記事

『半沢直樹』のラストに激怒する人々への処方箋

■『半沢直樹』に恋した人々

2013092301

 社会現象ともなった国民的超人気テレビドラマ『半沢直樹』が終了した。
 多くの視聴者は、きっと『水戸黄門』的な爽やかな気分を味わえるのだろうという期待を胸に固唾を呑んでラストを見守った。ところが、ラストでは全く予想外の結末となり、「え、これで終わり?」「裏切られた!」となった人が大勢いたらしい。

 このドラマの原作には続編があり、今回のラストも一応は原作通りなので、怒っても仕方がないことだと思われるのだが、これまで半沢直樹に感情移入してきた熱狂的なファン(?)からすれば、「許せない」ということらしい。

 元々、『半沢直樹』というタイトル自体、原作とは違っている。今回放送された『半沢直樹』というテレビドラマ自体、池井戸 潤氏の『オレたちバブル入行組』と『オレたち花のバブル組』の2作品をカップリングしたドラマであり、第3弾である『ロスジェネの逆襲』も既に書籍として販売されているので、今回のラストは明らかに続編が有るということを意識した上でのドラマ的手法だったというわけだ。

 こういった意外なラストは海外ドラマではよく見られる傾向なのだが、日頃から無料のテレビドラマしか観ない人々には、このてのドラマ的な捻りが分からなかったのかもしれない。とは言え、そういった連続シーズンドラマにお約束の「To be continued」という言葉を入れなかったTBSにも視聴者にいらぬ誤解(マイナス感情)を与えた責任の一端は有るのかもしれない。

 しかし、このドラマのラストが与えた衝撃は意外なほど大きかったようで、「続編が有りますよ」と言っても、納得できないという人々が多いと思われる(実際にいる)ことだ。これまで散々ベタ褒めしていた熱狂的なファンに限って「続編が有ってももう観ない」と言っている人が大勢いるらしい。おそらく彼らにとって『半沢直樹』は恋のようなもので、1度裏切られたという感情を持ってしまったからには、謝っても許さないということなのだろう。彼らにとっては、まさに「半沢直樹英雄神話」の崩壊と言ったところだったのかもしれない。

■『半沢直樹』に失恋した人々への妙薬

 私自身、池井戸 潤氏のファンでもあるので『半沢直樹』以前にも彼のドラマは好んで観てきた。彼の原作ドラマは今回の『半沢直樹』以前にもNHKで『鉄の骨』というテレビドラマが放送されたことがあり、以前から、優れた…と言うより面白い企業小説を書く人物だと注目してきた。

 と言っても、私の場合、創作物としてのフィクション本は、最近ほとんど読まなくなったので、彼のドラマは有料のWOWOWで放送された後に販売されたDVDソフトで観てきた。(『鉄の骨』もDVDで視聴)

 この『半沢直樹』シリーズはWOWOWで放送されると思っていたのだが、無料のTBSで放送されたことによって、これまでにない秀逸なドラマということで社会現象にまでなったわけだが、私の実感では『半沢直樹』並み、あるいはそれ以上に面白いドラマは既に存在していた。

 『半沢直樹』のラストでモヤモヤ感を抱き、そのマイナス感情が払拭できない人には、同じく池井戸 潤原作の以下の作品を観ることをオススメしたいと思う。

 『空飛ぶタイヤ
 『下町ロケット

 2作品とも続編のない完結ものなので、『半沢直樹』のようなモヤモヤ感は残らず、爽やかな気分になり、「半沢直樹の続編も観てみようかな」という前向きな気分になれること請け合いだ。

あわせて読みたい

「半沢直樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    麻原彰晃・娘 妹の虐待訴えは嘘

    松本麗華

  3. 3

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  4. 4

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  5. 5

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  6. 6

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  7. 7

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  8. 8

    前川氏 ネトウヨは教育の失敗

    文春オンライン

  9. 9

    ISを「破門」しないムスリム社会

    SYNODOS

  10. 10

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。