記事

WBC:決勝戦生放送中止と日韓戦

今回のWBC、日本の準決勝での敗退結果を受け、本日午前8時55分から決勝を生放送する予定だったテレビ朝日は同日深夜の録画での放送に切り替えた。ドミニカ対プエルトリコの決勝戦では高視聴率は望めず、それよりは確実に数字が取れるレギュラー番組に戻したということだろうか。世界大会の、しかも数日前まで日本が熱戦を繰り広げた大会の決勝の生放送を取りやめることに批判はあるだろうが、視聴率を考えれば局側の判断はやむを得ないかなという気もする。

 この件で、今から7年ほど前にESPN(世界最大規模のスポーツチャンネル)のアジアでの番組戦略を調査していて、日本・台湾・シンガポールでそれぞれ担当者に聞いた話を思い出した(ちなみに各国のESPNは基本的に独自に番組編成をしている)。ESPNというチャンネルの性質上、どの国でも自国外で行われるスポーツ試合が多く放送されているのだが、日本や台湾では自国の代表チームや自国選手が出ているか否かで、視聴者の関心度がまるで違うという。台湾では当時ニューヨーク・ヤンキースに在籍していた台湾人投手・王健民の活躍が大きな話題となっていたが、人々はメジャーリーグでもヤンキースの、しかも王が先発する試合だけを熱心に視聴するのであり、それ以外の試合に関心を寄せる人は少なかった。日本でのメジャーリーグ中継の視聴のされ方を重ね合わせれば納得できる話である。要するに、日本人や台湾人の多くは自国代表チームや自国選手の国際舞台での活躍を見たいのであるが、実はそのような嗜好は北東アジアの視聴者に特有なものではないかと、ESPNアジア(シンガポールを含む東南アジア一帯をカバーする)の幹部は僕に話した。

 実際、シンガポールでは、視聴者は単純に世界最高峰のレベルの試合を見たがる傾向があり、例えばシンガポール人選手が1人も在籍しないイギリスのプレミア・リーグの試合は、シンガポール代表チームの国際試合よりも視聴率が高いという。もちろんシンガポールの場合、日本や台湾とはアスリートの数が違うし、どうしても自国選手が国際舞台に登場する機会自体が多くないという事情はあると思うが、スポーツ視聴者の嗜好の相違は、大雑把ではあるものの、なかなか面白い指摘だと思った。今回、日本の放送局がWBC決勝戦生中継を見送ったことは、案外多くの国の人には不思議に思えるのかもしれない。

 さて、今回のWBCでは前回日本と決勝戦で戦った韓国が1次ラウンドで敗退した。これを受けてネットには韓国代表を、そして韓国を揶揄するようなコメントが溢れた。そのようなコメントは毎度のことなのだが、あらためて日本のスポーツファンが韓国のスポーツファンに似てきているんじゃないかと思った。

 1980年代末に僕が韓国に留学していた頃、同じ家に下宿していた韓国人学生たちは休みの日になるとテレビの前に集まり、熱心にスポーツ中継を見ていた。特に盛り上がるのは韓国代表や韓国人選手の国際試合、しかも相手が日本代表や日本人選手との試合だった。日本が優勢だったり勝ったりすると、日本の選手を罵り、逆に韓国が勝つと得意満面で「韓国に負けて悔しくないか」と聞いてくる。こちらが平然として、「試合に負けたのは残念だが、相手がどこの国かは関係ない」と言うと、釈然としない表情を浮かべる。韓国に日本が負けたことを悔しがることを期待しているのである。スポーツ試合に限らず、どんな分野であれ、日本に勝ちたいという空気が80年代末の韓国には満ちていた。一方、当時の日本はどうだったかと言うと、韓国を特別意識する人はあまりいなかったように思うし、多くの人にとってスポーツで韓国に負けることは試合に負けること以上の意味はなかった。日本と韓国では相手国に対する感情や関心にかなりの温度差があり、それは日韓のスポーツ試合観戦での態度にも如実に表れていた。

 ところが今日では、日本人にも韓国戦だけは冷静になれない人が増えているように感じるのである。実際、今回のWBCで韓国が早々と敗退した時、快哉を叫びながらも、興味が半減した人は少なくなかったのではないだろうか。彼らにとっては、決勝で日本が韓国を下して優勝するすことが最高の展開なわけだが、それが潰えてしまったのだから。かつてアンチ巨人が巨人なしではプロ野球で盛り上がれなかったのと同様、アンチ韓国も韓国なしではスポーツ国際大会で盛り上がれないのである。

 このように国際試合で韓国を特に意識するようになった背景にはいくつかの要因があると思う。例えば、競技にもよるが、野球のように日韓のレベルが拮抗してきたことは一因としてあるだろう。また、昨今の領土問題や歴史認識の相違に端を発する嫌韓感情の高まりも関連していると思われる。スポーツの国際試合はナショナリズムを引き起こしやすいものだし、それゆえ、国威高揚のために利用されることもある。ただし、行き過ぎたナショナリズムの裏返しとして、相手国に対する嫌悪感と結びついてしまうのは、健全とは思えないが、現実に日韓では起きやすい。

 こういった傾向に拍車をかけているのがマスメディアだろう。ここ10年くらいの間に顕著になったのだが、日韓戦の話題になると判で押したように「宿命のライバル」「因縁のライバル」といった枕詞で人々の関心を喚起しようとする。ライバルがいた方がスポーツは盛り上がるということだろうが、こういった紋切り型の報道にうんざりして反感を覚える人は少なくないと思う。しかしその一方で、少なからず日本人の間に「国際試合の中でも日韓戦は特別」という意識を植え付けたことも事実だろう。先日、キム・ヨナが韓国メディアに向かって浅田真央との比較をやめるよう話したそうだが(「キム・ヨナ、真央との比較いい加減やめて…韓国メディアに注文」)、伝統的に韓国メディアは言うに及ばず、今日では日本のメディアも日韓対決だと興奮しすぎなのである。

あわせて読みたい

「テレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  2. 2

    韓国大統領をかばう朝日新聞社説

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  4. 4

    ウーマン村本批判は言いがかり

    猪野 亨

  5. 5

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  6. 6

    慰安婦像問題 海外での報道は

    NewSphere

  7. 7

    牛乳石鹸CM批判「考えが浅すぎ」

    赤木智弘

  8. 8

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  9. 9

    日本ファーストが「泥舟」なワケ

    猪野 亨

  10. 10

    「薬飲むのはズル」は誤った考え

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。