記事

日本をダメにしている「真の2極化」と「老害」

私はこの2年弱、一度も日本へ帰っていないのだが、日本に関する情報はメディアから得ている(3.11も経験していません)。メディアと言っても、所謂、テレビや新聞などの伝統的メディアは実はまったく見ておらず、ほとんどが信頼できるブログとか、2ちゃんのまとめサイトとか、SNSなどの情報である。

[画像をブログで見る]

懐かしの勝間和代も言っていたが(←知り合いだが信者ではありません、念のため)、テレビや新聞、雑誌などのマスメディアは時間当たりの情報の密度が低い上に、皆が感じ始めているように、かなり恣意的に操作されている。「親韓」も「嫌韓」も、海外から見ていると滑稽に見える。大衆は日本社会の闇を知らなすぎだ。

2極化が起きているのは仕事や収入だけではなく、何と言っても情報取得能力の2極化が問題だ。この状況は、どこの先進国でも同じである。これだけネットが発達した時代に、受動的な情報のみしか入手できない「考えられない大衆」と、自ら散策して有益な情報を取得し「考える人」との格差が、とてつもなく大きくなっていると感じている。まさにデジタルディバイドだ。 これに加えて、日本には固有の「老害」の問題がある。年長者、つまりは逃げ切れる世代が社会の意思決定権を握っており、この人たちの浅はかな知識と、間違った見解と、自己責任能力のなさから繰り出される意思決定が、将来のある若い世代を苦しめている。これを老害と言わずして、何と言えばよいのだろうか?

ITスキルが高い若手は、老害の5人分くらいのデスクワークをこなすことが可能であるし、情報力にも格段の差がある。しかし、組織での発言権や給与面ではその逆になっている会社がほとんどである。日本の競争力低下は、インターネットが発達したこの時代と、組織体制がまったく合っていないところにもある気がしている。

[画像をブログで見る]

それはさながら戦艦大和のようである。戦闘機が戦艦に勝る時代であることに上層部が気づかず、超ハイスペックの戦艦をつくり、何も出来ずに沈んでいった。大和に使用する鉄があれば、ゼロ戦が6,000機造れると若い将校たちが主張していたのを無視した結果である。

あわせて読みたい

「デジタル・デバイド」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏「印象操作」発言に苦言

    石破茂

  2. 2

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  3. 3

    蓮舫氏の二重国籍 問題は法務省

    SYNODOS

  4. 4

    内閣支持率 ネットでは依然51.7%

    キャリコネニュース

  5. 5

    京産大会見で更に深まる加計疑惑

    郷原信郎

  6. 6

    政権にダメージ与え続ける稲田氏

    文春オンライン

  7. 7

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  8. 8

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  9. 9

    世界で3番目に弱い北朝鮮の軍隊

    高英起

  10. 10

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。