記事

Facebookへの4つの投稿パターンからみる性格分類と、今後Facebookへの投稿が減少していく仮説

1/2

日本国内におけるFacebookのアクティブユーザー数の低下が最近指摘され始めています。(参考記事)2012年3月に本誌で発表した、2013年には若い女性のFacebook離れが深刻化する?:4つのコミュニケーションツールの今後の使われ方、の「Facebook離れ」の予言の実現の予兆と見て良いと考えています。私なりの定性的な調査により、Facebookへの投稿パターン及びその投稿が減少する仮説を本稿で展開します。

注:未来予測記事です。長いです。6,000文字近くです。PCで閲覧推奨。

まずFacebookへの投稿は前提条件として、twitterと比較して何らかの承認欲求(リアクションが欲しい欲求)が高いと思われます。承認欲求の種類が人の性格や立場によって違うのではないかと仮説を立て、下記の4パターンに分類しました。FBに比較的頻繁に投稿される方は、いずれかのパターンに当てはまるかと思います。

1:「社長日報」に代表されるビジネス的なPRパターン

私のフレンドにスタートアップの経営者が多いことが多分に関係していると思われますが、毎日のように自社のトピックスやビジネス的な気づきを発信されているパターンは多数見かけます。すごくわかりやすいのが、KPIの達成報告です。この手の方は、常に自分(か自分のサービスに)注目されていたい深層心理があるのではないかと思う。顕示欲的な。

自社サービスに関すること以外でもビジネスの情報発信は多々あり、従来であればこの手のことは社内で完結させていそうなことです。社長の場合は社内で日報を書くこともない場合が多いと思いますので、敢えてこのパターンを「社長日報」パターンと名付けておきます。

社長日報の更新が多いと、周囲の関係者は「またかよ…」と思い、無言の「いいね!」圧力を感じます。ihayato.newsで「シャチクのミカタ」の記事がバズったのも、「社長日報」へのリアクションで疲弊した社畜の方々からの強力な共感があったからであると推測できます。

社長日報に限らず、どこかの会社のブログによくありそうな「今日の気づき」パターンもここに含まれます。気づき投稿は案外刺さることも少なくないようです。要はビジネスに関する何らかの投稿であり、自社サービスのPRよりもその人個人の思考に対しての方がリアクションは付きやすいように思えます。誰しもがPRを見たくてFBをやるわけではないのです。

注:皮肉っぽく書きましたが「社長日報」への批判ではございません。が、過剰な社長日報に対して従業員がストレスを溜める原因にもなり得ることは認識しておいても良いかと思います。こういうこともあり得ますので、気をつけましょう。「いいね!」強要する「ソーハラ」 上司や会社から慰謝料もらえるか?

2:twitterライクなどうでもいい独り言多いパターン

もともとtwitterが得意な人に見られるパターン。目安としては1万ツイートを超える程度のtwitterユーザーがtwitterの最近の殺伐とした空気に嫌気が差したり、アクティブ率の低下により感覚値としてRTやふぁぼが減ってきたので、FBに投稿してみるかという感じでしょうか。

よって基本的にわりとどうでもいいテキストの投稿が多い。ですが、どうでもいい投稿に対して「いいね!」が案外付くのが面白くて、またどうでもいいテキスト投稿をしてしまう。というループに入る。twitterでもいいんだけどFBの方が反応あるから。という何だかんだできっとリアクションが欲しいパターン。寂しがりや的な深層心理。

どうでもいい(もしくはネタ的な)テキスト投稿パターンは、不思議なことに長い文字数よりもtwitter程度(140文字くらい)の文字数へのリアクション率が一番高いように見ていて思えます。FBのタイムラインもtwitter同様フロー性が高いため、瞬時にコンテンツ内容を把握できた方がリアクションもしやすいという仮説が立てられます。

しかし、このtwitterパターンの投稿が多い人もウザがられるでしょう。僕ももともとtwitterが好きな人なので、FBにおいて自分の行動が最も近いのはこのパターンです。twitterパターンの投稿が多い人を「ニュースフィードから非表示」している人も多いと思う。ほどよい投稿数(この種のデイリー投稿が1-2件)くらいがフレンド(そもそもFBフレンド=本当にフレンド?ではあるが)にウザがられないくらいのラインではないか。

