記事

ヘイトスピーチはさらにエスカレートしている

 10月8日(火)朝日、毎日、東京は昨日京都地裁で判決が出されたヘイトスピーチは差別とする画期的判決について詳しく解説してしている。読売や産経が判決を小さく見せようとしいているのは、核心には朝鮮高校への差別意識があるのだろう。高校授業料無償化に反対する論調の背後にある暝い潜在意識である。ある記者がヘイトスピーチについて記事を書こうとしても、暗黙の否定的空気があると言っていた。メディアが普遍的価値を覆い隠そうとするのは、時代の権力に自ら拝跪するものである。

 京都地裁判決の画期的なことは、日本が1995年に加盟した人種差別撤廃条約を根拠としていることである。今朝の学者コメントは、半年前と同じ言葉を繰り返す者がいるように、現実の差別の苛烈さ、エスカレートを知らない机上の議論である。現行法でも対応できるというが、たとえば今度の裁判のように3年闘えというのか。基本的問題は、差別を受けている人たちへの人間的アプローチがない。

 人種差別撤廃条約は日本にも差別を禁止するための法的対応を求めている。ところが日本政府は、この日本に差別思想の流布や扇動もないいとする。まったくの虚構であることは、今年に入ってからの新大久保、鶴橋、札幌での差別デモにも明らかである。ここに札幌の状況をお知らせしておく。

 「まいどお騒がせいたしております。こちらは不用品の回収車です。ご近所でご不要な南朝鮮人、腐れ朝鮮人などございましたら、車までご合図願います。どんな状態でも、ご処分いたします。泥棒、売春婦、ストーカー、どんな朝鮮人でも結構です。生きたままでも結構です。お気軽にご合図願います」
 「皆さん、左手ご注目ください。日本を攻撃する悪の組織、在札幌韓国総領事館が見えてまいりました。皆さん、いきますよー(ここまで猫なで声)。排泄物をトイレに流すと教えた恩を仇でかえしやがって。恩知らず、恥知らずな朝鮮人どもを糞尿まみれにしろ(罵声で)」

 これを「表現の自由」というだろうか。これは言葉の暴力=ナイフである。人種差別撤廃条約が求めるように、日本も差別禁止法あるいは刑法での新たな規定が必要である。差別され、苦しみ、懊悩し、耐えている人たちの真情を基本に、在特会に象徴されるような醜悪な差別に対して日本社会がいかに対峙していくかである。いまこそ日本版戦闘的民主主義が求められている。

あわせて読みたい

「在特会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「24時間テレビ」は時代遅れ

    キャリコネニュース

  2. 2

    24時間TVは"感動ポルノ"そのもの

    常見陽平

  3. 3

    性犯罪が弁護人泣かせな理由

    寺林智栄

  4. 4

    田原氏「退位は改憲への抵抗か」

    田原総一朗

  5. 5

    片山さつき氏の絶望的な勘違い

    八木啓代

  6. 6

    中国の「対日友好姿勢」の真意

    WEDGE Infinity

  7. 7

    よしのり氏"竹田恒泰は一般国民"

    小林よしのり

  8. 8

    よしのり氏「愛子さまは才女」

    小林よしのり

  9. 9

    サラリーマンか起業か 適性は?

    永江一石

  10. 10

    コンビ二業界各社 今後の注目点

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。