記事

アルジェリアのテロ事件

アルジェリアのテロ事件は多くの日本人が犠牲者になったという点でも衝撃的な事件でした。

未だ犠牲者の正確な数さえも判らない段階で、何らかのコメントをするのは、全く時期尚早とは思いますが、取り敢えず思いついたところを書いてみると次のような所です。

勿論アルジェリア軍の行動に多くの問題があったことは間違いない所と思いますが、国際社会(欧米のみならず国連安保理も非常に強い調子で、テロを非難した)の反応に比して、日本国内の反応(マスコミのみならず、当初の政府の反応も含めて)がテロリストを非難するよりは、アルジェリア政府批判に重点が置かれていたことは、テロ問題に関する日本の特質的反応かと言う気がしています

現場はサハラ砂漠の南部ですが、サハラでは90年代の内戦とも言えるテロ時代(10万人が死亡したと言われる)にも、厳重な軍隊等の警備に守られて、殆どテロ事件は発生せずに石油、ガス施設の操業も無事行われていたと記憶しています。

当時激しいテロと軍隊の弾圧があったのは、むしろ海岸地帯の山岳地帯等で、首都のアルジェも警戒は厳重を極めていました。

それが現在のブ―テフリカ大統領の就任以来、(時々これまた海岸の方、と言うことは北部でテロはあるが)本格的なテロのキャンペーンは基本的に鎮静化し、治安状況も正常化しつつあると見られていた時に、テロの最盛期でさえ無事であった南部の砂漠であのような大規模なテロが発生したのは、ある意味で皮肉なことです。

おそらく、その背景としてはアルジェリアを取り巻く国際環境の変化が最大の要因ではないでしょうか?

90年代のテロ旋風は(確か)91年の議会選挙で、イスラム勢力のFISが大半の議席を獲得する勢いであっとことに対して、軍がクーデターを行い、政治を横取りしたところから始まった、いわばアルジェリアの国内問題であったかと思います。

勿論、その背景には非常に豊富な石油、天然ガス資源を有しながら、ソ連スタイルの重工業化政策をとった経済政策の失敗から来る生活の苦しさ、独立以来のFLNの政権独占と腐敗等に対する国民の積み重なった不満があったことは言うまでもありません。

当時も、例のmokhtar belmokhtarのようなアフガニスタン帰りの、いわゆるアフガーニが中心的テロ戦力をなしていましたが、テロの背景、目的等はアルジェリア国内問題であったと思います。

それに対して、今回のテロの実行者が「マグレブ・イスラム諸国のアルカイダ」の一分派であることからも明らかな通り、現代のイスラム過激派は国際的なテロ組織として、特定の国の民主化、社会的不公正等を問題にするのではなく、テロ国際連帯として行動しているところが大きく異なると思われます。

アルカイダにしろ、アルカイダ本体がオサマビンラーデンが殺されたほか、多くの幹部が殺害または逮捕され、その活動力が大きく減殺されているのに対して、多くのテロ活動を行っているのが、このマグレブのアルカイダと「アラビア半島のアルカイダ」です。

当初からアルカイダは規律ある統一的な組織体ではなく、ネットでつながったいわばアメーバー状(確か別の表現が用いられていたかとも?)であると言われていましたが、今や頭は押さえられても、その脚や腕が活発に動いている爬虫類のようにも見えます。

そのようなテロリスト側の状況に加え、さらに重要なのはアルジェリアを取り巻く国際環境です。

その最大の要因はアラブの春で、これまで原理主義を厳しく取り締まってきたリビアとチュニジアの独裁政権が倒され、その後に未だに力の空白が残り、広大なサハラ砂漠地帯がテロリストや無法者にとって自由に行動できる地域になったことだと思います。

カッダーフィが健在の頃には、その国境付近でこれだけのテロが起こることは想像できませんでした。

又チュニジアのベンアリも他の総ての政策が間違っていたとしても、テロを厳しく抑え込んだと言うことで、アルジェリアの無法状態とよく比較されたものでした。

そこにリビア政府の武器庫からの近代兵器が大量に流出したのですから、テロリストにとっては極めて好都合な環境ができたということだと思います。

それと、現在も進行中のマリでの対テロ戦争に象徴される、サヘル地帯の諸国の、政治的、社会的弱体化とイスラム過激派勢力の伸長があげられるが、イスラム過激派の行動はアルジェリアのすぐ南にとどまらず、ナイジェリア等にまで及んでいます。

これらの状況を考えると、今回のテロリストが声明したように、その目的がマリへの軍事介入に対する反発ではないとしても(何しろマリで仏軍と戦っているansar al din がアルジェリアのテロとは関係なく、自分たちの目的は純粋にマリ国内問題であると表明していることから考えても、今回のテロリストがマリの原理主義者と協力して、そのために行動を起こしたとは考えにくい)、これらの地域の問題が関連を有していることは否定できず、mokhtar 等の退路を断ち、その根拠地を叩くためには、結局のところアルジェリア、リビア、チュニジア、モロッコからサヘル地域一帯で、それらの諸国が協力して、国連、英米仏等の協力も得て、テロ撲滅作戦のための国際協力を行う必要に迫られるのではないかと言う気がします。

その意味では、今回のテロ事件は、今後かなり長く続く国際社会の北アフリカ、サヘル地域における対テロ戦争の第一歩となる可能性があるような気がしています。

ちょうどマリでの仏軍、アフリカ諸国軍の作戦が始まったところであることも、このような印象を強化するものです。

若干アラーミング(大げさな)な見方かもしれませんが、取り敢えずのコメントなど

あわせて読みたい

「アルジェリアの邦人拘束」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  2. 2

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  3. 3

    RAD炎上曲を擁護するファンの謎

    WEDGE Infinity

  4. 4

    がん患者へのヤジ議員 差別訴え

    猪野 亨

  5. 5

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  6. 6

    メガバンクの時代遅れなリストラ

    城繁幸

  7. 7

    ジョイフルのありえない分煙状況

    Hayato Ikeda

  8. 8

    米国が北に仕掛けた無慈悲な取引

    MAG2 NEWS

  9. 9

    北欧の性教育に女子大生が驚愕

    SmartFLASH

  10. 10

    日本の孤立化認めた櫻井よしこ氏

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。