記事

脱法ハーブで、覚せい剤で、人身事故

ちょうど国会で、いわゆる悪質運転処罰法案の審議が開始される時期に合わせたかのように、薬物運転での人身事故が続いています。
名古屋では、脱法ハーブ運転で人身事故を起こした男性が、危険運転致傷で逮捕され、大阪では、覚せい剤使用者が危険運転で起訴されました。

<ニュースから>*****
●脱法ハーブ吸い対向車衝突、名古屋の会社員逮捕
脱法ハーブを吸って人身事故を起こしたとして、愛知県警は12日、名古屋市天白区・・・会社員M容疑者(33)を危険運転致傷容疑で逮捕した。
発表によると、M容疑者は先月27日午後8時10分頃、愛知県日進市赤池町の県道で、脱法ハーブを吸って乗用車を運転。対向車線にはみ出して同県東郷町の無職女性(29)の乗用車と衝突し、女性と後部座席にいた女性の長男(2)に軽傷を負わせた疑い。調べに対し「事故は起こしたが、事故前にハーブは吸っていない」と供述しているという。
県警はM容疑者の乗用車内から脱法ハーブを押収しており、入手経路などを調べている。
YOMIURI ONLINE (読売新聞) 2013年6月12日13時14分
●覚醒剤使用容疑 カップルを逮捕 大阪・東淀川署
ホテルで覚醒剤を使用したとして、東淀川署は14日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、住所不定、無職、K被告(46)=危険運転致傷罪で起訴=と、交際相手の大阪市東淀川区・・・無職、T容疑者(30)を逮捕したと発表した。
同署によると、K容疑者は4月30日、同区内で赤信号を無視して乗用車と衝突する事故を起こし、運転していた男性(49)にけがをさせたとして逮捕。同乗していたT容疑者とともに尿検査を行ったところ、覚醒剤が検出された。2人は「事故の前日にホテルで使った」と容疑を認めているという。
MSN産経ニュース(産経新聞)2013.6.15 02:40
*****

●国会ではいわゆる悪質運転処罰法案が審議入り


今月12日、悪質運転で死傷事故を起こした運転者を処罰する規定を盛り込んだ新法案「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律案」が、政府により閣議決定されたというニュースがありました。今国会に提出し、早期成立を目指すということですが、会期末が近づくなかで、成立するかどうかは微妙です。
この法案は、一方通行の逆走や無免許運転など「悪質」と非難される自動車運転による死傷事故が相次いだことから、法制審議会で審議され、今年春に答申案がまとまったものです。

新しく制定される法律は、これまで刑法のなかに置かれていた、■危険運転致死傷罪、■自動車運転過失致死傷罪を新法に移し、死傷事故を起こした場合、運転の悪質度合いに応じた処罰がなされるよう体系化したものです。

新法では、アルコール・薬物運転に関しては、アルコール・薬物により「正常な運転が困難な状態で」走行して死傷事故を起こした場合に適用される危険運転致死傷罪(従来通り)に加えて、「走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で」運転して死傷事故を起こした場合は、15年以下の懲役に処すると定め、またアルコールや薬物の影響を隠すために現場から逃走などした場合の処罰も定めています。

画像
↑法制審議会・自動車運転に係る死傷事犯関係部会
第1回(2012年10月2日)配布資料4より転載


アルコール・薬物運転は、危険運転致死傷罪事件の大半を占めてきました。もっとも、そのほとんどはアルコール運転によるもので、薬物運転の適用件数は限られていますが、最近では脱法ハーブの影響下で運転して死傷事故を起こす例が相次いでいます。
運転者の行為が「悪質」と非難されるケースでも、これまで、危険運転致死傷罪の適用はハードルが高いといわれてきましたが、新法が施行されるとなると、適用の幅が広がることになるでしょう。そもそも新法は、現行の危険運転致死傷罪には当てはまらないが、単に自動車運転過失致死傷罪で処分するのでは十分ではない、というケースに対して、より厳しい処罰を求める世論に応えて検討が開始されたものです。

脱法ハーブや覚せい剤など薬物乱用に対して、社会の非難が強くなるなかで、薬物運転で人身事故をおこしてしまった運転者に対して、より幅広く、厳格な処罰を求める方向に社会は動こうとしています。

あわせて読みたい

「交通事故」の記事一覧へ

トピックス

記事ランキング

  1. 1

    準ミス日本の偏差値93.7はどの位すごいのか

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    外国人観光客に人気の都道府県トップ10

    アクトゼロ ブロガーズ

  3. 3

    田原氏"成長前提の社会システム見直しを"

    田原総一朗

  4. 4

    新聞が報じない外国人留学生の違法新聞配達

    新潮社フォーサイト

  5. 5

    若者の住宅問題は社会における"時限爆弾"

    ビッグイシュー・オンライン

  6. 6

    スカイマークの息の根を止めた国交省の方針

    ヒロ

  7. 7

    「中国化」の波、香港で始まる"恐怖政治"

    月刊誌『Voice』

  8. 8

    IS人質事件に対する的外れな"識者"の論調

    野口雅昭

  9. 9

    職員が多すぎて非効率な日本の働き方

    ヒロ

  10. 10

    韓国 貧困層の増加で福祉費用が増大

    新華ニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。