記事

化学の魔法が電気自動車時代を開くかもしれないビッグニュース

積水化学が、走行距離3倍という車用電池の新材料を開発したと日経が報じています。もし本当なら大変な発明です。1回の充電でガソリン車に匹敵する600キロメートル程度の走行が可能になり、一挙に電気自動車時代を切り開くことになりそうです。ただこれまでも見事に裏切ってきた前科を持つ日経のスクープ記事だというのと、また積水化学からプレスリリースがでていないので本当かどうかははかりかねます。事実なら素晴らしいことです。
積水化学、走行距離3倍にする車用電池の新材料 :日本経済新聞 : 

電気自動車が普及しないのは実用性に問題があるからです。ネックは電池です。充電スタンドが少ないことではありません。

価格が高く、自動車そのものの走行距離が街の中を巡回する程度しか保てない、充電に時間がかかる、もし電池切れを起こすと大変、それでは特殊な需要しか生まれません。現在の電池性能では電気自動車を商業ベースに乗せるには限界があります。

米国のテスラのモデルSが、最大500kmの航続距離を実現して大ブレークしたことで、鍵は走行距離だということを証明したことになります。しかし、電池を大量に搭載するためにまだ価格が高く、自ずと高級車に限定されます。しかも、テスラは、このところ続けて3件、電池が原因の炎上事故を起こしており、やはり電池はまだやっかいな存在なのです。
米テスラ、破竹成長にブレーキ EV炎上事故10月以降3件+(1/3ページ) - MSN産経ニュース : 

電気自動車時代が本格的に幕開けするかどうかは、ひとえに電池の世界で画期的なイノベーションが起こってくるかどうかにかかっているわけですが、化学の世界はそんなイノベーションがいつ起こるかは予測できないのです。

夥しい種類の材料のなかから、最適な組み合わせを見つけ、また組み合わせの条件を見つけ出す試行錯誤を繰り返す中で突然なにかが発見され、それが飛躍的なイノベーションとなるというのが化学の世界では一般的です。なかには、ペニシリンやポストイットのように実験中の失敗が大きな発明につながったという例も少なくありません。

これが18か月ごとに性能が倍になるムーアの法則が効く半導体とは異なるところです。化学の世界の独特のイノベーションの特徴だと思います。だから、「化ける」の文字がついているのでしょう。

電気自動車の“水戸黄門”とも異名を持つエリーパワーの吉田社長が、ダイヤモンド・オンラインで、「リチウムイオン二次電池は、2012年にブレイクする」と明言されていましたが、それは希望的観測であって、現実にはそうなりませんでした。
電気自動車の“水戸黄門”が明言!「リチウムイオン二次電池は、2012年にブレイクする」 エリーパワーの吉田博一社長に聞く|エコカー大戦争!|ダイヤモンド・オンライン : 

現実は、ブレークするどころか、 2012年のリチウムイオン電池部材の世界市場規模は、前年比 105.4%程度で終わり、また今年も前年比101.4%にとどまる見通しのようです。電気自動車が本格的に立ち上がらないとリチウムイオン電池もブレークしません。
リチウムイオン電池部材の世界市場、2013年は伸びず | ニュース | 環境ビジネスオンライン : 

電池のイノベーションでは、今年の春に米国のイリノイ大学が充電時間が従来の1/1000, 蓄電量が30倍の超高性能電池を開発したと発表しており、また産業技術総合研究所が五鈴精工硝子(大阪市)と共同で、リチウムイオン電池の容量を約2倍に増やすマイナス電極を開発したといったことも発表されていますが、リチウムイオン電池のイノベーションの遅れから、自動車メーカー各社が燃料電池のほうに軸足を置き始める動きを見せています。

充電時間が従来の1/1000, 蓄電量が30倍の超高性能電池をイリノイ大が開発 | TechCrunch Japan : リチウムイオン電池容量2倍に 産総研などマイナス電極開発 :日本経済新聞 : 

さて燃料電池が本命なのか、はたまた今回記事になったようなリチウムイオン電池の容量の飛躍的なアップでやはりリチウムイオン電池が電気自動車時代を切り開くのか、いずれにしてもその基幹となる技術を日本が抑えることができるのかはほんとうに興味深いところです。

あわせて読みたい

「EV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    カーリング藤沢五月の誘惑で決着

    文春オンライン

  2. 2

    舛添氏語る東京マラソン経路変更

    舛添要一

  3. 3

    カー娘 銅獲得の裏で貫いた精神

    女性自身

  4. 4

    羽生と宇野にアウェイがないワケ

    THE PAGE

  5. 5

    下町ボブスレー 敗因は検証不足?

    美谷広海

  6. 6

    Twitterのbot削除 右派に大打撃

    NewSphere

  7. 7

    朝生の「女性論客特集」に違和感

    常見陽平

  8. 8

    女性専用車への反対活動は逆効果

    赤木智弘

  9. 9

    結婚延期 雅子さまの予感が的中?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    楽天の株価低迷 必要なのは増配

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。