記事
  • LM-7

オランウータンだってデジタルネイティブです

iPadを利用するのは人間だけではない。米NGO、Orangutan Outreachは世界各地の動物園のオランウータンにiPadを使わせる実験、Apps for Apesを1年ほど前から推進しており話題となっている(Now on the iPad: Apps for Orangutans, Orangutans With iPads)。



Orangutan OutreachはRichard Zimmerman氏によって6年前に開設されたNGOで、野生のオランウータンを保護することをその活動目的としている。Orangutan Outreachは、1年前からiPadをオランウータンに使わせる興味深い実験を始めた。その目的は次のとおりだ。

  • iPadを使わせることで、オランウータンの生活に刺激を与え、彼らを満足させること。
  • 動物園の来訪者に野生のオランウータンの保護の必要性を訴えること。
  • Orangutan Outreachの保護活動をプロモーションすること。

タッチスクリーンを有するiPadは動物でも利用できるUIを備えており、ちょっとした手助けをすることで、オランウータンは音楽を聴いたり、絵を描いたり、ゲームをしたりするなどのアプリケーションを利用できる。以下の写真は公式ページからの引用だ。オランウータンが興味津々でiPadに触れていることがよく分かる。他にも多くの写真、ビデオが公開されているので興味のある方はアクセスしてみると良いだろう。






特に他のオランウータンの写真やビデオを見せると、画面を熱心に眺めたり、指で触ったりするようだ。Apps for Apesに参加するトロント動物園では、Skypeを使ったビデオチャットも試しているとのことで、彼らは、オランウータンが他の個体や人間とビデオチャットで意思疎通ができる日が来ることを夢見ている。


Zimmerman氏によればオランウータンのiPadへの接し方にはどこか人間臭いところがあるという。人間と同様、若いオランウータンは非常に好奇心旺盛ですぐに飛びつく。メスはとても習熟が早く、大きなオスの中には怖がりはしないものの、興味深そうにちょっと離れて観察するものも居るという。

オランウータンたちは他の個体がiPadを使っていることに気づくと、自分もそれを使いたくて仕方がない。彼らはiPadを使う様子を眺める飼育員の関心を同じように得たいのだ。飼育員が赤ん坊連れの母親にiPadを使わせていた時には、赤ん坊が自分も使いたいと飛び込んでくるし、メスのオランウータンがiPadを利用していると、興味を引いていることに嫉妬したオスがiPadを使わせろと走りこんでくる。おそらく幼稚園にiPadを導入してもほとんど同じ事が起こるだろう。

この実験はオランウータンの行動にも与えており、例えば怖がりで人に近づこうとしなかったオランウータンにiPadを与えた所、最初は何もしようとしなかったが、他のオランウータンが飼育員とiPadで遊んでいるのを後ろから眺めるうちにだんだん近づいてきて、最終的には人に近づくことを恐れなく、積極的にiPadで遊ぶようになった例もあるという。他にも、オランウータンたちが人々が写真を取ろうと向けるスマートフォンや携帯電話に慣れるという効果が確認できたそうだ。

もっとも彼らがどれだけアプリの内容を理解して利用しているのか判断するには時期尚早だ。彼らがiPadを認識しているのは確からしいが、写真やSkypeビデオの中のオランウータンの個体を識別しているのか、絵を描いたり演奏したりと言う事をどのように理解しているのかは、まだ良くわかっていない。

現在Apps for Apesは米国やカナダ、メキシコなどの18の動物園が参加しており、世界中に広がりつつある。日本でもApps for Apesには参加していないが、オランウータン研究者である京大野生動物研究センターの久世濃子氏が東山動物園でオランウータンにiPadのお絵かきアプリを使わせる研究を始めたそうだ。

久世さんは「オランウータンとチンパンジーは鏡に映った自分や他の個体を認識できる」と説明。今後、スカイプを使い、離れた場所にいる個体に自分が見られていることを意識しながらオランウータンがどう行動するかについても実験したい考えだ。

こういう実験を見ると、iPadなどのスマートデバイスを使うことは別に人間に特有の行動ではないという事がよく分かる。自分の息子/娘がスマートフォンを使いこなす様を見て、デジタルネイティブの天才ではないかと驚くことはよくあることだ(例:新世代ェ・・・デジタルネイティブの恐るべき生態)。子供自慢を聞く方にとっても基本的には微笑ましい話なのだが、度を超すようだったら一言告げてもいいかもしれない。

「すごいね、最近はオランウータンもそれぐらいやるらしいよ」


参考文献

デジタルネイティブと称される物心ついた時からデジタルで育った最初の世代の特性、可能性に関して論じた本では、デジタルネイティブが世界を変えるがたいへん良くまとまっている。若者論を論じる上でも土台とすべき基礎的なデータがまとめられており、デジタルネイティブというぼんやりとした印象に確かな外観を与えてくれる。やや楽観的すぎるきらいはあるが、面白い本であることは確か。

デジタルネイティブが世界を変える
デジタルネイティブが世界を変える
ドン・タプスコット,栗原 潔

翔泳社
売り上げランキング : 173305

Amazonで詳しく見る

あわせて読みたい

「iPad」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  4. 4

    客に痴漢コンビニオーナー解雇劇

    WEDGE Infinity

  5. 5

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  6. 6

    中国人マナーが外交問題に発展

    NEWSポストセブン

  7. 7

    貴乃花のコミュ力では今後が不安

    大西宏

  8. 8

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  9. 9

    木村拓哉 ジャニー氏の激怒語る

    SmartFLASH

  10. 10

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。