記事

猪瀬都知事5000万円「裏金」受領問題(その1):条例違反

はじめに

今年9月、検察(特捜部)が「徳洲会」グループの公選法違反事件を強制捜査する事態に至り、それ以降、マスコミで大きく報じられてきました。

この事件は、その理事長だった徳田虎雄氏の次男である徳田虎雄衆議院議員だけではなく、他の政治家にも波及しているようです。

その一人が東京都知事の猪瀬直樹氏です。
昨年12月の東京都知事選の前に猪瀬知事は、5000万円を受け取っていたのに、それを一切報告していなかった、というのです。
この点で「5000万円」は世間に公表されなかった「裏金」です。

この事件については、幾つかの次元で猪瀬知事の問題点を指摘することができます。
そこで、何回かに分けて問題点を指摘いたします。

以下では、「その1」として、東京都の条例に違反する点などを指摘したいと思います。

1.朝日新聞のスクープ報道

(1)まず、事件発覚の発端になった朝日新のスクープ報道を紹介してきます。
これは、すでに猪瀬知事の選挙運動費用収支報告書や資産報告書のいずれにも、5000万円の記載がないことを確認していて、そして11月20日、東京都選挙管理委員会提出分の政治資金収支報告書が公表されたので、猪瀬都知事の政治団体「猪瀬直樹の会」等の政治資金収支報告書にも、問題の5000万円が記載されていなかったことを確認し、かつ、猪瀬知事に取材した結果、報道されたものでしょう。
2013年11月22日03時01分 朝日新聞
徳洲会、猪瀬氏側に5千万円 都知事選前、捜査後に返却

 医療法人「徳洲会」グループが、昨年12月の東京都知事選の前に、猪瀬直樹知事(67)側に5千万円を提供していたことが21日、複数の関係者の話でわかった。猪瀬氏はこの選挙で初当選。徳洲会が公職選挙法違反容疑で東京地検特捜部の強制捜査を受けた後の今年9月、猪瀬氏の秘書が全額を返却したという。
 猪瀬氏は同日、朝日新聞の取材に「私はまったく関知しない」「知らないと言ったら知らない」などと、全面的に関与を否定した。
 関係者によると、猪瀬氏は昨年11月上旬、知人とともに、神奈川県鎌倉市の湘南鎌倉総合病院に入院している徳洲会創設者・徳田虎雄前理事長(75)を訪問し、「都知事選に出ます」などとあいさつ。虎雄前理事長は全身の筋肉が動かなくなる難病で言葉を発せないが、秘書役に文字盤に対する目の動きを読み取らせて、「応援します」と応じたという。
 その後、徳洲会から猪瀬氏側に、5千万円が提供されたという。
 猪瀬氏は同年11月21日に都庁で記者会見し、石原慎太郎氏(現・日本維新の会共同代表)の辞任にともなう都知事選に、無所属で立候補すると正式表明。12月16日の同選挙で、史上最多の約434万票を得て初当選した。
 一方、徳洲会は、都知事選と同日に実施された衆院選で、虎雄前理事長の次男・毅(たけし)衆院議員を支援するために違法な選挙運動をしたとする公選法違反容疑で、今年9月17日、東京地検特捜部の強制捜査を受けた。
 関係者の証言では、この強制捜査の後の9月下旬、猪瀬氏の秘書が仲介者とともに、東京都内で虎雄前理事長の妻に会い、5千万円を紙袋に入れて返却したという。
 猪瀬氏が昨年12月末に東京都選挙管理委員会に提出した選挙運動費用収支報告書では、収入の合計は3050万円で、このうち「11月17日 3千万円 自己資金」との記載があるものの、徳洲会に関連する記載はない。また、今月20日に公開された猪瀬氏の2012年の政治資金収支報告書にも、徳洲会関連の記載はなかった。
 公選法は、出納責任者が「選挙運動に関するすべての寄付及びそのほかの収入」を収支報告書に記載しなければならないと定めている。虚偽の記載に対しては、出納責任者に対して3年以下の禁錮または50万円以下の罰金が科せられる。
 特捜部や警視庁などは今月12日、同法違反(運動員買収)容疑で毅議員の姉ら6人を逮捕した。


朝日新聞の報道では、現知事の猪瀬氏は昨年11月上旬、知人とともに、病院に入院している徳洲会創設者・徳田虎雄前理事長を訪問し、「都知事選に出ます」などとあいさつし、虎雄前理事長は「応援します」と応じ、その後、徳洲会から猪瀬氏側に5千万円が提供されたが、徳洲会が公職選挙法違反容疑で東京地検特捜部の強制捜査を受けた後の今年9月に、猪瀬氏の秘書が全額を返却したという。

