記事
  • krmmk3

有料放送の対策か、BLACKCASカードで"2038年化"解除報告相次ぐ

昨年一年間の話題をさらった「改造B-CASカード」問題、逮捕者も出るなど一時は緊迫した状態になりましたが、それ以降目立った動きはなく沈静化、すでに半ば忘れられた存在となっていました。
が、最近また動きが出てきたようです。それはネット上での話ではなく、有料放送の業者側の動きです。一昨日から、一部で「有料放送が見えなくなった」という報告が出てきているからです。その時点では真偽を判断出来るような段階ではなかったのですが、どうやら本当らしいのです。ウチに来ている報告や2ちゃんねるなどの書き込みを見ると

・13日の時点でWOWOWが、14日になってからスカパー!から契約情報更新の電波が一部カードのID向けに送られるようになり、カードに記録された情報が「2038年」から「2013年3月」になってしまった
・現在のところ、報告があるのはBLACKCASというこの話が出たときの最初期に販売された販売元のカードのみ

と、いうことのようです。BLACKCASのカードが更新された、ということは記録されているID番号が有料放送の業者側になんらかの方法で知れ渡った、ということなのでしょうか? ただ、BLACKCAS側は、昨日より"毒電波(BLACKCASサイト上での表記)"対策パッチを公開しているようです。ということは、BLACKCAS側から放送業者に情報が伝わった可能性は低そうです。やっていれば対策パッチなど公開するわけがありませんから。考えられるのは、最小限度の情報からIDの当たりを付けて手当たり次第に電波を送信しているやり方です。もしそうならば、近い番号がいくつか誤爆を受け、やってもいない有料放送のお試し期間がいつの間にか終わっている、なんて状態になっていることも考えられます。そこだけ調べてみたいですが、あいにくとウチにあるB-CASカードはお試し期間の終わった物ばかりで不可能なんですが。別の説としては、ネット配信で書き換えたのでは?とも言われていますが、定かではありません。

そのうち有料放送側もなんらかの対策は取る、という話は何度か聞いてはいました。その方法はカードの交換になる、という話で、どんなカードと交換になるのか個人的に楽しみにしていたのですが、とりあえず一番原始的な手段を取ることにしたようです、残念。やはりあらゆるテレビに必須になり、配布数数千万枚(一億枚以上?)は確実なB-CASカードというシステムの足枷は、われわれの想像以上に重い物があるようです。しかも、そこまでしてもたった1日で対策を施されてしまったのですから、バカみたいな話です。ヘタをすると誤爆の被害の方が大きかったのではないでしょうか。と言っても実際に効果があったのかどうかは分からないんですけど。

もしBLACKCAS側の対応が完璧なものだとしたら、原始的な手段ではどうしようもないほどB-CASはボロボロになっているということです。やはり根本的に解決するには、地上波・BSとも無料放送に関してはスクランブル放送をやめてカードを有料放送専用システムとし、専用新カードを作るしかないと思うのですが、どうでしょうか。

※この記事はBLACKCASなどのカードを購入することを推奨するものではありません。くれぐれもご注意ください。

あわせて読みたい

「B-CAS」の記事一覧へ

トピックス

記事ランキング

  1. 1

    ケント・ギルバート氏"韓国人こそ歴史学べ"

    月刊誌『Voice』

  2. 2

    内田樹氏「"文系学部廃止"は天下の愚策」

    PRESIDENT Online

  3. 3

    豚レバー禁止を惜しむ声掲載する記事に苦言

    赤木智弘

  4. 4

    日米同盟 中国は南沙諸島の要塞化中止せよ

    木村正人

  5. 5

    大阪市の特殊性の起点となったメンタリティ

    池本孝慈

  6. 6

    志位氏の質疑に法廷劇を見ているような興奮

    五十嵐仁

  7. 7

    自衛官の自殺 ストレス改善へ建設的議論を

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    急増する"YouTuber"にも対応 エンタメ法務

    弁護士ドットコム

  9. 9

    石破大臣が"鳥取にスタバ"にコメント

    石破茂

  10. 10

    内田樹氏「国旗国歌の強制に嫌悪感覚える」

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。