記事

TBSの人気司会者ハラスメント疑惑と過剰広告で見る気が失せたボクシング中継について

言いたい放題の巻!(to TBS)

一昨日、何年かぶりにボクシング世界戦を生中継で見たのですが、放送局は亀田3兄弟を独占しているTBS!
結果亀田の判定勝ちで3兄弟が揃って世界チャンピオンになるというメモリアルな一戦になったのですが、私は途中で見るのを止めてしまいました。

試合内容がつまらなかったからではありません。
それ以前に、過剰でけばけばしく品のない広告が目障りで試合内容に集中できないから。
冗談でもなんでもなく、背景の広告が邪魔でグローブの動きを追えない。

リングのマットにはでかでかと「世界バレー明日開幕!放送xx時」みたいなことが書かれてTBS様の翌日のスポーツ中継が宣伝されている。
その他にもリング上のロープ外側にも広告が並べられ、中には「○○買取り!」という類の物もあるし、選手のパンツにもこれでもかと広告が載っている。
後者はTBSとは関係ないかも知れないが、一番目立つリング上を押さえているのはTBSであり、この環境で中継した試合を視聴者に見てもらおうという神経が私にはわからない。

ビジネスだし広告入れるのは構わないが、限度や品ってものがある。
サッカーの試合は大抵企業のロゴだけで抑えられている。広告が試合より目立ってはいけないなんて当たり前のことだと思うが・・。
プロ野球の球場でも品に欠ける広告はあるが、ピッチングの中継に支障が出るようなキャッチャーの真後ろにデカデカと品のない広告を掲げることはしないという最低限の品は守っているように思う。

TBSのやっていることは野球で言えば、キャッチャーの後ろにケバケバしい自社の宣伝を掲げて、視聴者には嫌でも目に入るが野球の肝であるピッチングに視聴者を集中させないようにしているのと同じである。
以前からボクシング含めTBSの格闘技中継には様々な批判があるのに改善されないのだから、批判するよりも私のようにじゃあ見ないと消して視聴率を下げてしまおう!(残念ながら私の行為など視聴率にはカウントされないが・・。)

次に、読売新聞にまで取り上げられたTBS朝のワイドショー人気司会者のセクハラ疑惑!
生放送中に女子アナのお尻を触ったのではないかと疑惑を持たれていましたが、確かに映像を見ると女子アナが司会者の手を振り払って、その後カメラに写されたと察知した司会者が手を不自然にモミモミして誤魔化しているように見える。

これに対する司会者のコメントは以下。
「アナウンサーがトチった時に軽く突いたりするのは、僕としてはよくあることで、パワハラと言われるならまだしも、セクハラなんてとんでもない。」
確かに、70手前のジーサンで羞恥心がなくなり状況判断が出来なくなってきたとしても、朝の生放送でカメラ・スタッフ・出演者の前で公然とセクハラするとは考えにくい。
でも、もんた、もとい、あんたパワハラは否定し切れんのかい!?

局の見解は、
「当事者の間でセクハラ行為があった認識はない。CM中の談笑の様子が放送に出てしまい、誤解を与えてしまった」として番組担当者に口頭で注意。
公然パワハラなら、局も面と向かって注意できない大司会者を相手に社員である女子アナが私はセクハラと感じたとは言えないでしょうね。

注意された番組担当者とやらは、CM中にふざけていたか知らないが女子アナの背中を押して生放送のカメラに写された、この騒動(事件ではない)に100%責任があると思われる司会者にちゃんと注意ができたのだろうか?
(視聴率の取れる人気司会者様の失態を全国に生中継してしまい隠蔽できなかったのは番組担当者の責任!?)
まるで、この局の人気ドラマのセリフにある「上司の失敗は部下の責任」という麗しいカルチャーそのものなのだろうか!?

一般社会の常識では、70のジーサンが20代女性の背中を談笑しながらでも押せば、セクハラと取られても仕方ない。
(この司会者は相手が男性アナでも背中を押したのだろうか?答えが否であればその行為にセクシャルな意図がゼロであったとは言えないのだが・・、さて?)
こういう部分もこの司会者が視聴率を取る親しみやすさの裏返しかも知れないが、この司会者を支持する層は比較的年齢の高い主婦層だと思われる。

私はこの番組を一度だけ数分しか見たことがなくて、たまたまテレビを付けた時にチャンネルがTBSでこの番組で(もう忘れたけど)内容に興味あったのでしばらく見ていたら、最後にこの司会者が眉間に皺を寄せてしかめっ面で「僕はこれも政治が悪いと思う」みたいな論理めちゃくちゃのこじつけコメントをしたので、相変わらずこのオッサンは感情論だけで知性の欠片も感じないと不愉快だからさっさとテレビを消しました。

元気な八百屋のオヤジみたいな庶民的親しみ易さはわからないでもないが意見は無意味だし、TBSは70歳手前のジーサンにいつまで人気司会者として視聴率を依存し続けるつもりなのだろうか?
セクハラ・パワハラ疑惑を不快に感じるなら、テレビ局が一番気にする視聴率を下げるためにその番組を見ないことが一番効果的な方法です。

この2件から、TBSには商魂逞しくても視聴者に愛想尽かされたら意味ないし逆効果だということを学んで頂きたいものです。
(他にも、この局の視聴率30%の人気ドラマや日曜朝の報道番組にも言いたいことがあるのですが、また機会があれば。)

あわせて読みたい

「TBS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  3. 3

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  4. 4

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  5. 5

    橋下氏 希望敗北でも「大功績」

    橋下徹

  6. 6

    立憲は野党再編へここから正念場

    三浦博史

  7. 7

    時代遅れなアパレル企業の悲惨さ

    Chikirin

  8. 8

    公明苦戦 山口代表の替え歌原因?

    三浦博史

  9. 9

    昔なら恥だった『孤独のグルメ』

    fujipon

  10. 10

    希望の党 離党者続出で崩壊か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。