記事

原発の代わりになる再生可能エネルギーはこの国の地下に眠っている

1/2
 この度の大地震はあらためて説明するまでもなく日本が活発な火山活動及び地震活動の集中する環太平洋火山帯に属しておりプレート型連動地震であったことは、同じく環太平洋火山帯に属しているインドネシアで発生した大地震とメカニズムは同じであります。
■図1:環太平洋火山帯(ウィキペディアより)
f:id:kibashiri:20110425152759p:image
 図に赤く示されたこの太平洋を囲む環状の火山帯では世界の過半数の活火山が集中しております。

 日本中いたるところに温泉がわき出ていますが、環太平洋火山帯に属する地域ではマグマ溜まり由来の膨大な地熱が発生しており、その地熱埋蔵量を資源と見なせれば、日本はなんと世界屈指(3位)の資源大国となるのです。

■表1:世界の地熱資源量
国名活火山数地熱資源量(万kW)
アメリカ合衆国1603000
インドネシア1462779
日本1192347
フィリピン47600
メキシコ39600
アイスランド33580
ニュージーランド20365
イタリア13327

■図2:世界の地熱資源量(グラフ)
f:id:kibashiri:20110425155642p:image
※データ出自 (独)産業技術総合研究所資料より
http://staff.aist.go.jp/toshi-tosha/geothermal/gate_day/presentation/AIST3-Muraoka.pdf
 ご覧いただければ一目瞭然ですが、アメリカ、インドネシア、日本、フィリピン、メキシコと、地下資源量上位5国がすべて環太平洋火山帯に属しており、表にも示しましたが当然ながら地熱資源量と活火山数には強い相関が見られるわけです。

 地熱発電はいろいろな方式がありますが、例えば現在は夢の技術である「マグマ発電」が実用化すれば、日本の場合、年間消費電力量の2.5倍〜3倍の発電能力を有するという試算もあります。

 環太平洋火山帯の上にあることから火山噴火や大地震・津波という災害に見舞われてきた私たちでありますが、この地球活動のエネルギーを電力として利用できたならば、世界有数の資源大国に日本は生まれ変われます。

 今、ソフトバンクの孫正義社長の脱原発を目指して発足させる「自然エネルギー財団」の話題もあって、原子力に替わる新たな太陽光発電などの再生可能エネルギーについてその可能性についての議論が盛んです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    大企業特有の考えずに働く人たち

    城繁幸

  2. 2

    沙也加結婚 聖子はライバル視?

    渡邉裕二

  3. 3

    民進の現状は共産党の責任でない

    紙屋高雪

  4. 4

    武藤貴也議員 また男性持ち帰る

    文春オンライン

  5. 5

    築地延期で損なった都民の利便性

    WEDGE Infinity

  6. 6

    ミスしたときはひたすら謝るべき

    かさこ

  7. 7

    橋下徹氏「核議論が安全保障に」

    橋下徹

  8. 8

    メールがSNSより優れている理由

    フォーブス ジャパン

  9. 9

    北のマンション建設は防衛目的か

    高英起

  10. 10

    脱北者増やす北朝鮮の勘違い教育

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。