記事

立ち上げ半年で3000万PVのメディア「ViralNova」は1人体制らしい

f:id:kana-boon:20131208215912p:plain

海外におけるウェブメディアのトレンド「バイラルメディア」

最近の海外ウェブメディアの大きなトレンドとしてバイラルメディアがあります。

ソーシャルメディア上でシェアされ、広がっていくようなコンテンツを発信し、SEOよりもソーシャル上での口コミに重点を置いているようなメディアです。

これまでもいくつかバイラルメディアを紹介しましたが、動画コンテンツを強みに史上最速で成長する「Upworthy(アップワーシー)」 や月間訪問者数が1.3億人を突破した「バズフィード」、 ワシントンポストが打ち出した「Know More」そして、20歳が立ち上げたバイラルメディア「Distractify」など様々あります。

運営者が不明でもソーシャル上で広がっている

今回紹介するバイラルメディア「ViralNova(バイラルノバ)」は、運営者が分からない謎のメディアです(オハイオ在住のウェブデザイナー&SEOコンサルタントが1人で運営しているらしい)が、ソーシャルメディア上での存在感が出ているようです。

2013年5月頃に始まったこのメディアのミッションは、人々がシェアしてくれるようなストーリーを投稿するというシンプルなもの。

現在時点では、650万訪問数、3000万ページビューあたりまで成長しています。グラフにある通り、右肩上がりの成長を見せているので、今後もどのくらいまで伸びてくるのか楽しみです。

コンテンツに関しては、まとめ記事やおもしろ系記事が多く見られます。特にかわいいものや信じられないようなもの、ほっこりするようなものなど感情に寄り添ったコンテンツが多いです。

FacebookのシェアやタイトルのA/Bテストがカギ

また、Facebookページのいいね!数は50万を超えており、発信するコンテンツとFacebookの相性が良いことが伺えます。

バイラルメディアを見ていると、コンテンツのキュレーションはもちろんのこと、Facebookのシェアへの誘導やタイトルのA/Bテストなどがカギとなっていきそうです。

最後に運営体制についてですが、ワシントンポストが打ち出した「Know More」は2名で運営、20歳が立ち上げたバイラルメディア「Distractify」は4名、そして今回の「ViralNova」は1人で運営していたりと、少人数で影響力のあるメディアをつくる事例が増えています。

引き続き、バイラルメディアには注目です。

 

【参考】

あわせて読みたい

「バイラルメディア」の記事一覧へ

トピックス

新着ニュース

  1. トヨタ2年連続最高益、4~6月 海外販売好調で
  2. キヤノン、国内デジカメ生産を完全自動化へ 2018年めど
  3. ロボット「ヒッチBOT」くん、破壊されアメリカ横断の旅断念
  4. 2014年のドイツ移民人口、過去最高の1100万人=連邦統計局
  5. トヨタ、6000億円・4710万株上限に自己株を取得
  6. ドル124円付近、豪ドルはRBAの政策金利据え置きで買い戻し
  7. 日経平均は続落、米中景気への懸念が重しに
  8. ファーストリテ、7月の国内ユニクロ既存店売上高は前年比-1.5%
  9. アングル:サムスン、終わった「栄光の日々」 シェア死守に奔走
  10. 非武装地帯で韓国兵2人負傷、地雷が爆発か

ランキング

  1. 1

    徴兵制に反対なら安保法制に賛成すべき

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    五輪エンブレム問題 佐野氏対応に学ぶ教訓

    大関暁夫

  3. 3

    写真集発売へ だから上西小百合は嫌われる

    白岩賢太

  4. 4

    武藤議員のSEALDsに対する発言の恐ろしさ

    猪野 亨

  5. 5

    自民議員 SEALDsの主張は"利己的考え"

    共同通信

  6. 6

    出演拒否が9割 「しくじり先生」制作裏話

    ベストチーム・オブ・ザ・イヤー

  7. 7

    田原総一朗氏「首相は例え話でごまかすな」

    田原総一朗

  8. 8

    "つぶす"発言以前にあるメディア産業の問題

    小林恭子

  9. 9

    JSCは総工事費1300億円の根拠を公開すべき

    河野太郎

  10. 10

    ビットコインと円天の大きな違いは何なのか

    大石哲之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。