記事

自民党は、はや利権政党に逆戻り?

西松建設からの政治献金問題も見事逃げ切ったものの、もう表舞台にでてこられることはないと思っていた二階俊博先生が国土強靭化計画で見事総務庁会長代行に復活され、地元和歌山に凱旋された様子がテレビに映っていました。それはもう、公共事業で潤う土建屋さん、高速道路の用地収容でピカピカのお屋敷を建ててもお釣りが来る人たちからすれば、さぞかし希望の星で、大歓迎ぶりは想像に固くありません。それってみんな子供たちの将来から奪いとっている金なんだよということなど一言でも言えば、袋叩きにあうに違いありません。

この和歌山県は、はたして国土強靭化計画が、ほんとうに国土強靭化をはかるものなのか、利権をバラマキ、それを集票手段とする選挙資金なのかをウォッチするいいターゲットだと感じます。なぜなら、和歌山は、昨年の台風12号による豪雨で熊野川が氾濫し、昭和28年に起こった紀州大水害に匹敵するような甚大な水害を受けています。普段は深い谷あいを静かに流れる熊野川ですが、熊野本宮のあたりまで浸水したり、道路が崩壊したり、またがけ崩れで埋もれたり、大変な災害を受けています。ダムも役に立たなかったのです。こちらの冊子に被害の状況が生々しく紹介されています。紀伊半島大水害「豪雨」 :こちらの防災対策を講じ、将来の災害にも備えようというのならそれは当然行なうべきでしょう。これは国土強靭化の冠に値する公共工事です。

しかし、二階先生へは、二階先生がねじ込んだといわれる「二階バイパス」の4車線化の要望も強いのです。いやもっと紀州全体を高速道路で結べという声すらあるようです。さてその高速道路で、いったいなにが和歌山の経済の活性化に役立つのでしょうか。まったく理解できません。和歌山はすでに御坊まで阪和自動車道が伸び、さらに那智勝浦新宮道路、いわゆる二階バイパスで田辺まで伸びています。【酷道険道ファン倶楽部】 那智勝浦新宮道路(二階バイパス) - YouTube :

和歌山には自然の恵みがあり、農業や水産業が盛んです。紀州の梅干は全国一の生産量を誇り、南紀勝浦港は、冷凍ではない生マグロの最大の集積港です。太地町はクジラで有名です。それらの農業や水産業が高速道路を造ったからといって栄えるとは到底思えません。温泉にも恵まており、道路が整備されてきたことで観光客もさぞかし増えたのかと思いきや、年々減少の一途をたどっています。白浜温泉には空港まで整備されており、さらに二階バイパスが開通し、交通の便は格段に良くなったのですが、観光客は毎年のように減ってきたのです。もっといえば関空からもっとも近くでお城があるのは和歌山城だし、立地的には恵まれています。

だから交通の便で負けているから観光地間の競争に負けてきたのではないのです。観光地としての魅力づくりで他の地域に負けている、つまりソフトの問題です。今日の観光ニーズに対応した産業転換やブランド化がまだ成功していないから、いくら道路をつくっても効果は期待できません。

さて、利権に群がる人は勢いがあって凄まじく、また党内には、土建利権また農村利権にバラマキ集票マシンを復活させようという先生方も意気揚々ですが、また財政が悪化し、日本沈没の状況とならないように舵を切っていかなければ、それこそ安倍総理は「土建屋政党」と成り果てた自民党最後の首相になりかねません。安倍総理がどう手綱を締めるかの手腕が問われてくるのでしょう。

 自民党がまた利権政治に戻って政権を失っても、自らの選択の結果でありご自由ですが、日本の将来を道連れにすることだけは勘弁願いたいのです。

あわせて読みたい

「第2次安倍改造内閣」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    福岡刺殺 闇ウェブ専門家の素顔

    やまもといちろう

  2. 2

    本田圭佑ゴールにSNSは謝罪の嵐

    MAG2 NEWS

  3. 3

    働き方改革巡る竹中平蔵氏の詭弁

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    カジノ代案ない野党はクレーマー

    大西宏

  5. 5

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  6. 6

    ソフバンに陰り 公取委の圧力か

    MAG2 NEWS

  7. 7

    セネガル代表で戦う欧州出身選手

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  8. 8

    メルカリ 好待遇の裏にある対価

    シェアーズカフェ・オンライン

  9. 9

    オール与党の多選がもたらす弊害

    田中龍作

  10. 10

    籠池氏が加計理事長の会見に怒り

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。