記事

立ち上げ半年で3000万PVのメディア「ViralNova」は1人体制らしい

f:id:kana-boon:20131208215912p:plain

海外におけるウェブメディアのトレンド「バイラルメディア」

最近の海外ウェブメディアの大きなトレンドとしてバイラルメディアがあります。

ソーシャルメディア上でシェアされ、広がっていくようなコンテンツを発信し、SEOよりもソーシャル上での口コミに重点を置いているようなメディアです。

これまでもいくつかバイラルメディアを紹介しましたが、動画コンテンツを強みに史上最速で成長する「Upworthy(アップワーシー)」 や月間訪問者数が1.3億人を突破した「バズフィード」、 ワシントンポストが打ち出した「Know More」そして、20歳が立ち上げたバイラルメディア「Distractify」など様々あります。

運営者が不明でもソーシャル上で広がっている

今回紹介するバイラルメディア「ViralNova(バイラルノバ)」は、運営者が分からない謎のメディアです(オハイオ在住のウェブデザイナー&SEOコンサルタントが1人で運営しているらしい)が、ソーシャルメディア上での存在感が出ているようです。

2013年5月頃に始まったこのメディアのミッションは、人々がシェアしてくれるようなストーリーを投稿するというシンプルなもの。

現在時点では、650万訪問数、3000万ページビューあたりまで成長しています。グラフにある通り、右肩上がりの成長を見せているので、今後もどのくらいまで伸びてくるのか楽しみです。

コンテンツに関しては、まとめ記事やおもしろ系記事が多く見られます。特にかわいいものや信じられないようなもの、ほっこりするようなものなど感情に寄り添ったコンテンツが多いです。

FacebookのシェアやタイトルのA/Bテストがカギ

また、Facebookページのいいね!数は50万を超えており、発信するコンテンツとFacebookの相性が良いことが伺えます。

バイラルメディアを見ていると、コンテンツのキュレーションはもちろんのこと、Facebookのシェアへの誘導やタイトルのA/Bテストなどがカギとなっていきそうです。

最後に運営体制についてですが、ワシントンポストが打ち出した「Know More」は2名で運営、20歳が立ち上げたバイラルメディア「Distractify」は4名、そして今回の「ViralNova」は1人で運営していたりと、少人数で影響力のあるメディアをつくる事例が増えています。

引き続き、バイラルメディアには注目です。

 

【参考】

あわせて読みたい

「バイラルメディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が「核の傘」は不要と言えるはずがない

    小林よしのり

  2. 2

    若者が"下流老人化"の防止にいま出来ること

    キャリコネニュース

  3. 3

    舛添都知事 記者に目をむき反論する場面も

    THE PAGE

  4. 4

    もはや時代にそぐわない"サラリーマン川柳"

    キャリコネニュース

  5. 5

    "リーマンショック前夜"資料の作成者は?

    ビデオニュース・ドットコム

  6. 6

    核廃絶には"無意味"だったオバマ氏の演説

    足立康史

  7. 7

    乗用車保有率が減少 理由は高齢化や維持費

    MONEYzine

  8. 8

    G7サミットが「最後は必ずまとまる」理由

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    強気に転じる舛添知事と都議会の思惑とは

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    日韓で"嫌われる勇気"が読まれる本当の理由

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。