記事

就活生への心のケア - 社会はもっと支えてあげるべき

「どういうキャリアで今に至るのか?」といった質問を大学生から頂くことがよくあるが、残念ながら私は回答者として相応しくはないので、何と答えたらよいのか毎回迷ってしまう。

私が彼らの歳の頃は、海外で夢の実現と明日の食い扶持を稼ぐことばかり考えていて、自分がサラリーマンになれるなんて思ってもいなかったし、ましてや機関投資家という職業があることすら知らなかった。つまり、逆の意味で住む世界が違った訳で、彼らがその頃の私に会っていたら、相手になどしてくれなかったはずである。

就活セミナーに並ぶ学生

私から見た学生の印象というのは、「金融業界に進みたがるエリートたち - 自分探しの終着点」でも述べたが、何というか「自分の内側にいろいろと溜め込み過ぎ」ていて、片付けられない人の部屋のように、不要なプライドや感慨が多くて、新しい作業をするスペースが限られているように見える。

就活に失敗しただけで人生が終わったかのように落ち込む学生が多く社会問題となっているが、日本の学生は社会が用意したレールの上に乗って来ただけなので、大人が思っている以上に彼らの価値観は狭く、若い割りには発想が凝り固まっているということを改めて認識した方がいいかも知れない。

ことに純日本製の人材は、精神的な巣立ちが遅く、己の自由と責任で人生を歩んでいくような覚悟を持てずに、3年生になったら皆がしているので、取り敢えず就活をしているという学生がほとんどであるだろう。私のように世間体も気にせず海外をプラプラするようなタイプは例外中の例外だ。

とは言え、「今の学生は」とか言うつもりはまったくなく、この問題が近年になって再びクローズアップされるのは、不景気によって企業が採用を絞っているからであって、学生の内的な質というのは、日本の社会システムが変わっていないのだから、実は昔から大きくは変わっていないのではないかと思う。

企業は将来稼いでくれる人材を少ない情報から目利きしなければならず、合否の差は「何となくフィーリングが合いそう」程度のものであろう。答えのあるテストで選別されて来た学生から見ると、極めて理不尽で曖昧な選考基準であるが、落ちた本人たちはまるで自分が否定されているように感じて落ち込んでしまう。

家庭や教育の現場で学生たちにしてあげられることは、就活などその程度のものであると教えてあげることかも知れない。クローズドな環境で育ってきた若者が、社会という広野に突然放り出されるわけだから、狼狽してしまうのは当然のことだ。

自由競争の広野では、歴戦の猛者との競争に晒される訳で、突然自分が最下級戦士に落ちてしまったような無力感に襲われる。ただ、その猛者たちも、数えきれない挫折や敗北を味わい、それでも試行錯誤して生き延びてきたわけであって、お城を出た直後から勝ち続ける人などまずいないことを強調しておく必要があるだろう。

大人からすると、「そんなの当たり前じゃないか」とか「敢えて教えずに自身で気付かせるのが優しさ」という意見もあるだろう。しかし繰り返しになるが、景気という前提条件が昔と違うため、最初から味わう挫折も深くなっていることは考慮してあげてもよいだろう。未来ある若者に立ち直れないほどのダメージを与えて再起不能にしてしまうのは、誰も望んではいないはずだ。

日本社会は若い世代に対するケアが、後回しになる傾向がある。就活はその不公平さを切実に味わう大きな山の一つであり、そのような社会にしてしまった大人たちは、せめて心のケアやアドバイスを手厚くし、次の世代の戦力を育てて行く発想が必要であるだろう。

私であれば、「広野には豪腕の戦士や、悪知恵のはたらく魔法使いなど、今の自分では太刀打ち出来ない相手がたくさんいる。それでも素晴らしいことに、敗者復活戦には無制限に挑戦できる。自分が腕を磨いて挑戦し続ければ、突破できない壁などない」ということを学生に伝えたいと思う。

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  2. 2

    都民ファが都議賞与UP阻止に反対

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  3. 3

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

  4. 4

    元力士が語る「八百長」の現場

    SmartFLASH

  5. 5

    日本では皆が狙える年収1000万円

    永江一石

  6. 6

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  7. 7

    聴取拒否する貴乃花の行動は異様

    鈴木宗男

  8. 8

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  9. 9

    藤吉久美子 50代ドラマPと不倫か

    文春オンライン

  10. 10

    宮司殺傷 遺書を2300箇所に送付

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。