記事

「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」

1/4
加藤陽子著「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」朝日出版社、2010年。



けっこう売れてる本らしい。タイトルのつけ方がうまいせいもあるだろうが、やはり内容ということだろう。

「もはや戦後ではない」という有名な一文が書かれたのは1956年の経済白書だった。その前年である1955年に、1人当りの実質GNPが戦前の水準を超えたことを指してのもので、つまりここでいう「戦後」とは、戦争によるダメージから抜け切れていない時代、ぐらいの意味合いなんだろう。

今日、「戦後」ということばはもう少し広い意味で使われている。文字通り「戦争の後」の時代、だから今も戦後にはちがいないわけだ。もし、その意味合いで「もはや戦後ではない」ということばを使うとすると、その意味は自ずと「戦争の前」もしくは「戦争の最中」ということになる。

こんなことを書いているのは、「もはや戦後ではない」が後者の意味で使われている例を、何度も見かけたことがあるからだ。典型的には、戦後日本に根付いた平和憲法の精神が今危うい、右傾化の波が押し寄せている、軍靴の音が高まりつつある昨今どうたらこうたら、みたいな話、あるいはその逆に、平和ボケの日本は危ない、某国の軍備拡大で脅威が増大している、今こそ防衛力のさらなる強化を、みたいな話の一環としてだ。

戦争を「悪い人が起こした悪いこと」みたいに教える教育を受けて育った身としては、何かおおげさだな、と正直思ったりすることもあるわけだが、昨今のあれこれを見てると、脳天気なままでいられる状況ではないくらいのことは素人ながら一応理解しているつもりだ。そういう観点でみると、この本は実に示唆的というか恐ろしいというか、存在感のある本といえる。

本書は要するに、戦前の日本がどうやって戦争に入っていったのかを歴史的経緯から説明するというもの。「日本」でも「日本政府」でもなく、「日本人」が戦争という選択肢を選んだ、というのがポイント。だめな政府のせいとか、暴走した軍部のせいとかにして片付けない、ということだ。だからといって「一億総懺悔」に戻るわけでもないし、欧米列強の陰謀とかいう話に逃げるわけでもない。誰の、何が、どう働いて「戦争」という選択がなされたのかをていねいによりわけて、また大きく統合して、説明している。

歴史というのは、比較的誰にでも何かしら語れたりできるから、トンデモな感じのやつとかすごーく我田引水なやつとかも含め、実にさまざまな言説があるわけだが、これは歴史学者による、最近の研究成果までふまえたもの。きちんとエビデンスが示されて、それをこう解釈するという、考え方の道筋がはっきりわかるようになってるから、見解に賛同できるかどうかは別にしても読んでいて安心感がある(反論したければ反証をもって主張すればいいだけだ。少なくとも素人たる私はそんなものは持ちあわせていないので、反論したいとは思わないが)。そういうかっちりしたところもありながら、それでいて、高校生向けに語っているから、わかりやすい語り口。5日間の集中講義の内容をまとめたものだそうだが、なんとぜいたくな機会。受けているのは栄光学園の生徒さんたち。彼らがまたすごかったりするんだが、そこは本題ではないのでおいといて。

本書でいう「戦争」は、太平洋戦争だけではない。近代日本が国家として行なった戦争、日清、日露、第一次世界大戦、満州事変から日中戦争、そして太平洋戦争までを含む。とかく切り離して取り上げられることが多いこれらの戦争の全体を見通す構成は、歴史が連続したプロセスであることをふまえたものだ。私たち素人はつい、歴史の教科書に出てくるいろいろな事件を別個のイベントとして考えがちだが、それらはすべてつながり、絡まり合って紡がれていくものなわけで、ぶつ切りにしてはきちんと理解できない。

その「ぶつ切り」の最たる例が、1945年だろう。今は、あるいは他の人はどうか知らないが、私は私が受けた歴史教育から、1945年を境に日本はがらりと生まれ変わった、という印象を受けた記憶がある。もちろんこれ自体、別にまちがいだとは思わない。少なくとも日本では、本書がいう社会の根本的な変化、つまり「憲法が変わる」という事態が実際に起きたわけだし。

トピックス

ランキング

  1. 1

    人気グラドル 枕営業告白の真意

    文化通信特報版

  2. 2

    NHK受信料700億円増も用途に疑問

    わんこ☆そば

  3. 3

    韓国籍離脱者が急増 兵役逃れで

    NewSphere

  4. 4

    民進議員 無所属・岡田氏を批判

    櫻井充

  5. 5

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    年収1000万円の銀行員が続々転職

    キャリコネニュース

  7. 7

    相撲協会が貴乃花の支援者を提訴

    NEWSポストセブン

  8. 8

    農水省 一太郎→Word移行の本質

    大隅典子

  9. 9

    タイで男を買い妊娠した30代女性

    fujipon

  10. 10

    爬虫類ハンター加藤氏はTVの逸材

    松田健次

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。