記事
  • 新恭

予算案賛成の小沢氏に関する朝日の奇妙な記事

1/2
政治記事というのは奇怪なもので、記者の憶測や解釈、あるいは当事者以外の政治家から漏れ聞いた話が、事実のように語られる。

たとえば、今日の朝日新聞、蔵前勝久記者の署名記事。小沢一郎氏が新年度予算案に賛成票を投じたことについて。

「予算案に賛成したのは、首相が簡単には退陣しないことを見越し、しばらくは党に足場をとどめて来るべき政局に備えるためだ。」

どこか、この文章自体に、違和感をおぼえないだろうか。小沢氏が予算案に賛成した意図を書いているのだが、どうしてそんなことが小沢氏の広報官でもない蔵前記者に分かるのか。

小沢氏がそう言ったという書き方でもなければ、蔵前記者がそう推測するという書き方でもない。

いわば主体のない文章。言霊が人間から幽体離脱して誰のものか分からなくなったようで、われわれ読み手の視点が定まりにくいのである。

この手の文章は、少なくとも二つの主体(人間)が入り混じり、誰がどの位置から見ているのか、視点がぼやけ、誤ったイメージやメッセージを送るもととなる。具体的に検証してみよう。

二つの主体とは小沢氏と蔵前記者のことである。いや、正確に言えば、蔵前記者と、蔵前記者の遠近法で描く小沢氏が、文章のなかで交錯しているといえる。

すなわち、小沢氏が行動や意思の主体と感じられるこの文脈の中に、実は小沢氏本人は存在していないのである。

分かりやすくするために、この記事を別の文章に書き直すとすれば、こんな感じになるだろう。

まず、蔵前記者の見方を書く場合。

「小沢氏が予算案に賛成したのは、首相が簡単には退陣しないことを見越し、しばらくは党に足場をとどめて来るべき政局に備えようと考えたためではないかと、(筆者=蔵前記者は)思う」

次に、他の政治家、あるいは官僚や秘書の見方を書く場合。

「○○によると、小沢氏は、首相が簡単には退陣しないことを見越し、しばらくは党に足場をとどめて来るべき政局に備えるため、予算案に賛成したらしい」

もうひとつのケース、すなわち小沢氏が予算案賛成の意図を蔵前記者に語ったのなら、素直に小沢氏がそう言ったと書けばいいだけのことで、この記事から見る限り、小沢氏に直接、取材したとは考えられない。

そこで、蔵前記者の記事をあらためて見てみよう。

「予算案に賛成したのは、首相が簡単には退陣しないことを見越し、しばらくは党に足場をとどめて来るべき政局に備えるためだ。」

小沢氏が言ったのでもなく、蔵前記者の主観なのか、他の誰かの見方なのかもはっきりしない、まるで神のお告げのような一文である。

そして蔵前記者はこの文章に続けて次のように書く。

「1日夕には党常任委員会が終わった後に党員資格停止処分への不服申し立てを提出。処分への反論をÅ4の紙8枚に書き連ねた。」

小沢氏が予算案に賛成したことを、さも重大な意味があるかのごとく取り上げたわりには、そのことを掘り下げもせず、党員資格停止処分に不服だという話にあっさり移っていく。

トピックス

ランキング

  1. 1

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  2. 2

    蓮舫代表「私の国籍は日本のみ」

    PRESIDENT Online

  3. 3

    室井佑月 新聞は支持政党表明を

    キャリコネニュース

  4. 4

    日本企業復権へ「40代定年制」を

    WEDGE Infinity

  5. 5

    注文を"忘れる"店 大反響の裏側

    フォーブス ジャパン

  6. 6

    不祥事続き崩壊に向かう安倍内閣

    大西宏

  7. 7

    SMAP独立組が狙う"ネットと中国"

    渡邉裕二

  8. 8

    結婚後に1番重要なのは衛生観念?

    キャリコネニュース

  9. 9

    狙われる50代60代小金持ちオヤジ

    山本直人

  10. 10

    北朝鮮が米との交渉で痛恨のミス

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。