記事

企業に公平性を求めるのはナンセンス

赤木智弘の眼光紙背:第294回

 就職活動中の大学生の7割が、企業の対応などに不満や不安を募らせているという。
 この調査を行ったNPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」は、企業に対して選考の理由を開示するなど、学生が納得できるようにしてほしいと求めているそうだ。(*1)

 日経の記事だから、こういうソフトな内容になっている。しかし、この調査は「就活自殺」という、就職活動やその失敗を苦にした自殺の増加などを踏まえて、学生の現状を調査したものである。(*2)

 その内容は重苦しいもので、就活開始後に本気で死にたい・消えたいと考えた事がある学生が20%も存在している。
 正社員志向は強いが、決して無知によるイメージではなく、正社員にならないと生活が安定しないということを正しく理解している。また、正しく現状を理解している証拠に、定年まで勤めあげるということには決して固執していない。

 そうした学生たちが不満を抱くのは、不明瞭な審査基準や公平性の欠如。そして企業のルール違反などである。ランクの低い大学では説明会にすら参加できなかったり、セミナーやインターンシップなどが事実上の選考活動として使われていることに対する不満を訴えている。

 日本においては、新卒学生の就活は、その後一生の天国と地獄を決めてしまう分水嶺となってしまっている。だからこそ、その選考には公平性が求められるし、それを社会の側が担保することが求められる。

 だが、実際にそれは不可能である。企業は私企業であり、その契約は根本的には企業と労働者側の私的な契約に過ぎず、両者が合意するのであればその根拠を外から問うことは不可能だ。たとえ不公平なコネ入社であっても、不公平性そのものを批判することはできない。

 それを批判するのは、恋愛において「俺をフって、他の男と付き合ったことの公平性を証明せよ!」と迫るようなものである。就職も恋愛も私的な問題に過ぎないはずだ。

 本当に僕たちが論じるべき問題点は、新卒学生の就活が、その後一生の天国と地獄を決める分水嶺になってしまっていることそのものである。
 企業に正社員として入社しなければその後の人生がむちゃくちゃになるからこそ、みんなが正社員を目指すのである。結果、就職活動は熾烈なものとなるし、入社したとしても「いつ辞めさせられるか分からない」というプレッシャーの下、サービス残業などの法に反した企業倫理を受け入れざるならなくなる。

 そこまでの不利益を与えられてもなお、正社員を目指したり、正社員で在り続けることに、そうした地獄を上回る利益があるからこそ、若者は正社員を目指すのである。若者たちは非正規に落ちることが地獄に落ちるよりも苦しいことを、当然知っているのだから。

 就活が苦しいのは、正社員と非正規労働者の圧倒的な格差がゆえである。
 ならば問題の解決は、どのような立場になったとしても、理不尽に苦しむことのないような真っ当な再分配でしかありえない。
 再分配だけが、行政が公的に社会的公平性を実現する手段である。国民を公平に扱う義務は行政の側にあるのであり、企業に公平性を求めるのは筋違いといえよう。

 就職に失敗したとしても、仕方ないと笑って、別の生き方を探ることができる社会こそが、僕たちが目指すべく社会ではないだろうか。

*1:就活生、7割が不満 企業の不採用通知などで(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG18047_Y3A011C1CR8000/
*2:“就活自殺”の背景に迫る  「就活に関わる意識調査」分析結果報告(NPO法人 自殺対策支援センター ライフリンク)
http://www.lifelink.or.jp/hp/Library/201310shukatsu.pdf

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    証人喚問が"犯罪捜査"という暴論

    郷原信郎

  2. 2

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  3. 3

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  4. 4

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  5. 5

    森友問題で考えた"FAX"の破壊力

    常見陽平

  6. 6

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  7. 7

    桜を"嫌っていた"明治の日本人

    田中淳夫

  8. 8

    格安旅行"てるみくらぶ"が破産

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

  10. 10

    "一発屋"が求められる広告業界

    中川 淳一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。