害(社会的な問題)

3.自分を大切にできないこと(心理的な問題)

4.支援者こそが学ばなければならない

5.情報をアップデートすること

1.「風俗で働く」若い女性に説教する婦人科医

 婦人科医の河野美代子が、風俗で働く(若い)女性たちへの警鐘を鳴らしている。河野さんによれば、性風俗店で働く若い女性たちは「あまりにも無防備」だという。近年は、簡単にセックスワークに従事できるようになり、性感染症にかかったり、望まない妊娠をしてしまったりして、婦人科を受診する。まだ高校生の子どもたちもいる。その子たちへ、河野さんは医者の立場から「こんな無防備なことをしていてはあなたの体がダメになってしまう」と説教するという。さらに、仕事中に殺されたセックスワーカーについてはこんな風に書く。

 殺されてしまった女性もいます。警察に協力をした時に、そのまだ幼い顔を見てとってもかわいそうでした。同時に「彼女はこんな危険な仕事をしているということが分かっていたのだろうか」とも思いました。

 昔から性を仕事にしている女性たちはいました。今に限ったことではありません。でも、今ほど無防備なままに何も指導もないままに、多くの女性が危険に身を置いている、こんな時代はなかったのではないかと思います

「ああ、遅かった!!性風俗で働くということ」

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-14bb.html


2.風俗で働く若者への説教の弊害(社会的な問題)

 上記のような河野さんの発言は、セックスワーカーが仕事の上で危険に身を晒す可能性を高める。さらには、セックスワーカーの健康へも悪影響を与えかねない。要するに、百害あって一利なしの発言である。その理由を社会的な問題の背景を説明し三点にまとめる。

(1)セックスワークへの偏見を強める

 セックスワークは、他の仕事と同じように、その時代ごとに異なる業務形態を持つ。河野さんも上記の記事で触れているが、性風俗店は2000年代以降、店舗を持つ営業から、デリバリーヘルスなどの無店舗営業へと主軸を移行している。この背景には、景気の変動、ケータイやネットなどの通信機器の発達、さらには性風俗の取り締まりによる店舗の郊外化や不可視化がある。女性たちの性意識*1の変化以上に、性風俗業界を取り巻く社会の変化や、景気の低迷が大きな影響を与えている。

 こうした無店舗営業は、セックスワーカーの安全を守るための、スタッフの介入が遅れやすい。また、店舗を通さず個人で自由売春をする女性たちは、簡単にセックスワークをしているように見えることもある。こういうセックスワーカーは身を守るすべ*2を持っておらず、客からの暴力に晒されやすい。こうした安全度の低いセックスワークに従事する人たちは、まず、より安全な職場の情報を持っていないことがある。次に、厳しい性風俗の市場での競争の中で勝ち抜けず、自由売春を選ぶことになることもある。

 これらは、若者の貧困と似た問題でもある。危険で過重な労働に従事する人たちは、ハローワークで研修を紹介してもらったり、優良な仕事の情報が手に入ったりするという情報を知らないことがある。また、労働経験が少なかったり、病気や障害を持っていたりして、労働市場の中で勝ち抜けず、ブラック企業や(望まない形での)派遣労働を選ぶことがある。

 「若者が安易な気持ちで、ブラック企業や派遣労働を選んでいる」というのが偏見であるように、「若者が安易な気持ちで、危険なセックスワークを選んでいる」というのは偏見である。昔より今のほうが、労働条件が悪いのは、その人たちの意識の問題ではなく、社会の問題である。

(2)セックスワーカーに対する婦人科受診のハードルをあげる

 セックスワークは身体的接触・性的接触が多く、感染症のリスクを持った仕事である。介護や医療の仕事と同様に、感染症予防につとめ、定期的にリスクの高い病気については検査する必要が出てくる。性感染症はもとより、空気感染や皮膚の接触で感染する病気のリスクもある。本来は、健康に関して医療者と信頼関係を築くニーズがある。だが、自分が従事する労働の内容について明かしたら、怒るような人と信頼関係を築けるだろうか。

 自分が性感染症にかかったとして、婦人科を受診するセックスワーカーは、とても健康に気を遣っている。特に10代で受診する子どもたちは、性の知識を持ち、健康を守ろうとしているからこそ、医療機関にアクセスする。これは褒められることであって、怒られることではない。

 「無防備」に見えるセックスワーカーの中には、客からの不当な要求に従わざるをなかったり、競争に勝つために不本意ながら危険な行為をしていたり、情報を得る手段がなかったり、事実を知るのが怖くて情報を直視できなかったりする人もいる。その状況にある自分を責めているセックスワーカーもいる。

 こうした場合、きちんと研修を受けたり、仲間とのつながりで情報を得ることができたりしていれば、避けることができる危険がある。だから、セックスワーカーの健康を守って働くことは、セックスワーカーの労働環境の向上がカギとなる。過重労働やセクハラの問題と同じである。個人のセックスワーカーや労働者を責めても問題は解決しない。自分の身を守るためには、安心して働ける職場が必要なのである。

 セックスワーカーへ必要なのは、エンパワメントであり、説教ではない。上のような記事をもし、健康に心配のある(特に若い)セックスワーカーが読んだら、婦人科での説教を恐れて受診を避けるかもしれない。そうなれば、いっそうセックスワーカーの健康を損なうだろう。

(3)殺人や性暴力の被害者への二次加害を助長する

 当たり前だが、セックスワーカーの殺人で問題になるのは、セックスワーカーの意識ではなく、殺人者の意識である。お金を払ってサービスを受ける中で、その提供者を殺してしまうのは、大変におかしい。

 また、密室で一対一になることが危険だとすれば、医者こそが危険な職業である。先日、精神科医が患者に殺されるという事件があった。確かに、金銭の授受がある中で、一対一で関係性を作ることは大変に難しい。だから、スキルの高い職業であるし、その中でサービスの提供者はより良い方法を模索する。セックスワーカーもまた、客に対して自分なりの方法を持ってサービスを提供している。

 中には暴力をふるったり、殺人に及んだりする客もいるが、それは単なる加害者であり客のカテゴリーではなくなっている。客と加害者は分けて考えなくてはならない。だが、河野さんの記事ではまるで「客」と「加害者」は同一であり、セックスワークに従事することは、殺されるリスクを負うべきかのように読める。当たり前だが、道を歩いている人が狙撃されたときに防弾ベストを着ていなかったことが責められないように、仕事中に殺されるセックスワーカーがそれを防げなくても責められるいわれはない。責めるべきは、セックスワーカーを暴力の標的にした加害者である。

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏"日米は韓国の声聴くべき"

    橋下徹

  2. 2

    無意味に足掻く籠池氏と民進党

    和田政宗

  3. 3

    元モー娘。小川麻琴が大学講師に

    メディアゴン

  4. 4

    拷問部隊の逆襲で北に粛清の嵐か

    高英起

  5. 5

    進次郎氏のこども保険で党に波紋

    週刊金曜日編集部

  6. 6

    メルカリで卒アルを売買する理由

    キャリコネニュース

  7. 7

    石破氏「マスコミの見識に期待」

    石破茂

  8. 8

    日本電産の会長が億単位で寄付

    中田宏

  9. 9

    中国人金持ちマダムの旅行に密着

    文春オンライン

  10. 10

    トランプ氏 米韓FTAに「ひどい」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。