記事

Facebookページ利用規約改訂!コンテストをFacebookページで開催可能に。

1/2
Facebookページの利用規約が改訂され、以下の要件が削除されることになりました。
i. Facebook上でのプロモーションは、Facebook.com上のアプリ内の、キャンバスページまたはFacebookページのアプリで運営する必要があります。

2013年8月28日現在、日本語版ではまだ規約が残っていますが、Facebookは「It’s now Easier to Administer Promotions on Facebook」にて、すでに規約を改定済みであることを発表しており、英語版の利用規約もアップデートされています。

新しいプロモーションガイドラインは、以下よりダウンロードできます。このガイドには、FAQに加え、運用のコツなども掲載されています。

Promotion Guidelines(英語、PDFファイルが開きます)

Facebookページのタイムラインでコンテンストが可能に!

Facebookページの利用規約の改訂により、Facebookページのタイムライン上でコンテストやくじを行うことができるようになりました。もちろん、これまで通りアプリを使ってコンテストやくじを行うこともできます。利用規約の改訂によって以下のことができるようになりました。

  • ・ユーザーがページに投稿する、投稿にコメントする、「いいね!」することでコンテストに応募できる
  • ・Facebookページの「メッセージ」機能を使って、コンテストの応募を受けつけることができる
  • ・「いいね!」をコンテストの投票機能として使うことができる

ただし、これはFacebookページでのみ可能で、個人のタイムラインでコンテストを開催することはできません

例えば、ユーザーのタイムラインにコンテスト参加用の写真をアップしてもらうというような使い方はできません。その理由としてFacebookは、ユーザーが公開範囲を限定したまま投稿してしまうと、ページが応募を確認できず、混乱が生じるためだとしています。

むやみなタグ付けは禁止

しかし、タグ付け機能は正しく使うことを求めています。つまり、関係のない写真にページ名をタグ付ける、あるいはユーザーに自分の名前をタグ付けさせるような使い方は禁止されています。

つまり、新製品の名前募集コンテストで、名前をFacebookで募集して優勝者にプレゼントをすることは問題ありませんが、新製品の写真にユーザーの名前をタグ付けさせることをコンテストに参加要件にすることはできません。

当選通知をFacebookの機能を使って行うことが可能に!

これまでは、Facebookの当選通知にあたって参加者の連絡はFacebookの機能を使って行うことが禁止されていましたが、この制限も削除されました。

よって、投稿でコンテストの結果を発表することもできますし、Facebookのメッセージを通じて優勝者から連絡をもらうこともできるようになっています。

※Facebookページ側から先にユーザーにメッセージを送信することはできません。先にユーザーからメッセージをもらえれば、返信の形でやりとりできます。

Facebookの不具合があったら・・・

コンテスト開催中にFacebookに不具合があって、ユーザーからの投稿が全部消えちゃった!

ということがあっても、Facebookは責任を負うことはありません。主催者はそのリスクも加味して運営しなければなりません。

利用規約には何が残っているのか?

以下は、2013年8月27日にアップデートされたFacebookページ利用規約です。

Facebookページ利用規約2013年8月版!

1.プロモーション(コンテストやくじなど)をFacebookを使って行う場合は、開催者がそのプロモーションの運営にあたって以下について法的な責任を負う。
a. 公式ルール
b. 規約や参加要件(年齢や地域制限)
c. 適切なルール、レギュレーションに従ってプロモーションを管理し全ての賞は提供されること(登録や承認を得ること)

2.Facebookのプロモーションは以下を含むこと。

a. Facebookの完全な責任免除。
b. プロモーションはFacebookが後援、支持、または運営するものではなく、Facebookとは関係がないことの表明。

3.プロモーションはページ上またはアプリを使って管理する。個人のタイムラインはプロモーションの管理に利用してはいけない(例:「参加するには、自分のタイムラインにシェアすること」「追加のエントリーをするには友達のタイムラインにシェア」は禁止)

4.Facebookはプロモーションの運営にあたっての支援は行いません。またプロモーションをFacebook上で行うにあたっては、主催者がリスクを負うことになります。


あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  2. 2

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  3. 3

    読売1面「首相3選望まず」の衝撃

    NEWSポストセブン

  4. 4

    安倍首相 広島長崎で手抜き挨拶

    NEWSポストセブン

  5. 5

    戦争を招くウーマン村本の価値観

    自由人

  6. 6

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  7. 7

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  8. 8

    高齢者が支配する老人ホーム日本

    ヒロ

  9. 9

    常識に縛られると思考は停止する

    ニャート

  10. 10

    「原爆の日」に感じた違和感

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。