記事

稼ぐ農業のモデル:オランダ!

とにかく条件が不利なのに、農業で成果を出している国がある。農業貿易で最も稼いでいる、世界で最強の農業国ってどこのイメージだろうか?それはオランダである。

オランダが、国際的に農業で稼ぐ上で、不利な条件を揚げてみよう。まず国土面積の狭さ。国土面積は日本の50分の1しかない。平坦な土地が多いが、それでも耕地面積は日本の4分の1。農業者の総人口に対する比率では、2・5%と同規模だが、農業人口は日本の305万人に対して、オランダは43万人と日本の7分の1以下の規模。低温で日照時間も恵まれない。日本の近くに例えればサハリン北部に相当する厳しい気候だ。またパートタイム労働者の時給が2000円近く、人件費も高い。

それでいて、強い農業を形作っている。農業輸出は680億ドルでアメリカに次ぐ規模だ。これは日本の30倍に相当する。日本の農業貿易は440億ドルの赤字だが、オランダは世界最高の250億ドルの黒字。小さくても世界で稼げる農業を実践している。日本の7分の1以下の農業人口で、日本の2・5倍のばれいしょ、1・3倍の甜菜、3・5倍のマッシュルーム、1・2倍の豚肉、1・3倍の牛乳、を生産している。牛肉生産量も日本の8割以上である。

一言でいえば、自給率を捨てて、高付加価値なものに特化しているのだ。小麦1トン作っても売値は340ドル。トマトなら1200ドル。チーズなら5600ドルと何倍も稼げる。稼ぐ農家を実践することによって、農業を強くしている。食糧自給率を上げるためにはトン当たり利益の少ない飼料や穀物を作らねばならない。それらでは利幅は薄く農家は儲からない。オランダはチーズや肉やトマトやパプリカやマッシュルームそしてイチゴにという単位面積当たり利幅が高く、農家が潤う品目に特化した。結果的に、自給率は14%まで落ちたが付加価値ベースでは世界最高水準の農業を実践した。

肥料・飼料・農薬・農業機械の向上で、世界の食糧生産は世界の人口の増加率を超えて急増している。窒素肥料の登場でコメや穀物の単位あたりしゅうりょうは5倍になった。世界人口が過去倍増した期間で牛肉の生産量は4倍になっている。日本の食糧輸入大元は、アメリカ、カナダ、オーストラリアという先進民主主義工業国で食糧生産大国だ。これらの国と国交上の問題を起こして輸出規制を受けるなんてことは想像しにくい。

もし仮にどこかひとつの国と問題があったとしても、他の国が喜んで輸出してくれるだろう。これはビジネスなのだ。これらの点を考えると食糧危機を心配するのは杞憂かではなかろうか。オランダのごとく、仮に自給率が下がっても稼げる品種に特化するのも一つの策ではなかろうか?

日本農業の最大の課題は、自給率よりも、一つひとつの農家を稼げるようにすることだと思う。でないと今後担い手がいなくなり、TPPやろうがやるまいが、やがて外国からもっと輸入せざるを得なくなるのではなかろうか。

そんなに簡単に儲かる品種を作れるわけがないとの反論もあるだろう。しかし、今の全国区の稼げる品種ももともと確たる勝算があったわけでもない。また恵まれている地域だけが成功しているのではない。もともと新潟のコメは日本一まずく「鳥も食べない”鳥またぎコメ”」だった。そこで新潟は、味にこだわり勝負に出て、稲がたおれやすくて人気無かったコシヒカリ導入し、その評価を一気に逆転。日本一美味い米を作る名産地となった。

レタス長者だらけの、日本一の長野の高原レタスも、もともと気温が低く、それまで冷害という被害ばかりが有名だった土地だ。朝鮮戦争時の米兵への供給を、転機に、レタスが作られ始めた。高温に弱いレタスが、夏でも見事にできることで、名産地となった。

オランダは効率的な施設園芸で、ハンディを克服し、世界一強い農業を実現している。なんといっても、“選択と集中”に特化している。施設野菜では、トマト、パプリカ、きゅうり、いちごで、栽培面積のほぼ3/4を占める。これらの4品目に、集中的に投資。国を挙げて品種に取り組み、それを実践する施設設備を導入する。そしてネットを活用して、世界各地の需要(トマトやパプリカの色、大きさ、甘さ等)を徹底的にリサーチする。そして、一番高く売れるタイミングを予想し、それに合わせた生産体制をしく。労務管理も徹底し、高価なパートタイム労働者を無駄使いしない。収穫や栽培にもロボットを大幅に導入し、人件費削減を図る。流通や施設園芸のエネルギーについても研究開発を怠らない。カラフルで可愛らしいパッケージで消費者を引き付け、代替エネルギーや使用エネルギーの再利用も農業に導入し、施設園芸の的であるエネルギーコストも大幅に下げている。これら生産される作物のほぼ80%が輸出となり、世界中で稼いでくる。

日本だと鳥取産、宮崎産とか地域でコメや野菜や肉をブランド化して競う。これは長く国内競争だけを想定してきたからだろう。オランダでもアメリカでも、ポテト、トマト、ビーフ、マッシュルームと作物別に連合して競う。”アメリカンポテト””オランダチーズ”を買ってと!という感じだ。オールアメリカ、オールオランダで、作物別に連携して世界に大攻勢をかけるので、資金力も政治力も桁違い。だから国外でパワー違う。

稼げる品目に特化して、バイオ技術使った品種改良から施設園芸、代替エネルギー、省エネ、ロボット、インターネットまで総動員した農業なら日本こそが得意とするところではなかろうか?生産予測から市場ニーズ調査、魅力的パッケージング開発までマーケティングも注入すれば農業は大きく変わると思う。あらゆる産業の力を、オールジャパンで導入し、日本の農業をさらに稼げる事業に変えて行ってはいかがだろうか?

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏との討論拒否する安倍首相

    猪野 亨

  2. 2

    迷走続ける立民 最低の支持率に

    WEB第三文明

  3. 3

    政治には期待薄な満員電車の解消

    LM-7

  4. 4

    若者の性交離れ 女子に顕著傾向

    NEWSポストセブン

  5. 5

    人体標本が物議 遺体はどこから?

    木村正人

  6. 6

    税金垂れ流しJR北海道は合併せよ

    中田宏

  7. 7

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  8. 8

    夏時間の推進派を沈黙させる一文

    早川忠孝

  9. 9

    左翼に理解も 若き愛国者の訴え

    AbemaTIMES

  10. 10

    よしのり氏 2歳児発見の男性凄い

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。