注:twitter「男子」としましたが、ごく稀に女性でもテキスト投稿が多いパターンは存在します。

3:破壊的なコンテンツ力を有するキラキラリア充女子

続いてはFBで最も強力なコンテンツと思われる「自分の写真」を投下してくるキラキラリア充女子パターンです。キラキラリア充女子たちはオフの日に自分たちがいかにリア充であるかを証明する写真や、ライフイベント的な投稿をして、多数の「いいね!」を獲得していきます。逆にどうでもいいテキスト投稿はほぼ見かけません。

彼女たちの動機は「チヤホヤされたい!」が主であると断言して良いでしょう。「かわいい!」と言われることに貪欲な層です。なので下手なテキスト投稿でリアクションが少なかったりすると凹むため、リスクは取らないのです。その分、写真にはかなり命をかけて加工する人も少なくない。「かわいい中毒」に陥っているともいえる。

そもそもFBの最初の設計は、大学の女の子の写真2枚を表示して「どっちがかわいい?」にクリックするものだったと思う。(映画ソーシャルネットワークにあったと思う)要はFBはザッカーバーグという非リアが、「同じ授業取ってる可愛いあの子と近づきたいぜ!」という下心から始まったサービス。FBがあれば気になるあの子と近づけるさと。しかもオンラインでかわいい女子の写真を足跡もなしに見放題。これはFB内のクリック数を相当稼いでいるドル箱コンテンツだと思うのです。

現状のFB内ではドル箱コンテンツと思われるキラキラリア充女子の自分撮り写真ですが、FB内でのトラフィックの増加でアテンションを取りにくくなり、impressionが下がり、結果的に「いいね!」数が減っていくことで、次第に女子たちの投稿モチベーションも下がってくるのではないかと予測ています。この「投稿が減るロジック」は後述。

ちなみに僕はこの手の投稿には死んでもいいね!しません。自分の本心をオンライン上では伝えたくないのです。ですが内心、「いいね!」すぎて悶えることもあります。夜仕事してることが多い僕は、飲み会のキラキラ女子の写真が上がってくるとなんか負けた気持ちになります。

4:役立つと見せて、賢いだろ?ドヤ!キリッと思われたい

最後はわりと地味なんですが、「この記事、いい記事!」とか「この本、いい本だった!」と自分が良いと思ったものをレコメンドしてくれる人。僕のようなコンテンツ制作側にとっては最も有難い方々がこの層です。純粋に人の役に立ちたい(もしくはコンテンツ制作者への賛辞?)心理もあると思いますが、「この記事を見つけた俺、ドヤ!キリッ)」という心理もあるかと思われます。

僕はコンテンツ制作側なので、自分が書いた記事などは頑張ってシェアしなければなりません。あまり他人の記事をシェアすることはないので、いい人ではありませんし、ドヤ!キリッ)の心理も持ち合わせません。コンテンツ制作者として感じるのはこの手の層に刺さるのは「考察が鋭い」記事かと思います。

ネタ記事は2のtwittterパターンの方がお好きかと思いますので、「考察鋭い系」「ネタ系」でバズる起点は違ってくると思って良いでしょう。(稀に両方カバーするNHNの田端さんのような方もいますが)

ドヤ!キリッ)とか思ってないわ!と突っ込まれそうですが、基本的にこの層の方々はいい人だと思います。もっと僕の記事をシェアしてくれればいいのに。会った時に直接記事の感想を言われるのも嬉しいですが、シェアしてくれた方が数字に反映されますので、コンテンツ制作者はシェアされると喜ぶ。人を喜ばすことが好きな層がこのパターンともいえる。

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  3. 3

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  4. 4

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  5. 5

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  6. 6

    楽しい食事をダメにする残念な人

    内藤忍

  7. 7

    W杯 日本代表がコロンビアに勝利

    MAG2 NEWS

  8. 8

    キンコン西野 大阪地震でSNS炎上

    女性自身

  9. 9

    怠慢でAmazonに潰される商店街

    後藤文俊

  10. 10

    国煽り最悪の刑務所入った堀江氏

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。