(2)問題の5000万円につき猪瀬都知事はこの時点では「私はまったく関知しない」などと全面否認していました。

しかし、周知のように、このスクープ報道の直後以降、猪瀬知事は、説明を転じて、5000万円の受領を認めます。
もっとも、説明をさらに転じ、選挙運動資金であったことさえも否定します(これについては、「その2」で紹介します)

2.条例違反

(1)猪瀬知事が5000万円の受療を認めていたとなると、かりに、この5000万円が「個人的な借入金」であるとしても(実際そうでないことは「その2」で指摘したいと思います)、問題になります。

その第一は、東京都の条例に違反するという問題です。

(2)「政治倫理の確立のための東京都知事の資産等の公開に関する条例」は、知事の資産報告を義務付けています。
ここでいう資産には、借入金も含まれ、その報告も義務付けられています。
(資産等報告書等の作成)
第2条 知事は、その任期開始の日(・・・)において有する次の各号に掲げる資産等について、当該資産等の区分に応じ当該各号に掲げる事項を記載した資産等報告書を、同日から起算して百日を経過する日までに、作成しなければならない。
一 土地(信託している土地(自己が帰属権利者であるものに限る。)を含む。) 所在、面積及び固定資産税の課税標準額並びに相続(被相続人からの遺贈を含む。以下同じ。)により取得した場合は、その旨
二 建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権 当該権利の目的となっている土地の所在及び面積並びに相続により取得した場合は、その旨
三 建物 所在、床面積及び固定資産税の課税標準額並びに相続により取得した場合は、その旨
四 預金(当座預金及び普通預金を除く。)及び貯金(普通貯金を除く。) 預金及び貯金の額
五 有価証券(金融商品取引法(昭和二十三年法律第二十五号)第二条第一項及び第二項に規定する有価証券に限る。) 種類及び種類ごとの額面金額の総額(株券にあっては、株式の銘柄及び株数)
六 自動車、船舶、航空機及び美術工芸品(取得価格が百万円を超えるものに限る。) 種類及び数量
七 ゴルフ場の利用に関する権利(譲渡することができるものに限る。) ゴルフ場の名称
八 貸付金(生計を一にする親族に対するものを除く。) 貸付金の額
九 借入金(生計を一にする親族からのものを除く。) 借入金の額
2 知事は、その任期開始の日後毎年新たに有することとなった前項各号に掲げる資産等であって12月31日において有するものについて、当該資産等の区分に応じ同項各号に掲げる事項を記載した資産等補充報告書を、その翌年の4月1日から同月30日までの間に、作成しなければならない。


しかし、猪瀬知事は、記名、捺印の上で今年3月25日付「資産報告書」を提出していますが、5000万円の受領について一切記載していませんでした(「該当なし」との記載)。
9 借入金(生計を一にする親族からのものを除く。)
借入金の総額  該当なし   円   摘要 

     
借入金であると弁明するなら、5000万円を報告しなかったのは、条例違反の違法行為であると言わざるを得ません。

(3)もっとも、この条例違反には、罰則の規定がありません。
だから、猪瀬知事は「個人的な借入金」だと強弁し始めたのでしょう。
とはいえ、条例違反であることは明白です。

また、猪瀬知事は、事件発覚後の11月22日に資産報告を訂正しています(「該当なし」を1本線を引いて末梢)。
9 借入金(生計を一にする親族からのものを除く。)
借入金の総額  50,000,000 円   摘要
                  平成25年11月22日訂正


訂正しても違法であったことには変わりはありませんし、この訂正が事件発覚後であることは重要です。

3.当時の内規違反と、職員の内規違反の場合との比較

(1)ところで、以下の報道によると、副知事の場合には内規「東京都職員服務紀律」は、都の職員の場合には「都職員服務規程」が、それぞれ適用され、利害関係者から借り入れをすること自体が懲戒処分の対象になっているようです。
サンケイスポーツ2013.12.5 08:45
猪瀬知事、内規違反の疑い 都職員なら懲戒免職も

