記事

米軍を「座り込み」で止められるか? 映画『標的の村』が描き出す「もうひとつの沖縄」

1/2
昨年の秋、多くの沖縄県民が反対するなか、普天間飛行場へ配備された米軍の新型輸送機オスプレイ。そのオスプレイが沖縄本島北部の山原(やんばる)に飛来するのを阻止しようと、ヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設反対を掲げて、座り込みを続ける住民たちがいる。

彼らの姿を追ったドキュメンタリー映画『標的の村』が現在、公開されている。猛暑が少し和らいだ8月26日、映画の主要な登場人物である安次嶺(あしみね)現達さんと伊佐真次さんが、東京・内幸町の日本プレスセンターで記者会見を行った。【取材・構成:渡辺一樹】

安次嶺現達さん
安次嶺現達さん 写真一覧

座り込みによって「国に訴えられた」住民たち

安次嶺さんは「2007年以来、毎日座り込んで工事を阻止しているが、今年ついに家から400メートルしか離れていない場所に米軍のヘリパッドが建設されてしまった。米軍の資料によると、そこだけで年間1260回の発着訓練が想定されている。ヘリパッドは他にも5カ所計画されている。このままでは生活ができなくなる」と、訴える。

いったいなぜ、そんな事態になっているのだろうか。

安次嶺さんと伊佐さんの家族が住む沖縄県東村高江という地区は、米海兵隊の「北部訓練場」と隣り合わせだ。北部訓練場は米海兵隊唯一の「ジャングル訓練場」で、広さは約7500ヘクタールに及ぶ。米海兵隊によると、上限1000人の隊員が30日間に渡り、サバイバル訓練やヘリコプター訓練などを実施可能だという。

この北部訓練場は、いわゆる「SACO合意」に基づき、約4000ヘクタールが返還される予定だ。安次嶺さんたちが反対運動をしているヘリパッドの移転計画はこの返還に備え、返還部分にあるヘリパッドのうち、6カ所を高江地区周辺に移設するというものだ。

一見すると返還で負担が減るように思えるが、話はそう単純でもないようだ。「ヘリパッドは高江地区を取り囲むようにして新設されようとしている。なぜその位置なのか、どんな運用がなされるのか、説明を求めても政府は回答してくれない。オスプレイがヘリパッドを使うことも、昨年米軍が発表した資料でやっとわかった」。伊佐さんはこう憤る。

2人は他の住民らとともに2007年、「ヘリパッド要らない住民の会」を立ち上げ、訓練場への入り口で座り込み抗議を始めた。ところが国は08年、この活動に対して「通行妨害禁止」を求める仮処分を申請。那覇地裁は伊佐さんと安次嶺さんに対し、妨害禁止命令を出した。さらに国は10年、2人を提訴。安次嶺さんに対する請求は棄却されたが、伊佐さんは1審、2審で通行妨害を認定され、7月に最高裁に上告したところだ。

オスプレイは既に北部訓練場にも飛んできている

オスプレイは昨年10月、普天間基地に配備された直後から、北部訓練場にも飛来しているという。現状はどうなっているのだろうか。

安次嶺さんは「今はまだ、そこまで大規模な訓練はしていないようだ。しかし、これから本格的な訓練が始まればどうなるか。オスプレイが森の中に着陸すれば、自然環境も壊れる。色々な意味でかなりの被害があるだろう」と不安を隠さない。

軍隊の訓練といえば、一般住民とは全く関係ない場所で行われるイメージがあるが、高江ではそうでもないようだ。訓練場と高江地区の間にはフェンスなどはなく、訓練中の隊員が民家の周りに姿を現すこともあるという。ヘリも集落の上空に、頻繁に飛来する。

伊佐さんは「訓練での墜落事故は過去に何度も起きている。米軍は約束を守らず、学校や集落の上も平気で飛ぶ。これは沖縄の人なら誰でも知っている『常識』だ。危険な訓練は止めてもらいたい」と力を込める。

あわせて読みたい

「オスプレイ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  2. 2

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  3. 3

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  4. 4

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  5. 5

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

  6. 6

    人気店が"一見さんお断り"の理由

    内藤忍

  7. 7

    誰が書いた? 昭恵氏FB投稿に懸念

    郷原信郎

  8. 8

    大きなハンデを負う"高校中退"

    PRESIDENT Online

  9. 9

    みんなのクレジット 無残な実態

    吊られた男

  10. 10

    画面が割れたiPhoneの修理料金は

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。