記事

会社にいる「フリーライダー」(ただ乗り社員)働かない社員は同僚だけでなく会社にも迷惑・・・

1/2
先日、フリーライダー あなたの隣のただのり社員 (講談社現代新書)を読みました。

実は私が最初にフリーライダーという言葉を知ったのは、ネットの中の話でした。ネットに書き込んだりせず、人の書いたものを見るだけ、恩恵を受けるだけの「ただ乗り」の人がフリーライダーと呼ばれていました。

この本で触れられているのは、ネットの世界ではなく、実世界にいるフリーライダーたちです。
フリーライダー あなたの隣のただのり社員 (講談社現代新書)
フリーライダー あなたの隣のただのり社員 (講談社現代新書)河合 太介 渡部 幹

講談社  2010-06-17
売り上げランキング : 1532

おすすめ平均  star
starまったくそのとおり
starフリーライダーにならないために
star最新の研究成果を窺わせる内容

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

実は、休みながら読んだので、結構時間がかかってしまいました。というのは、登場してくる「フリーライダー」達があまりにも具体的で、「あ、この人いる、いる!」と読んでいるうちに少し腹がたってしまい、気分が悪いので、途中で放置、また気を取り直して読む、という感じだったのです。

あまり書きすぎてしまうと、ネタバレになるのですが、この本ではフリーライダーを4つに大きく分けています。以下本から抜粋した図です。

                             サボり系
                                                    |
         暗黒フォース型                    |       アガリ型 
                                                    |
精神的負担系-------------------+-----------------実務的負担系
                                                    |
         クラッシャー型                       |      成果・アイディア泥棒型
                                                    |
                                             略奪系

もうこれ以上出世できないからとだらだらゲームをやっているようなアガリ型

人のアイディアを自分のこととしてうまく報告、部下には強いが人事権を持つ上の人には忠犬のように忠誠を見せる、成果・アイディア泥棒型

自分の仕事を客観評価ができず(都合よく考え)、自分を批判する人を攻撃するクラッシャー型

最低限の仕事だけこなし、現状維持、改革しようとする人を潰す暗黒フォース型

フリーライダーが会社にいることで、「頑張ってもダメだ」「仕事をしないで給料がもらえるんだ」とやる気を失う社員が出たり、働かない社員が会社のお荷物になる弊害などもあるようです。
本では、自分自身に自覚のないフリーライダーについても言及しています。

また、組織が行き過ぎた成果主義等で、フリーライダーの発生しやすい状況になっている例についても言及しています。

会社で困った上司や同僚に悩まされている人には、是非読んで欲しいと思いました。

個人的には、成果・アイディア泥棒型とクラッシャー型が私の勤務してきた外資系では比較的見かけるタイプだと思いました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  2. 2

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  3. 3

    安倍首相 広島長崎で手抜き挨拶

    NEWSポストセブン

  4. 4

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  5. 5

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  6. 6

    戦争を招くウーマン村本の価値観

    自由人

  7. 7

    常識に縛られると思考は停止する

    ニャート

  8. 8

    高齢者が支配する老人ホーム日本

    ヒロ

  9. 9

    慰安婦像問題 海外での報道は

    NewSphere

  10. 10

    正恩氏 軍隊でパシリをした過去

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。