記事

『LINE』でスマートフォン世界ナンバーワンへ

1/2
右から夏野剛氏・森川亮氏・石田紗英子氏(撮影:田野幸伸)
右から夏野剛氏・森川亮氏・石田紗英子氏(撮影:田野幸伸) 写真一覧
iモードを作った男、夏野剛氏が日本の突端をひた走る人物を訪ねるニコニコ生放送の番組「夏野政経塾」。プライベートでも親しい仲だというNHN Japan代表取締役社長の森川亮氏をゲストに、世界1億ユーザーに届く勢いのコミュニケーションアプリ『LINE』について誕生の背景から今後までトークを繰り広げた。

「LINEは世界にいける!」

アシスタント・石田紗英子(以下、石田):今日も始まりました『夏野政経塾』。この番組は経済人、政治人のお膝元を訪ね、対談を楽しむ企業訪問型、時事放談番組です。今回はNHN Japan代表取締役社長の森川亮さんをゲストに、NHN Japan渋谷ヒカリエオフィスのカフェテリアから生放送でお送りします。

森川亮NHNJapan代表取締役社長(以下、森川):よろしくお願いします。

石田:お二方はどんなご関係なんですか?

夏野剛(以下、夏野):全く記憶がなくなってしまったことが何回か。10回はないよね。5回くらいかな。記憶がなくならないのがさらに何回かあるので。じゃんけん一気はだめだねえ(笑)。

森川:まー、お酒強いですから(笑)。

夏野:森川さんの方が強いんじゃないですか?よく考えたらまじめに仕事の話をしたことがない(笑)。いつもお酒飲んで酔っ払って、「何の話だっけ?」みたいになっているので、今日は真面目にお話したいと思います。

森川:はい。よろしくお願いします。

夏野:さて、やっぱりNHN Japanと言えばLINEですよね。僕、LINEはすごいと思っているんですよ。

森川:夏野さん最初の頃、僕の会社がLINEやっているってご存じなかったですよね?

夏野:そう、知らなかったんです(笑)。酒飲んでいる時に、「え!!あのLINEやってんの?」みたいな。あれは1年くらい前、つまりLINE始めてすぐくらいの時ですね。まだLINEの歴史ってそれくらいだもんね。ちょっと爆弾発言するならば、LINEはね、「世界を制することができる!」

森川:おおー!!

夏野:いや、まじで。LINEは世界にいけるよ!日本で開発しているの?

森川:そうです。

夏野:やっぱり日本をベースにした開発陣だからこそできたサービスだと思うんですよね。

森川:そこは夏野さんの、iモードに学びまして……。

夏野:いやいや、そんなことないでしょ。LINEは世界のキャリアの付加価値を、全部取れる可能性があると僕は思いますよ。

石田:どのキャリアを使っていても関係ないですもんね。

夏野:そこがすごいんですよ。分離独立させたら?この間Twitterか何かで書いたんだけど、みんなで金出しあって世界制覇といこうよ。51%を持ってっていいからさ

森川:(笑)。

エンターテインメントと技術を結びつける事業がやりたかった

石田:では、世界を制するだろうと言われているLINEを手がけられましたNHNJapanの秘密を探って参りましょう。まずは、森川社長の経歴をご紹介いたします。森川亮さん、1967年生まれ。1989年に日本テレビに入社し、システム部門に配属されて、ネット広告、映像配信、モバイル、国際放送、BSデジタル放送などに携われました。その間に青山学院大学大学院国際政治経済学科に通って、MBAを取っていらっしゃいます。

その後、ソニー株式会社に入社して、新規モバイルコンテンツ事業から始まりブロードバンド事業担当を経て、現在のNHN Japanの前身であるハンゲームジャパン株式会社に入社。ハンゲーム事業部長としてハンゲーム事業全般の運営を担当されます。そして2007年、NAVER Japan株式会社設立に伴い、代表取締役社長に就任。2012年1月のNHN JapanとNAVER Japan、livedoorのグループ3社経営統合後も、引き続き社長を勤めてらっしゃいます。

