記事

忘れがちな戦略の基本

7年前、某大手企業の専務を務める友人に同行して中国の現地法人の会議に参加しました。会議中、一番印象に残ったのは戦略という言葉の乱用でした。課長なのに「わが社の最も重要な経営戦略は売り場社員の教育だ」と言うので腹が立って、「専務と私がここに来たのは現場の状況と皆さんの意見を聞くためだ。戦略を聞くならここに来ない」と言ってしまいました。

漢字の戦略とは「何をどう上手くやるか」という意味ではありません。やらなければならない多くの課題を直視し、「如何に不要の戦を略するか」という意味です。英語のStrategyも「何をしないかを決める」ことです。

このため、組織のトップはいろいろな利益を背景にする人達が思う「重要なこと」をやめさせる覚悟と能力が必要であり、それに伴うマイナス効果も受け止めなくてはなりません。中間管理職はそのような責任も視野も能力もないはずです。

日本のメディアも好んで戦略を使うのです。よくよく読むとアイディアや構想、場合によっては空想に過ぎないのに戦略と語ってしまうのです。

しかし、実は日本社会で語られている戦略の語意に徹底的に足りない基本がもう一つあります。それは時間軸の長さです。1~3年の話は正直言って戦略と言わないのです。今年にどうするかは戦術にもならず、状況対応に過ぎないと思います。10年、20年、そして30年の時間単位で考えて何をやらないかを決めるのが戦略です。

IT業界のことでいえば、私は90年代に大いに中国のオフショア開発を利用して会社を伸ばしてきましたが、2005年に入って縮小させてきました。2009年には北京の開発センターを閉鎖しました。時代の流れは確実に賃金上昇に向かうので止めるのが戦略です。

昨年の尖閣問題で製造業が中国撤退とマスコミが騒ぎましたが、戦略のある経営者はもうすでにその前から安い賃金を前提とした工場をもっと安い国に移転し始めたのです。日中関係を言い訳にして工場移転を始める経営者は戦略のない経営者です。

国家の戦略も同じだと思います。私は10年後、30年後も日本と中国は今のように対立していると絶対思いません。少なくともトップ同士が会わないような異常関係が長続きする訳がないと思います。

国家の指導者はいちいち目の前のことで口喧嘩をすべきではないのです。特に相手国を名指しで批判しながらトップ会談を求めるのは戦略的ではないだけではなく、戦術としても稚拙です。

この原稿を完成しようとしたところに、今年のオリンピック候補地に巡る投票に際して、中国代表全員が日本を支持したことが判明しました。目前では確かに尖閣で揉めていますが、日本国民を尊重し、将来の和解を考えての戦略的行為だと思います。

習近平も李克強も国内外の公開の場で日本を名指しして批判したことはありません。私は中国のことを褒めたくないのですが、このような姿勢は少なくとも安倍総理より真っ当だと考えます。中国のトップが「日本」を名指しして批判すれば、関係改善を望む普通の日本の方々も傷付けるため、中国の戦略に合致しないからです。

批判は戦術であり、中間管理職の仕事です。組織のトップが目の前のことにムキになり、他の組織を名指しして批判することは日本の礼儀に合わないうえ、自分の戦略にも合わないはずです。こんなことは長い時間軸で考えれば誰にでも分かることだと思いますが。

「宋メール」のコンセプト

「宋メール」は宋自身が読者のご参考のため提供する個人の考えです。
「宋メール」は正論や結論ではなく、独自な視線を提供します。
「宋メール」は個性的なゲスト・オピニオンを用意します。
「宋メール」の読者は自立心が強く、世間に流されたくない方々です。

宋 文洲


発行:月1~2回程度
料金:無料
登録はこちらから

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  6. 6

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  7. 7

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

  8. 8

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  9. 9

    「選挙の鬼」支える「普通の人」

    畠山理仁

  10. 10

    北ミサイルがもし東京に着弾なら

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。