 東京都の猪瀬直樹知事が副知事だった昨年11月、徳洲会グループから5000万円を受け取っていた行為が、利害関係者から利益供与を受けることを禁じた内規「東京都職員服務紀律」に違反する疑いがあることが5日、都への取材で分かった。
 都人事課によると、内規は知事を除く特別職に適用されるが、猪瀬氏は知事選が告示された昨年11月29日に副知事を辞職したため処分対象にはならない。また、知事に対する懲戒制度は都にはない。
 一般職員は「都職員服務規程」で同様の行為を禁じられており、違反すれば免職など懲戒処分の対象となる。都議会の各会派は5日午後の代表質問などでこうした点を指摘し、責任を問う方針。
 「服務紀律」は1943年の制定。都が補助金を出している業者などから利益供与を受けることを禁じている。猪瀬氏は5000万円について「無利子、無担保で借りた」と説明しているが、借金もこれに当たるという。
 徳洲会グループは都内に介護老人保健施設と病院の2施設を持ち、都は2008年度以降で計約9億6000万円の補助金と委託料を出している。15年には西東京市に新たな病院がオープンする予定。都は開設を許可しており、利害関係者となる。
 東京都では02年、主税局の主事が都税事務所の電気工事で知り合った企業の担当者から99万円を無利子で借り、返済したものの懲戒免職となったケースがある。(共同)



(2)上記報道によると、「内規は知事を除く特別職に適用されるが、猪瀬氏は知事選が告示された昨年11月29日に副知事を辞職したため処分対象にはならない。また、知事に対する懲戒制度は都にはない。」と解説されている。

しかし、東京都知事選挙(昨年12月16日執行)の告示日は、昨年11月29日で、猪瀬氏が徳田毅衆議院議員から5000万円を受け取ったのは、同年同月20日であった。
時事通信(2013/11/26-12:43)
猪瀬知事、借用書を公表=辞任否定、続投の考え強調-徳洲会5000万円受領問題で

 東京都の猪瀬直樹知事は26日午前、都庁で記者会見を開き、医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取っていた問題で、借りた際に作成したとする借用書を公表した。猪瀬氏は資金について、選挙のためではなく、個人の借り入れであると改めて強調した。その上で「都政を滞らせないよう、身を粉にして仕事をすることが、今回の行為の償いだ」と述べ、辞任せず続投する考えを示した。

猪瀬都知事の一問一答=「徳洲会」資金提供

 知事は2012年11月6日に神奈川県内の病院で徳洲会の徳田虎雄理事長(当時)と面会。その後の20日、衆院議員会館で次男の徳田毅衆院議員と会い、現金5000万円を渡された。その場で、毅議員から借用書にサインするよう求められたという。借用書には、「徳田毅殿 平成24年11月20日 金5000万円也 猪瀬直樹」と書かれている。 
 猪瀬知事は資金を借りる前の14日にも毅議員と会食。選挙に金がかかるとの話題は出たが、資金提供を要請しなかったとし、「毅議員の方で貸してあげた方がいいと判断した」と述べた。借入額が5000万円と決まった経緯については、「毅議員から提示された。こちらから金額を提示したことはない」と説明した。
 猪瀬知事は進退について問われると、「都民のため、国民のため、東京のため、日本のために、全身全霊で職務にまい進する。仕事はちゃんとやらせていただく」と強調した。

◇猪瀬氏が説明した借り入れの経緯
【2012年】
 11月 6日 徳洲会鎌倉病院で徳田虎雄前理事長と面会。都知事選出馬のあいさつ
 11月14日 都内の飲食店で徳田毅衆院議員と会食
 11月19日 徳田衆院議員から電話で面会の要請
 11月20日 衆院第1議員会館で徳田衆院議員と面会。5000万円を徳田氏から借
        用
【2013年】
   1月下旬 返却の意思を徳田氏に伝達
  2月 3日 2月4日の面会の前に、徳田氏側から「都合が悪くなった」との内容の
        連絡
  9月26日 代理人を通じて全額返却。後日、郵送で借用書が返却される


猪瀬氏が、副知事を辞職したのは、昨年11月29日の知事選公示日ではなかろうか(出馬表明したのは11月21日)。
そうであれば、5000万円を受け取った11月20日の時点では、まだ副知事であり、内規「東京都職員服務紀律」に違反していたことになる!

もっとも、副知事を辞任してしまったので、内規「東京都職員服務紀律」違反を根拠に、「今」懲戒処分できない、ということかもしれません。

しかし、
当時、懲戒処分されないまま知事選に立候補し当選したこと、
また、知事には内規「東京都職員服務紀律」の適用がないとしても都の一般職員は「都職員服務規程」が適用され懲戒処分されううること
を考慮すると、猪瀬氏は、知事として前述の条例違反(資産報告不記載)した以上、知事を辞任し、ケジメをつけるべきです!

つづく

【関連記事】
猪瀬都知事5000万円「裏金」受領問題(その3):元検事の告発状の中身への疑問

あわせて読みたい

「猪瀬直樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  3. 3

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  4. 4

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  5. 5

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  6. 6

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  7. 7

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  8. 8

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  9. 9

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  10. 10

    トランプ氏 国連演説で北に警告

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。