記事

ネズミ一匹という想定外

福島原発で燃料プールを冷却する電源が停まったのが全国的なニュースになった。原因がわからぬまま応急の処置をした上で調べたら、ネズミが一匹入り込んで配電盤をショートさせたことがわかった。配電盤自体が、トラックに積んだままの仮設のものだった。

大山鳴動してネズミ一匹、ふつうなら面白ネタで終るような話で、高圧送電線に止まったカラスが隣の線のカラスに餌を与えようとして感電死し、「カラスの恋が停電を起こした」という記事になったのを見た記憶がある。しかし場所が原発だと笑いごとで済まなくなるのはなぜだろう。

言うまでもなく、原発が「適切な管理を続けていないと暴発して手のつけられない地球規模の惨害を引き起こす」性質を持っているからだ。火薬庫の爆発でも巨大船の沈没でも悲惨な出来事ではあるけれど、所詮はその場に限られた事件で終り、危険が去れば直ちに救済・復旧の作業を始めることができる。しかし原発の過酷事故では、人間が現場に近づくことさえ不可能になるのだ。これは核兵器の貯蔵庫や核関連加工施設が破綻しても同じことになる。

東京電力は、おそらく今回の事故を教訓として、施設の安全性を高めるよう改善すると言うだろうし、実行もするだろう。そしてまた費用と労力を積み上げることになる。事故は絶対に起こしてはならないのだから、安全対策費は限りなく高騰し、それでも絶対の安全が得られることはない。どこまで行っても「想定外」はついてくるからだ。

つまりは核エネルギーと縁を切らない限り、人間は安心して地球上に住んでいることができない。その基本中の基本を教えてくれたとしたら、ネズミの死は無駄ではなかった。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    眞子さまカメラ拒絶に心配の声

    NEWSポストセブン

  2. 2

    日大監督の「自供」を文春が公開

    文春オンライン

  3. 3

    巨乳使い元首相に取材 記者告白

    PRESIDENT Online

  4. 4

    日大前監督・コーチが緊急会見

    AbemaTIMES

  5. 5

    よしのり氏「日大の選手は正直」

    小林よしのり

  6. 6

    世の常識に抗えた日大選手の若さ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    安易に脱ぐな 現役グラドル警鐘

    倉持由香

  8. 8

    日大「誤解招いた」は最悪の謝罪

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    上場企業の平均年収ランク 1位は

    キャリコネニュース

  10. 10

    日大監督の謝罪が含む危険性

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。