記事

この際だから総理大臣を外国人にアウトソーシングしたらどうでしょう

1/3
 18日付け北海道新聞紙面記事から。
「菅はもう詰んでいる」 会派離脱の裏で小沢氏動く(02/18 09:23)

 民主党の小沢一郎元代表は17日朝、鳩山由紀夫前首相に電話した。

 「俺も今日初めて聞いたんだ。自分の所から動きが出る」

 自らに近い衆院議員16人の会派離脱届。小沢氏も16人も互いに無関係を装った。

 しかし、小沢氏は16日夜、都心から離れた料理店で離脱メンバーとひそかに会った。川島智太郎議員は小沢氏の元秘書。16人は2009年8月の衆院選で比例代表の下位で当選し、風が吹かなければ再選がおぼつかない小沢チルドレンだ。小沢氏の了承を得た動きだとだれもが疑わない。ベテラン議員は「小沢君も総会屋みたいなことをやった」とつぶやいた。

 小沢氏の狙いは「菅降ろし」。強制起訴された自身の処分問題を政権浮揚に利用しようとする首相に怒りを募らせてきた。14日の役員会で、党員資格停止処分の期間を「判決確定まで」とされたことが引き金だった。

 党の指針にある最長6カ月を念頭に一審で無罪を勝ち取り次の代表選出馬も視野に入れていたが、最高裁判決確定までなら68歳の小沢氏が復権する目は限りなく小さくなる。

 布石も周到に打っていた。

 8日には、「減税」を旗印に名古屋市長選で当選した河村たかし市長らとの会談をわざわざ報道陣に公開。小沢氏に近い原口一博前総務相は河村氏との連携を模索しつつ、近く発売される月刊誌で厳しく首相批判を展開する。離脱グループの石井章氏は「われわれは先遣隊だ」と後続の動きを示唆した。

 小沢氏はこれまでも、離党や政界再編をちらつかせて政敵を揺さぶってきた。今回は11年度予算関連法案採決での「造反」部隊がのろしを上げ、菅政権の生殺与奪の権を握った。側近は、将棋で勝敗が決した局面に例えてつぶやいた。

 「菅はもう詰んでいる」<北海道新聞2月18日朝刊掲載>

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/273524.html
 興味深いバラシ記事ですね、「俺も今日初めて聞いたんだ」(小沢氏)などとよく言うよ(苦笑)、ってことであります、もっともこの記事に教わらなくても、今回の一連の会派離脱騒動に小沢氏が関与していないなんて、国民は誰一人信じてはいなかったでしょうが。

 それはさておき、名古屋の河村市長、小沢氏、そして小沢氏に近い原口前総務相、これに大阪の橋下知事あたりが絡んで胡散臭い動きが表面化してきました。

 今回の離脱グループは「われわれは先遣隊だ」(石井章氏)と後続の動きを示唆していますが、小沢氏らの目的は一義的には菅政権を揺さぶることにありつつ、その最終目標は「減税」新党か「維新」新党かわかりませんが、お得意の政界再編劇場を準備し始めたと見てよろしいでしょう。

 小沢氏の場合ポリシーなき政局の人ですから、行動を予測しやすい信念を持った政治家に比べその行動は予測しづらいのですが、いよいよ彼お得意の政界再編も睨んだ大政局に持ち込もうとしているのかも知れません。

 こうなるとあわれ菅政権は打つ手がないでしょうね、記事にある「菅はもう詰んでいる」という発言もあながちブラフとは言えない状況にあるのではないでしょうか。

 それを裏付けるような速報記事が入ってきました。

 18日付け朝日新聞電子版速報記事から。

トピックス

ランキング

  1. 1

    前川氏逮捕も? 悪夢は繰り返すか

    田中龍作

  2. 2

    朝ナマはTVで最も公共性が高い

    小林よしのり

  3. 3

    加計問題にみる官邸権力の強大化

    ビデオニュース・ドットコム

  4. 4

    前川氏の自滅で加計騒動は終了?

    ヒロ

  5. 5

    底辺に追いやられる弱い独身男性

    狐志庵

  6. 6

    羽田の前例ない新航路に住民怒り

    大田区議会議員奈須りえ

  7. 7

    ネットをナメてた地上波スタッフ

    西原健太郎

  8. 8

    ザッカーバーグの卒業式演説全文

    倉本圭造

  9. 9

    ジャニーズ全体の株を上げたSMAP

    中川 淳一郎

  10. 10

    誤解された「MP3は死んだ」報道

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。