記事

ターゲットが違えばここまで投稿が変わる!「モノを売る」Facebookページ3つの比較

1/2

Facebookページの運用の肝は、ターゲットに合わせた投稿を続けることができるかどうか。6月13日に開催された「Find us in Japan」では、ターゲットや販売方法が異なるB2CのFacebookページ3社によるパネルディスカッションが行われた。

今回は、このパネルディスカッションの内容を踏まえて、モノを売るFacebookページ3つがどのような取り組みをしているのかをまとめる。

FindusJapanパネルディスカッションの様子

今回、比較する3つのFacebookページは、以下の3つだ。

藤巻百貨店

元伊勢丹の名物バイヤーとして知られる藤巻幸大がプロデュースする、オンラインショップ「藤巻百貨店」の公式Facebookページ。株式会社ザッパラスがパートナーシップを組んで、運用をサポートしている。

Facebookページヘのいいね!は14万、Facebookからオンラインショップには月間100万アクセスほど誘導できているとのこと。

藤巻百貨店

タグボート  (Gallery Tagboat Inc.)

現代アートのオンライン販売、イベント運営を展開しているタグボートのFacebookページでは、海外、特に台湾に向けた情報発信に力を入れている。投稿は、中国語、日本語、英語を併記する形で投稿。翻訳は外注している。

Facebookページの開設は2010年だが、それから丸2年放置していた。2012年に運用担当者が高校時代の同窓会実行委員になり、Facebookを活用したところ733人の同窓生を集めることができた。この自分の実際の体験からFacebookの威力を実感し、Facebookページの運用にも本腰を入れることになる。

タグボート

プレンティーズ アイスクリーム

神奈川県茅ヶ崎市に10店舗を構えるプレンティーズ アイスクリームは、地域密着型のアイスクリームショップ。地元のファンをターゲットにFacebookページでメッセージを発信している。Facebookページの運営は実質的に一人で運営している。Facebookページ開設から約3ヶ月。

プレンティアイスクリーム

目的の違い

取り扱い商品、その価格、ターゲットとする顧客像も異なる3つのFacebookページの運用目的を比較してみよう。

ECサイトのリピート率を上げるために関係を作る

藤巻百貨店のFacebookページの目的は、一度購入してくれたお客さんとコンテンツを通して交流を続けることで、長期的な関係を築くこと。オンライン販売では、一度購入して終わるお客さんが多いので、リピーターを増やすことを目指したという。

FacebookページからのECサイトへの集客も月間100万アクセスほどできており、「粘着性」の高い関係を築きつつある。

今までのマーケティング手法と比較すると、FacebookはECサイトの世界観を伝えるのに適しており、きちんとコミュニケーションできると効果が高いと感じているという。一方で、コミュニケーションに失敗すれば、ブランドが崩れるほどのダメージも受けかねないと感じている。

海外マーケットを拡大するためのツール

タグボートは、現代アートの販売では国内トップ。しかし、それはマーケットが狭いからに過ぎないという。Facebookでは、ブランドイメージや現代アートを伝えるために運用し、海外マーケットを拡大することを目指している。

海外マーケットを意識したのは、「Tokyo Otaku Mode」の運営者との出会いがきっかけだ。

Tokyo Otaku Mode

Tokyo Otaku ModeのFacebookページでは、約98%が海外のユーザー。多い時には1つの投稿で3万「いいね!」がつくこともあるという話を聞いて、タグボートの担当者の心にも火がついた。

そこで海外向けに広告を出稿し、投稿も3ヶ国語対応するようになってから、ユーザーの反応が上がった。

地元のファンの来店動機を作る

プレンティーズアイスクリームでは、Facebookページで新商品の紹介や、百貨店などで開催するイベントの案内などを配信している。

Facebookページを始める以前は、チラシやクーポンを配布していた。従来の方法は作成して配布するまでにどうしても時間がかかるので、リアルタイムの配信が難しかった。その点Facebookページでは、今週、あるいは今日来店する動機を、地元の人達に伝えることができるところが魅力だという。

Facebookページを運用することで、間違いなく顧客の来店動機が増えたことを感じるという。実際、来店頻度が月1回だったお客さんが、Facebookページを見て月に2−3回来店するようになった。Facebookが回覧板のような身近な情報共有ツールとして使われていることを実感するそうだ。

あわせて読みたい

「広告・マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  2. 2

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  3. 3

    読売1面「首相3選望まず」の衝撃

    NEWSポストセブン

  4. 4

    安倍首相 広島長崎で手抜き挨拶

    NEWSポストセブン

  5. 5

    戦争を招くウーマン村本の価値観

    自由人

  6. 6

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  7. 7

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  8. 8

    高齢者が支配する老人ホーム日本

    ヒロ

  9. 9

    常識に縛られると思考は停止する

    ニャート

  10. 10

    「原爆の日」に感じた違和感

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。