記事

もはやアメリカを民主主義国と呼ぶことは出来ない

まず、ボストンマラソンのテロで犠牲になった方々にお悔やみを申し上げたいと思います。
このテロはアメリカを震撼とさせました。
しかし私はテロ以上に、この事件に臨むアメリカの姿に震撼とせざるをえません。

SWAT「やったぞ」、住民からは歓声…米テロ
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130420-OYT1T00634.htm

 【ウォータータウン(マサチューセッツ州)=足立大、山口香子】19日午後8時50分(日本時間20日午前9時50分)、ヘルメットに分厚い防弾チョッキで身を固めた特別機動隊(SWAT)の隊員約10人が通りに姿を見せ、その中の1人が、「やったぞ」と親指を突き上げて、ジョハル容疑者を拘束したというサインを送った。

 その瞬間、集まった住民から「よくやった」「ありがとう」と拍手と歓声がわき上がり、警察官も握手を交わし合った。

 現場はボストン郊外のウォータータウン地区にある高級住宅街の一角。昼間は膠着こうちゃく状態が続いていたが、午後7時頃、複数の銃声が静寂を破った。ジョハル容疑者が身を潜めた通りの入り口には多くの住民や報道陣が集まり、総勢約300人に膨れ上がった。

 「パン、パン」という銃声を7発聞いて身が震えたという近所のキャサリン・ヤンさんは、「犯人が捕まって一安心だが、なぜ19歳の少年がこんな事件を起こしたのか、理由が説明されないと心の底から安心できない」と話した



射殺された26歳の兄と重傷を負って逮捕された19歳の弟がまるで犯人確定であるかのような扱いですが、報道を読む限り、事件と二人を直接結びつけるものは見あたりません。(報道記事を[続きをよむ]に入れておきます)
報道されているのは、せいぜい兄が5年ほど前からイスラム教に傾倒していた事ぐらいです。過激派グループと接触していたとも報道されていません。母親は無実を主張しています。
イスラム過激派による犯行と断定できていないのに、これでは情況証拠とすら言えないでしょう。
イスラム教徒なら単に疑わしいとしか言えない段階でテロリストと断定され、射殺されても構わないというのでしょうか

報道を全てうのみにするわけではありませんが、真犯人である確たる証拠のない容疑者の段階での射殺だったことは間違いないでしょう。それを、射殺した警官は親指を突き上げ住民から歓声がわきあがるなんて、異様な光景です。
これかイスラムに対するヘイトでなくてなんなのでしょうか。

アメリカはテロリストならば正式な裁判にかけずに直ちに射殺することを大統領自ら讃える国です。
ビンラディン氏の射殺をオバマ大統領が讃えたときは耳を疑いました。近代民主主義国ではあってはならぬ、常軌を逸したことです。
こんなことをしていたらますますイスラムからの反感は高まり、更なるテロを招くだけだと何故わからないのでしょうか。

米連邦捜査当局は、逮捕された容疑者にミランダ警告を行わないことを決めました。
これは実質、黙秘権や弁護人選任権を認めないというのに等しいと思います。
これには絶句しました。
イスラムはテロリストと疑われても仕方がない、そしてテロリストと疑われたら射殺されても仕方がないし、黙秘権も認めない。
911から「テロとの戦い」と言えば何でも有り、全体主義国家みたいな色彩が強まったと感じてきましたが、ここまでとは。

また、アメリカは 死刑のない地元マサチューセッツ州の法ではなく死刑のある連邦法を適用することにしました。つまり裁判ではほぼ死刑しか出さないであろうに、黙秘権の実質的な保障をしない、ということなのでしょう。
適正手続きを厳守して被疑者被告人の人権保障を貫徹することは、重大事件でこそ厳しく求められなければならないというのに。

これではどんな取り調べが行われるのか目に見えるようです。
被疑者は19歳。のどを打ち抜かれて声が出ない。
グアンタナモが国内で再現されるのか・・と言ったら大袈裟でしょうか

マイミクさんが
『反体制派のアメリカ人映画監督として有名なオリバー・ストーンとマイケル・ムーアが同じことを言っている。「アメリカの攻撃性の根底にあるのは恐怖である」。自分が生み出した暴力の起源によって、さらなる暴力を生んできた結果の恐怖』
と指摘していたのですが、今アメリカが面しているテロの危機とそれへの恐怖は他でもない、アメリカ自身が生み出した壮大なブーメランです。
「テロとの戦い」の名の下に法も人権保障も無視した攻撃が正当化され、「やられたらやり返せ」が暴走していく。
アメリカのこういう態度がますますテロを誘発し、自国の安全だけでなく、アメリカご自慢の自由も民主主義も危うくしていることが、何故わからないのでしょうか

ノルウェーでもテロが起きましたが、
テロに対抗するために連帯を強め、 民主主義を確固なものにしていかなくてはならない。
テロ犯罪に対抗するには共に手をとることで応えるべきであって、憎しみで応えてはならない。
これがノルウェーの出した答えでした。

一方アメリカは「テロとの闘い」を強調し、テロをイスラム過激派のものと決めつけ、法も人権保障も民主主義も投げ捨て、怪しいとにらんだ容疑者は射殺し、市民はそれに喝采する。

本当にテロに立ち向かえるのは、一体どちらなのでしょうか

あわせて読みたい

「ボストンマラソン爆発事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏"日米は韓国の声聴くべき"

    橋下徹

  2. 2

    無意味に足掻く籠池氏と民進党

    和田政宗

  3. 3

    元モー娘。小川麻琴が大学講師に

    メディアゴン

  4. 4

    拷問部隊の逆襲で北に粛清の嵐か

    高英起

  5. 5

    進次郎氏のこども保険で党に波紋

    週刊金曜日編集部

  6. 6

    メルカリで卒アルを売買する理由

    キャリコネニュース

  7. 7

    石破氏「マスコミの見識に期待」

    石破茂

  8. 8

    日本電産の会長が億単位で寄付

    中田宏

  9. 9

    中国人金持ちマダムの旅行に密着

    文春オンライン

  10. 10

    トランプ氏 米韓FTAに「ひどい」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。