記事

女性の社会進出 - 男子に求められる新しいスキル

『アジア人の男ってほんと最低。死ねばいいのに。』という論調を巷でよく聞く。これは日本の女性だけではなく、ニューヨークの女性からも同様の声を聞くので、どうやら世界的に認知された現象のようである。何がそんなに世の女性の評価を下げる原因になっているのかというと、それはどうやらアジア人男性の「デリカシーの欠如」や「思いやりのなさ」という言葉に集約できる。

[画像をブログで見る]

ある日のこと。私がニューヨークのカフェでお茶をしていると、目の前の信号のない道を、杖をついたお婆さんが超スローペースで横断しようとしていた。ビックリしたことに、それを見ていたガラス張りのカウンター席にいた白人の成年2人が、直ぐに店を飛び出してお婆さんのもとに走り、一人はお婆さんの手を取り、肩を優しく抱き、もう一人は道の真ん中で手を広げて、向かって来るイエローキャブに静止するように睨みを効かせていた。お婆さんは渡り終えると2人の頭を撫で、まるで孫に接するかのような抱擁で感謝の意を表した。

育った環境にもよるが、一般的にエリートと呼ばれるような欧米の白人たちには騎士道精神があり、老人や女性、子供に対しては絶対的に優しくあるべきという信条がある。時として、この信条は行き過ぎではないかと思うレベルにまで達している時もあり、例えばガッツリ稼いでいる女性とビジネスディナーへ行った時でも、割り勘する時は7:3くらいで男子が支払うのが(最低限の)常識となっていたりする。日本人の考え方だと、割り勘にしないと逆に失礼になってしまわないかと思うところだが、彼らにとってそれは、見栄や損得、合理性という概念を超えたところにあるようだ。

何故このような話をするのかというと、先日、都内の駅を歩いていた時、長い階段をベビーカーと一緒に降りようとしていた日本人女性に対して、たまたま近くを歩いていた白人のビジネスマン風の男性がすぐに駆け寄り、ベビーカーを持ち上げて下まで降りるのを手伝っている光景を目にしたからだ。「騎士道は海外でも、異国の女性でもやっぱり同じなのだな」と思ったと同時に、何一つアクションを取らなかった日本人ボーイズ達との違いをまざまざと見せつけられた瞬間でもあった。女性は日本語で「本当にありがとうございました」と何度も頭を下げてお礼を言うが、男性は軽く首を振りながら微笑んで、サッっとその場を去っていった。何とも清々しい光景である。

こうした人々と比べられると、アジア人男性は肩身が狭くなる。オフィスビルのエレベーターに乗ると、同じ階で降りる女性はエレベーターガールのように「開」ボタンを押し続けて男性を先に通す。電車では男性は優先席で寝たフリをし、ファーストフード店では横柄な態度で店員に接し「オレは客だぞ」オーラを出しまくる。共働きの世帯で男性は家事のほとんどをせず「オレは忙しい、家事は女がやるもの」オーラを放つ。子供のいる場所や路上で喫煙をし、道端に吸殻を捨てまくる。なるほど、アジア人男性の小物っぷりが世の女性から敬遠されるのも分からなくもない。

彼らがこのような価値観を持つ大人になってしまった要因は、間違いなく家庭や社会環境による刷り込みにあるだろう。現役のサラリーマン世代が子供であった時、多くの母親は専業主婦であったはずだ。母親は外で働いて稼ぎを得てくる夫のサポートに回ることがほとんどであり、それが子供の目に焼きついているのであろう。事実、その夫も子供の頃にそのような家庭で育っているはずであり、結局、先祖代々、女性は男性よりも社会的に前には出ないことが定着してしまったと言える。

ところが、経済が急激に深化した現代においては、女性の労働力は今や絶対的に必要なものへと変貌を遂げた。このようなダイナミズムに対して、社会システムや、男性の意識、そして女性自身の意識も、歴史的に染み込んだ固定観念から抜け出せないでいる。安倍内閣は役員の女性比率を3割以上とするよう上場企業に求めているが、現在、日本の組織で意思決定権を持っている男性陣の頭というのは完全に凝り固まってしまっており、とても発想の転換を行える人達ではない。

比較優位を作り出し、安穏としてメリットを享受していた者というのは、そのアドバンテージを決して手離そうとはしない。しかし、世の若い世代の男性にアドバイスするとすれば、世界的にこの流れは止まらないどころか、加速して行くということである。男性が男性であるというだけでアドバンテージがあると思っていたら、とんでもないシッペ返しを喰らうことになるだろう。出世をしたいなら、直接的な感謝と愛情表現のテクニックを身に付けなければならない時代が迫って来ている。これからのアジア人男性に求められる新たなスキルは、欧米流の騎士道精神かもしれない。

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏「印象操作」発言に苦言

    石破茂

  2. 2

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  3. 3

    蓮舫氏の二重国籍 問題は法務省

    SYNODOS

  4. 4

    内閣支持率 ネットでは依然51.7%

    キャリコネニュース

  5. 5

    京産大会見で更に深まる加計疑惑

    郷原信郎

  6. 6

    政権にダメージ与え続ける稲田氏

    文春オンライン

  7. 7

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  8. 8

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  9. 9

    世界で3番目に弱い北朝鮮の軍隊

    高英起

  10. 10

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。