記事

「奨学金」という名の学生ローン 1,000万円超す借金抱える若者も

「奨学金を給付制に」。現・元奨学生たちは血を吐くようなシュプレヒコールをあげた。=14日夕、新橋付近 写真:山田旬=

「奨学金を給付制に」。現・元奨学生たちは血を吐くようなシュプレヒコールをあげた。
=14日夕、新橋付近 写真:山田旬=

 「雇用情勢の悪化」「賃金の目減り」…長引く不況で我が子の学費を出す親の収入は少なくなる一方だ。当然、子ども(学生)はアルバイト収入や奨学金を頼りにせざるを得なくなる。

 日本学生支援機構の調べによると奨学金を受給している大学生の割合はうなぎのぼりで増える一方だ。1996年には21・2%だったのが2010年には50・7%となった。2人に1人以上が奨学金を受けていることになる。

 ところが日本の奨学金は、前途ある若者の学業を援助するためのお金ではない。前途ある若者に多大な借金を負わせる、とんでもない制度なのだ。

 景気のよい時代なら働いてなんとか返せた。ところが不況で就職難の時代にあっては、とてもじゃないが返せる金額ではない。1千万円を超える現・元奨学生もザラにいる。返せなければ金融機関のブラックリストにあがり、クレジットカードも作れなくなる。
   
 もう我慢できない。奨学生(現役の学生)と奨学金の返済に追われる社会人がきょう、「教育の機会均等」を訴えて文科省や財務省に向けてデモ行進した。(主催:全国学費奨学金問題対策委員会)

「日本の奨学金は借金だ」。制度の本質をついたプラカードが目についた。=写真:山田旬=

「日本の奨学金は借金だ」。制度の本質をついたプラカードが目についた。=写真:山田旬=

 関西から駆け付けたサイトー・ハヤトさん(大阪の私立大学4年生)は、奨学金の返済額が1千万円を超す。サイトーさんは小学校5年生の時、父親がギャンブルで900万円の借金をこしらえたまま失踪。高校も奨学金で通った。

 去年、返済が一時滞ったら大学から「除籍通知」が送られてきた。すぐに入金したため、かろうじて復学できた。「あ~この国には教育の機会均等はないんだな、と落胆した」。サイトーさんは当時を振り返った。

 就職はしたが、奨学金返済のため転職もままならない人もいる。Aさん(25歳・女性=都内)は、「勤めている飲食チェーン店がブラック企業だったが、奨学金の返済を抱えているので、簡単に辞められない」と嘆く。

 「これは奨学金ではなく学生ローンだ。いつまでも学生を苦しめるのは止めろ。私たちだって黙っていないぞ」。全国学費奨学金問題対策委員会の渡辺美樹代表(東洋大学4年生)は怒りの声をあげた。

 集会場の新橋・桜田公園を出発した途端、大粒の雨が降り出した。突然襲ってきた夕立は、彼らに降りかかってきた災厄のように思えた。「バイトなんてしたくない」「勉強させてくれ」……ずぶ濡れになりながらも奨学生たちはシュプレヒコールをあげた。

「スチューデント・ローンに正義を」。米国でも奨学金の返済額は莫大だ。借金を払いきれずにホームレスとなる元奨学生も珍しくない。=2011年、ウォールストリート・ズコッティ公園 写真:田中龍作=

「スチューデント・ローンに正義を」。米国でも奨学金の返済額は莫大だ。借金を払いきれずにホームレスとなる元奨学生も珍しくない。=2011年、ニューヨーク・ズコッティ公園 写真:田中龍作=

 ◇
日本の近未来を暗示しています。お時間があれば御高覧ください。

http://tanakaryusaku.jp/2011/11/0003174

【ウォール街占拠 取材後記~下】 ごく普通の人々が反乱 TPPが招く米国の“二の舞”

あわせて読みたい

「奨学金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    価格破壊QBハウス 値上げは責務

    自由人

  2. 2

    阿波踊り強行で踊り手自滅の恐れ

    AbemaTIMES

  3. 3

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  4. 4

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  5. 5

    経営能力ない大塚家具のシナリオ

    ヒロ

  6. 6

    阿波踊り強行 3者利害錯綜の結末

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

  9. 9

    前原氏「石破氏何をしたいのか」

    AbemaTIMES

  10. 10

    慰安婦問題めぐり元日本兵が証言

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。