記事

金融業界に進みたがるエリートたち - 自分探しの終着点

これまで東京やニューヨークのキャリアフォーラムで学生に話をする機会が何度かあったが、運用会社を希望するような学生は決まって俗に言うエリートの卵のような学生ばかりであり、私からするととても気持ちの悪い感じがする。

こういった自称グローバルエリートの卵たちは運用会社の他に、ゴールドマン、JP、バークレーズのような外資系証券や、マッキンゼーやボスコンのようなコンサルにも興味があり、自身を高く売れて、かつ潰しの効くところを探している。

[画像をブログで見る]私はやれやれと思いながらも、運用の仕事は学校の勉強とは違い、世の中のあらゆることに興味のある柔軟な発想力を持った人間が生き残るというような話をする。一方で仕事には向き不向きがあり、人生における喜びとは決して給料の高い仕事をすることではないし、たかが数百万円の年収の違いのために好きでもない仕事をするべきではないことも強調して述べる。

全体へのプレゼンが終わり、個別のQ&Aできるセッションへ移行すると、私の周りは学生で賑わう。私は採用には一切関わっていないから、遠慮なく何でも聞いていいと前置きをするが、学生からの質問は「将来ファンドマネージャーになるには運用会社に直接入った方がいいのか、証券会社でアナリストなどをやった方がいいのか?」とか「プライベートエクイティへ行きたいが、コンサルでキャリアを積むか、MBAを取るかで悩んでいる」とか、私の話を本当に聞いていたのだろうかという質問ばかりが飛んでくる。
何も知らない学生たちに私の声が届かないのは無理もないが、彼らのようなエリートによくあるパターンは、金融の仕事が地味で激務で、その上なかなか成果の出ないものであることを知り、30歳になる頃までに脱落していく。私は何人もの業界を去っていく同僚に同じような話をしたことがあるが、彼らは決まって「その話を新卒の頃に聞いておけばよかったよ」と言うのである。

しかし彼らは真面目な人たちばかりなので、挫折の後に、自分が社会に対してポジティブな影響を与えられる仕事をすることが最もハッピーであるということに気づく人が多い。もともと何かに打ち込む力は高い人たちなので、方向性が見えると、新しい道を切り開くのは意外に早かったりする。

こうして彼らは、エリート集団の中で足の引っ張り合いするだけの毎日とは決別して、NPOを立ち上げたり、学校の先生になったり、女性用の化粧品会社の広報担当者になったりして、本当の意味での自分探しの旅の終着点にたどり着くのである。

私は投資家を辞め、神楽坂で雑貨屋を開いた同僚を訪ねたことがある。8畳程の狭いスペースに、東南アジアを渡り歩いて自分で仕入れてきたという雑貨やアクセサリーが綺麗に並べてある。「なかなか繁盛しているようですね」と皮肉を言うと、彼は投資家の時には決して見せなかった優しい笑顔で「お陰様で、今日の飯が食べられる程度の売上だけどね」と答えた。

クラシクス・ザ・スモールラグジュアリーという六本木ヒルズにある小さなハンカチブランドの広報担当となった同僚もいた。ニューヨークの紀伊国屋の2階の和もの雑貨コーナーに展示してもらうこととなったので、現地で見て感想を教えて欲しいという連絡がきた。

実際に行ってみると、半畳もないような小さなスペースに可愛らしいハンカチが陳列されていたが、一日1枚売れれば御の字という程の目立たなさであった。そのことをメールで報告すると、「改善の余地があるということは素晴らしい」と返信がきた。

彼らのようなケースを幾つも見ていると、金融界の精神的な不健康さが如何に凄まじいのかがよく分かる。学生は自分はエリートであるから、エリートに相応しい仕事があるという間違った認識をもって就活をしている。

医者や、官僚や、弁護士などはエリートに相応しい仕事と言えるかも知れないが、残念ながら金融屋には必ず必要な資格もなく、決められた勉強法もない。私の知っている優秀なプロの投資家は、元野球選手や軍人、畳屋、起業家、作曲家、ピアニストなど、変わったバックグラウンドを持つ人に多い。

結局、エリートにとっては「こんなはずではなかった感」が強く、本当のやりがいのある適職に出会うのには、幾つかの寄り道が必要となるのである。まあ、人生なんてほとんどの時間が(あるいは全部が)寄り道のようなものであるから、その過程を楽しむくらいの余裕があるならいいのだが。

たくさん勉強をしてきたのに、自分の適性はまったく見えていないというのはよくある話だが、結果的に自分に合った仕事を見つけられるのであれば、金融業での殺伐とした日々も、あながち無駄ではなかったと言えるのかも知れない。何れにしても、目的意識のないエリート程、自分探しの旅が長くなりやすい。

あわせて読みたい

「金融業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    AV男優が持つセックスへの価値観

    幻冬舎plus

  2. 2

    妄想ばかりの韓国は日本のリスク

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    ダイヤモンド誌の記事に重大疑惑

    PRESIDENT Online

  4. 4

    森友学園に起きた「すごい偶然」

    八木啓代

  5. 5

    消防団への寛容さは主張すべきか

    赤木智弘

  6. 6

    iPhone7のセールスに異変 酷評も

    NewSphere

  7. 7

    北への武力攻撃は"今しかない"?

    小林よしのり

  8. 8

    ヲタ専か一般化かニコ動の難しさ

    田野幸伸

  9. 9

    弱者を傷つける"自己責任"の言葉

    ニャート

  10. 10

    宗男氏の娘が語る「父と世襲」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。