記事

YouTube、月額課金制のチャンネルを開設できる新サービスを米国でスタート

YouTubeは5月9日(米国時間)、月額課金制でチャンネルを開設できる新サービスをパイロットプログラムとしてスタートした。これはチャンネルを購読(サブスクリプション)するユーザーから課金できるもので。最低料金は月額99セントから設定可能だ。
すべてのチャンネルに14日間の無料トライアル期間がつけられ、少し割安になる年間契約も用意される。

henson

有料チャンネルはすでに53チャンネルが開始されており、下記でリストが確認できる。

YouTube 有料チャンネル一覧

日本から視聴できないチャンネルもあるが、半数以上は日本からも購読できるようだ。
例えば、格闘技のチャンネル UFC や、ゴルフのチャンネルPGA Digital Golf Academy、フィットネスチャンネル iAmplify Fitnessなどがある。
ほかにもコメディ、エンタメ、報道など幅広いジャンルのチャンネルが用意されている。現在は200円から700円程度のチャンネルが多い。

早速試しに購読してみたが、Google Walletが利用可能で、簡単に2クリック程度で手続きは完了する。

21

購読は毎月自動更新される形となっており、解約するまで購読は続けられる。ただしいつでも解約は可能だ。
有料チャンネルが簡単に提供できるチャンネルが用意されたことは、幅広い動画コンテンツをネット上に流入させることに成功するのではないだろうか。日本からもたくさんのチャンネルが開設されることを期待したい。

有料チャンネルを開設したい場合はこちらから申請が必要。(英語のみ)

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    AV男優が持つセックスへの価値観

    幻冬舎plus

  2. 2

    妄想ばかりの韓国は日本のリスク

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    ダイヤモンド誌の記事に重大疑惑

    PRESIDENT Online

  4. 4

    森友学園に起きた「すごい偶然」

    八木啓代

  5. 5

    消防団への寛容さは主張すべきか

    赤木智弘

  6. 6

    ヲタ専か一般化かニコ動の難しさ

    田野幸伸

  7. 7

    iPhone7のセールスに異変 酷評も

    NewSphere

  8. 8

    北への武力攻撃は"今しかない"?

    小林よしのり

  9. 9

    北朝鮮の「暴挙」に隠された狙い

    吉川たける

  10. 10

    宗男氏の娘が語る「父と世襲」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。