記事

安倍総理への訂正と謝罪の要求

安倍総理と細野民主党幹事長の間でフェースブックでの応酬が注目されている。

安倍氏は、今回は反論だが、これまで一方的に批判する時にネットを使ってきた。その典型が福島原発事故から70日後の2011年5月20日の安倍氏のブログだ。安倍氏は、1号機に対する海水注入について次のように自らのブログで発信。「やっと始まった海水注入を止めたのは、なんと菅総理その人だったのです。菅総理は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべきです。」そしてこのことが6月2日の内閣不信任の理由にもされた。

しかし私は海水注水注入を止めたことはないし、実際止まってはいなかったことが判明。つまり、注水を停止させようとしたのは東電の武黒フェローで、吉田所長は海水注水は必要と武黒氏の指示を無視して注水を続けていたことが東電自身の調査や各種調査報告によって明らかになっている。

当時総理経験者の安倍氏が「嘘」の情報で総理の辞任まで求めたこのブログに対して、私は私自身のブログで何度か安倍氏に訂正と謝罪を求めたが今日まで何の反応もない。この私のブログに対して反論があるならばぜひ聞きたい。間違っていたと認めるのなら潔く訂正し、私に謝罪すべきだ。

安倍氏は自分に都合の悪いことは無視し、自分の言いたいことだけネット上で反論するというのでは政治家として失格だ。



■関連記事
安倍氏は潔く誤りを認め謝罪すべき - 6月19日
最高権力者のあり方 その3(細野豪志) - 6月17日

あわせて読みたい

「菅直人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    矢沢永吉 チケット電子化の理由

    BLOGOS編集部

  2. 2

    日本でIQOS伸び悩み 株価が暴落

    広瀬隆雄

  3. 3

    「女」を使わせるマスコミが悪い

    山本洋一

  4. 4

    美人記者で官僚を釣るTV局の手口

    NEWSポストセブン

  5. 5

    羽生 フィギュアの女帝と確執か

    NEWSポストセブン

  6. 6

    細野氏 希望解党は「私の責任」

    細野豪志

  7. 7

    スルガ銀行転落 頭取の行く末は

    文春オンライン

  8. 8

    福田次官vs産経 疑惑めぐる攻防

    文春オンライン

  9. 9

    テレ朝のセクハラ対応こそ問題

    猪野 亨

  10. 10

    高須院長 セクハラより拉致問題

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。