記事

企業の存在意義とは何か - JR東に学ぶ収益性と公益性のバランス

東日本大震災の発生から翌月の4月29日、東京-秋田間を結ぶ「こまち」が復旧し、運行が再開された。

こまちは盛岡と秋田間は在来線の特急扱いとなり、地上を走るのが特徴であるが、当地の人々は震災からの復興の象徴的な出来事としてとても喜び、ツイッターでこまちに手を振って歓迎しようと呼びかけられた。

komachi115.jpg私はこの動画をJR東の経営陣の一人から教えられた(クリックでYoutubeへ飛びます)。彼らが米国の投資家をIRで回っていた時に、私のところへも足を運んでくれてミーティングをした。後日メールで送られて来たのがこの動画である。

私は従来から鉄道会社ほど、巨大な資産を持て余している会社はないと考えている。誰よりも価値の高い土地を持ち、誰よりも集客力を持つ圧倒的有利な存在であるのに、彼らが出す利益が少な過ぎると思っているからだ。

JR東はその観点では最も進んでいる会社である。旧国鉄でありながら、官僚的な色合いは薄く、他の民営化した企業と比べても、経営が近代的である。エキュートなどに代表されるように、駅ビルの再開発に積極的であるし、Suicaなどの高度な決済システムを見たら、海外の人はみなビックリするだろう。

ただ、それでも不採算の路線や、収益性の悪い小売や宿泊業など事業も多く、経営効率化の余地がたくさんある。また、設備投資や外注費の査定が甘く、回収出来ていない案件が数多くあることが実績値から容易に汲み取ることができるため、それらを追求した。 これに対して経営陣は、「我々は会社を経営するにあたって、数字以外の使命も負っている。あなたの言うような効率性のみを追求したら、結果的にお客様に満足のいくサービスが提供できず、企業価値も低下する。」と反論をした。

私は本音では、彼らの言うことは十分に理解している。毎日、何万人もの乗客の命を預かり、安全に運行させるのは並大抵の苦労ではないだろう。また、社会インフラとして国民全体の豊かな生活に資する必要があり、ある程度の非効率は受け入れなければならない。しかし、投資家として対峙している以上、資本効率に改善の余地のある会社に何も言わない訳にはいかない。結局ミーティングは平行線のまま終わった。

こまちの動画を見ると、JR東の経営陣がいかに会社を愛してるのかが分かる。彼らは、沿線から手を降る人々の思いこそ、自分たちの存在意義であると私に伝えたかったのであろう。現場で汗を流す社員の気持ちなど、投資家には理解出来る訳がないと、悔しい思いをしたに違いない。

確かに、企業は何も収益の極大化のみを目指せば良いわけではない。消費者や社員に愛されるような真っ当なビジネスをしていなければ、永続的な成長はできない。特に旧国営企業は、本来のミッションである公益性を国から要求されている一方で、自由度の高い二番手からは価格競争を仕掛けられ、投資家からは収益性を求められている。経営陣の日々の苦悩はよく理解出来る。

私はこのようなことを踏まえて、種類株の発行が有力な解決策であると返信をした。JRのような公益性の高い会社は、A株B株などのように性質の異なる株に分けて上場すればよい。高配当をもらえるが議決権を持たない株と、配当は低くなるが議決権と、会社が倒産した時に優先的に財産請求権を持つ株とに分けて上場させれば良い。

東電もそうだが、災害の多い日本の場合、まさかの事態が起こる確立が高い。このような会社は投資家へ所有出来る権利を分けてあげることで、取りたいリスクとリターンを限定してあげることも一つのソリューションとなるのではなかろうか。多くの投資家はJRには安定配当を求めている。配当の高い株を買えるのであれば、会社が永続性のみにフォーカスした経営をしても、文句は言ってこないはずだ。

繰り返すが、JR東は旧国営企業の中でも、最も近代的な経営にシフトしている会社である。JR西やNTTグループや東電などのような"お公家さん"ではない。そもそも海外投資家を回って市場とも対話をする姿勢を一貫して示しているのはこの会社くらいのものである。彼らのお陰で私も、企業の存在意義と長期的な企業価値とのバランスを、改めて考えさせられることとなった。

こまちを廃線すれば、JR東の設備投資は軽くなり、将来のキャッシュフローは改善する。人件費や維持費、システム関連費も大きく削減できる。在来線の線路を走ってでも秋田へ向かうこまちには、投資家では推し量れない将来価値があるのかもしれない。

あわせて読みたい

「JR東日本」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナチス賛美する高須氏は医師失格

    清 義明

  2. 2

    新旧首相が会食 超豪華4ショット

    笹川陽平

  3. 3

    コンビニで現金払いする人は迷惑

    内藤忍

  4. 4

    大ヒットネトウヨ本の粗末な中身

    PRESIDENT Online

  5. 5

    上原不倫NG 松本人志フジに苦言

    渡邉裕二

  6. 6

    慰安婦と軍艦島 韓国若者の本音

    NEWSポストセブン

  7. 7

    慰安婦問題 失敗だった謝罪姿勢

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  8. 8

    仏教国出身者からみた日本の仏教

    にしゃんた

  9. 9

    ハイボールがNYで大ブームの予感

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  10. 10

    雷雨で強行 花火大会運営に絶句

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。