記事

祝!東京五輪招致。だが嘘つきはいただけない。

今朝のIOC総会は、五輪開催地決定で、東京開催の実現がかかっていたため、テレビは夜通し特番を組み、ネット中継も併せて夜更かしの一日となった。
その結果、めでたく東京2020開催が決まり、日本中が喜びの声に包まれた。

一流スポーツ大会はただでさえ感動的だし、日本の演出はきっとセンスの良いものとなることだろう。
また経済効果の面でも、調節の投資効果だけでなく、外国からの旅行者が増えて、バリアフリーもネット環境改善も進み、住みやすい社会と好景気が期待できよう。

しかし、喜んでばかりはいられない。
招致に当たって懸念材料だった福島原発事故の処理について、安倍首相は嘘をついた。
ハフィントンポストの全文再録によれば、次のように述べた。

フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。状況は、統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも、及ぼすことはありません。

状況は統御されているとは難解な訳だが、完璧にコントロールされているから心配には及ばないと言っていた。この言説は抽象的で中身が乏しいが、それでも福島第一原発の最近明らかとなった汚染水だだ漏れで1800ミリシーベルト/hもの高線量が観測され、海に流れ出すことも確認はできているが対処は出来ず、流れ込む以前の地下水も汚染され、もうどうすれば良いかわからなくなっていることを表現するなら、コントロールできているというのは真っ赤なウソというべきである。

具体性に乏しい説明に、会場から、なぜ東京が安全と言えるのか、技術的な面も含めて説明して欲しいと質問が出ると、安倍首相は日本語で、原発から漏れ出した汚染水は港湾内にとどまってブロックされており、絶対安全だ、日本のどこの地域も安全だと言ったのである。
その上で、さらに万全を期すために、政府が主導的に対策を打ち出すからもっと安心だと言った。

事実は、東電がコントロール不能の状況に陥り、汚染水は地下水の汚染も土壌汚染も引き起こし、さらに汚染水を組み上げ貯蔵しているタンクは、元々耐用年数5年(後2年!)で、既に漏れ出しており、そちらも対処を迫られている。
空気中に撒き散らされて東京に飛来するわけではないというのなら真実かもしれないが、海洋汚染と魚の汚染はとどまるところを知らないし、コントロールどころか全容把握すらおぼつかない。陸上だって幅広い地域で出荷が差し止められている。
我々がパニックにならず首都圏で住み続けているのは、近くの空間線量は安全だと聞かされており、食品もきちんと検査して安全なものしか流通していないという説明を、とにかくも信じているからに他ならない。そして福島の子供達で原発事故後は普通の何倍もの甲状腺異常が発生していることを知っても、原発事故との因果関係ははっきりしないとの説明にすがって考えるのをやめている。

とても胸を張って安全だと言える状況ではない。

今後はウソをまことに変えて行くため、事故処理に国を挙げて努力するしかないではないか。もちろん五輪とは関係なくそうすべきことではあるが。
心配なのは、嘘つき子供の行動様式として、ウソをまことにしようと努めるよりも、しばしば、誤魔化しと隠蔽に走りやすいということだ。日本政府がそのような負の泥沼に陥ることはないと信じたいが。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    証人喚問が"犯罪捜査"という暴論

    郷原信郎

  2. 2

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  3. 3

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  4. 4

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  5. 5

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  6. 6

    森友問題で考えた"FAX"の破壊力

    常見陽平

  7. 7

    桜を"嫌っていた"明治の日本人

    田中淳夫

  8. 8

    格安旅行"てるみくらぶ"が破産

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

  10. 10

    ヤマトは「第二の電通」とすべき

    中嶋よしふみ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。