記事

大相撲を国技から公営ギャンブルに改革してはいかが

1/2
 うむ、知りませんでしたが「八百長」と言う言葉の語源は「八百屋の長兵衛(ちょうべえ)」という人名から来ており、明治時代の相撲界から使われだした、歴史的には新しい言葉なのですね。

 長兵衛さんは通称「八百長」と呼ばれていて、相撲の年寄「伊勢海」さんと碁仲間だったそうで、商売上の打算で、わざと負けたりして伊勢海親方のご機嫌をとっていたそうな。

 のちにこの事実はばれて、これ以来わざと負けることを相撲界では「八百長」と言うようになったそうです。
語源由来辞典

八百長

http://gogen-allguide.com/ya/yaotyou.html
 新聞各紙社説も大相撲の八百長問題を取り上げていますが、朝日新聞社説がいつになくいい視点だったのでご紹介。
八百長メール―相撲は競技か、興行か

http://www.asahi.com/paper/editorial20110203.html


 相撲は競技なのか、はたして興行なのかという鋭い問いになっております。
 過去、八百長については元力士が証言したり、週刊誌が疑惑を報じ、裁判になるなど、何度も取りざたされてきた。国会で疑惑が追及されたこともある。一方で「昔から星のやり取りはある。相撲なんてそんなもの」といった冷めた見方をする向きもある。

 だが、協会は八百長を終始否定してきた。お金を払って場所に足を運ぶファンも、鍛え上げた力士同士の白熱した勝負をこそ、楽しみにしてきた。
 うむ、「鍛え上げた力士同士の白熱した勝負」に「お金を払って場所に足を運ぶファン」の立場で言えば、つまりスポーツとしてとらえるならば八百長などあってはならないわけですが。プロレスとか興行として考えれば「昔から星のやり取りはある。相撲なんてそんなもの」という見方は成り立つでしょう。

 私は相撲界の八百長体質はかなり根が深いと素人なりに見ていますが、もし本気で八百長を撲滅するならば、そうとう思い切った改革をすべきでしょうね。

 八百長が発覚したら組織の死活問題になるような改革をしてすさまじい容赦のない自浄システムが自ら機能するようにするべきです。

 簡単にそれができる方法があります。

 相撲協会はね、こうなったら国技を名乗るのは止めて公営ギャンブルにしちゃえばいいのです。

 単勝、連勝などいろいろな掛け方ができる競馬みたいに、単発の一番勝負も有り、「星取り表」での複数戦の予想あり、いろいろなバクチが打てる娯楽にしちゃえばいいのです。

 この角界ギャンブル券は馬に掛ける馬券ならず力士に掛けますから「力券」と名付けて、全国で販売、ネットでも購入可能にしちゃいましょう。

 力士の強さでオッズ(賭率)は競馬のように変動しておもしろいでしょう。

 全対戦を予想させるサッカーくじ見たいな要素も取り入れても面白いかもです。

 そうなると相撲部屋はさしずめ競馬における厩舎のような存在になりますね。

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  3. 3

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  4. 4

    消費税の使途変更めぐり解散表明

    BLOGOS編集部

  5. 5

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  6. 6

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  7. 7

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  8. 8

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  9. 9

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  10. 10

    結婚離れに繋がる男性の雇用格差

    みんなの介護

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。