記事

教育系スタートアップ「schoo」が1億5200万円を調達!

おはようございます!
昨日は教育系スタートアップにとっては見逃せないニュースがありました。それが、オンライン教育サービス「schoo」が、伊藤忠テクノロジーベンチャーズを始めとするVCから1億5000万円もの資金調達に成功したということ。

オンライン学習サービス「schoo」が伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、インキュベイトファンド、ANRIから1億5200万円を調達

schoo

schooは2012年1月の公開されたオンライン学習サービス。「世の中から卒業をなくす」というコンセプトの元、これまでに130以上の幅広い講座コンテンツを提供している。現在のユーザー数は4万人で、20代後半から30代前半のビジネスパーソンが中心だという。

今回の増資により、schooプラットフォームを外部の学校や団体などに提供する仕組みづくりを進めるそうで、必要とされるエンジニアやコンテンツディレクターなどの人材強化にあたるとしている。


実際にやっていることは違えど、同じ教育系のスタートアップとして、schoo代表の森さんとはよく飲みに行く仲だったりするのですが、もともと仲良くなったのは、私が昨年、schooのオンライン授業にて講師として登壇させていただいたことがきっかけでした。

schoo1

面白法人カヤック 代表取締役 柳澤大輔さんやサイバーエージェント 取締役 曽山哲人さん、更に「ハゲタカ」でお馴染みの小説家、真山仁先生など、錚々たるメンバーが講師として登壇している中・・・実はかなり前から”キャリアプロデューサー”としての私の存在を知ってくださっていたらしく、直接、授業出演のオファーを送ってくださったんですね!(感激!)

そんな中、私が担当させていただいた授業のテーマは「イマドキの大学生は何に悩んでいるか?」というもの。

大学生が抱える悩みや、就活だけに限らず、人生を通して
どのように自分のキャリアを作っていけば良いのか?そしてどんな視点で自身の将来に向き合っていく必要があるのか?ということをお話さていただきました。

当日は生放送で授業をしてその場でネット上から質問を受け付けたりするので見ている人との距離が非常に近い講義でした。どんな質問が来るのかな?と、ドキドキしながらお答えしましたがこの緊張感もschooならではのもの。

※ 生放送でお送りした講義は既に終了していますが、アーカイブでも視聴可能ですので、興味のある方は、ぜひぜひ観てみてください!(授業時間20分、公開質問20分)

今回の資金調達のニュースを受けて、沢山のブロガーたちがschooのことを取り上げていますがその中でも【THE STARTUP】というブログでは、私が登壇させていただいた授業についてもご紹介いただきました!

これまで「教育」はお金にならないと言われていたような風潮がありますが、少しずつオンライン系の教育サービスや、人材教育の重要性が注目され始めました。私自身も「教育ビジネス」を運営している立場として、こうした流れは本当に嬉しいもの!

schooは、一ユーザーとしても大好きなサービスでもあるので、これからも、世の中を変えるものになっていくことに期待!です。

またschooの授業に登壇させてもらえるように、しっかり修行を積んで頑張ろう。。。!(笑)

schoo2

 

資金調達を果たしたschooの今後の新たな展開にも、ぜひぜひ注目していきたいと思います!

 

As I Am.
Ray

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    イライラした人に居場所なき現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    薬使った性暴力 政府答弁に唖然

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

  4. 4

    プロゲーマー制度を賭博界が嘲笑

    木曽崇

  5. 5

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  6. 6

    松本人志 太川陽介の会見を賞賛

    女性自身

  7. 7

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  8. 8

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  9. 9

    舛添氏 社会の不寛容さに懸念

    舛添要一

  10. 10

    望月記者 菅長官に「腹が立つ」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。