記事

ゾゾタウン「WEAR」に賛否両論 革新は「壊滅」を呼ぶのか?

ファッションECサイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが10月31日から提供を開始した新サービス「WEAR」が注目を集めている。

「WEAR」はスマートフォンに専用アプリをダウンロードして利用する。ショップスタッフや一般ユーザーが投稿したコーディネートを検索できる「コーディネートレシピ機能」などがある。

(最新記事はこちら)

ネットでは好評「凄い良くできてる!」

注目を集めているのは「バーコードスキャン機能」だ。実際の店舗で気になった商品に付いているバーコードを読み取ることで、その場で商品情報やコーディネート画像を見ることができる。

その場で購入しない場合でも、スキャンした商品の履歴がアプリ内に保存されるため、その商品情報をシェアして友人にアドバイスをもらえる。さらに、家に帰ってからそのブランドのECショップや「ゾゾタウン」でも買うこともできる。

ユナイテッドアローズやアーバンリサーチなど、有名ショップを含む約200のブランドが加入。今後も加入ブランドが増えていくと見られている。

実際にダウンロードしてみると、シンプルなデザインで使いやすい印象だ。特にコーディネート検索は、モデルの性別や身長はもちろん、ブランドや色などでも簡単に検索することができるので、ファッションが好きな人にとってはかなり楽しいだろう。

すでにダウンロードした人も多いようで、ネット上には

「凄い良くできてる!」
「着る服がないニートでもオタクでもコーディネートの参考になると思う」

といった声も出ていた。スタートトゥデイの前澤友作社長は「WEARにはイノベーションがある」と自信を込める。

だが、ブランドや小売店側からは疑問の声も出ている。バーコードスキャン機能を使って実店舗で見た商品を最終的にネットで購入する人が増えると、店舗が「ショールーミング化」するのではないか、というのだ。

ファッション業界が「壊滅的な打撃」を受ける?

大手アパレルブランドの男性社員も、業界では賛否両論分かれていると話す。

「『WEAR』によって潜在層を取り込めるのでは、と好意的に見る向きもありますが、やはり『自前のECサイトの客がゾゾタウンに取られるのでは』と懸念する声も聞きます」

日経新聞の記事によると、WEARの概要が発表された6月、ルミネは「施設内での写真撮影は原則禁止」と入居テナントに通知したという。商業施設の賃料はテナントの売上高に合わせて設定されているため、店舗の売上が落ちると賃貸収入がダウンする。

ルミネの新井良亮社長は「ファッション業界が壊滅的な打撃を受ける」と語ったという。

一方で、パルコはWEARへの参加を表明。ユーザーがネット経由で商品を買うと、ゾゾタウン側がパルコに手数料を払う仕組みで、店舗側の売上が減ってもパルコの利益は変わらないと見ているという。

前澤社長は通販新聞で「実際のところ、バーコードスキャンの利用はごく一部。主力のサービスはコーディネートレシピ機能を想定している」と語っている。今後の展開が気になるところだ。

あわせて読みたい

「スタートトゥデイ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都職員VS客 150人が築地で買い物

    田中龍作

  2. 2

    死ねの書き込み おっぱいで消滅

    倉持由香

  3. 3

    貧困層見ない堀江氏の読解力考察

    田中俊英

  4. 4

    モリカケ批判を続ける野党に呆れ

    北尾吉孝

  5. 5

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  6. 6

    豊洲とヤクザ アワビ密漁の実態

    NEWSポストセブン

  7. 7

    いま35年ローンで自宅を買う怖さ

    文春オンライン

  8. 8

    小室圭さん 結婚一時金を辞退も

    NEWSポストセブン

  9. 9

    昭恵氏 NY危険地域で飲み明かす

    NEWSポストセブン

  10. 10

    松本人志 持論撤回せず批判続出

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。