夏野:すごいねえ。しかも一時期、危うい会社にいって、ちゃんと脱出したのがすごい。危うい会社に…。

森川:それは言わなくていいですから(笑)。

石田:こうやって森川さんの経歴を拝見すると、やはりずっとモバイル部門に携わってらっしゃったんですね。

森川:そうですね。エンターテインメントが好きで、その後コンピューター工学を勉強したので、エンターテインメントと技術を結びつける事業をやろうと思ったんですよね。

夏野:エンタメと技術。まさに今のNHNじゃないですか。

石田:今のようなサービスは、昔から思い描かれていたんですか?

森川:いえ全く。ただ、技術とエンターテインメントを組み合わせるって、得意な人が少ないじゃないですか。そこを極めれば何か見えるかなって思っていましたね。

オフィスにはモノづくりの姿勢が表れる

石田:では続いてオフィスを紹介していこうと思います。

夏野:実は僕、森川さんに韓国のNHNの自社ビルに連れて行ってもらったことがあるんですよ。でね、すごいのがなんとNHNさんは建築士が社内にいるんですよ。自分たちで建物を設計しちゃう。

森川:建築専門の部署があって、そこで設計からデザインから全部やるんです。

夏野:自分で建物を作っちゃう。このヒカリエオフィスもそのチームが関わってつくられたんですよね?

石田:UXに最適なオフィスということなんですけど、UXってみなさん何だか分かります?UXとは「ユーザーエクスペリエンス」の略で、仕事をする社員が良い環境で良い経験をしてこそ、多くのユーザーに良いサービスを提供できるという考え方。だから、社員の行動パターンを考慮して、一番便利な形で作られているそうですね。

夏野:素晴らしいね。ドワンゴとは大違いだね。やっぱり。企業は儲かってないと駄目だな。

石田:デザインもすごく斬新ですが、全て自社のデザイナーさんが手がけたんですか?

森川:そうですね。オフィスや建物って、僕たちのモノづくりの姿勢が出るところだと思います。だから、そこの設計は自分たちで考えていますね。

夏野:なんか恥ずかしくなってきたな。もう、浜町に帰りたくない(笑)。

石田:ドワンゴさんはドワンゴさんですよ(笑)。こちらのオフィスに引越しされたのは今年の10月とまだ間もないですが、以前の大崎オフィスと比べてどうですか?やっぱりお仕事もはかどりますか?

森川:以前もカフェがあったんですけど、場所が大崎でちょっと寂しかったんです。渋谷は活気があっていいですね。仕事もはかどりますよ。

石田:LINEアプリは世界1億ユーザーを突破しようという勢いだそうですね。

夏野:なぜLINEが世界を制覇できると言ったかというと、これからキャリアは完全に土管屋になっていくんですよ。そうなんだけど、なんとか付加価値サービスをやりたいと思っているんです。だから、留守番電話とか電話帳お預かりサービスとか色々と僕も含めてやっていたわけなんですけど、LINEはそういうのが全部できるんだよね。マルチキャリアで。

森川:いや、でも技術的に……

夏野:もう、やっちゃえ、やっちゃえでしょ。だって、携帯業界って3社合わせて1兆5000億くらいの利益があるわけですよ。何にもしていないけどね、大したことは。

一同:(笑)。

夏野:NHNは自分たちで開発したもの、ちゃんと自分たちの独創性でがんばってるわけでしょ。だから、そこに付加価値サービスをどんどんつけて。だから本当に、世界共通のサービスをやるといいんですよ。これでね、世界制覇。日本発の世界サービスが、英語化しなくてもできるかもしれない(笑)。

石田:2011年6月のサービス提供開始以来、LINEはどんどんとユーザーが増え続けているんですけど、この理由はなんだと思いますか?

森川:僕は今までのメールでやっていたことが、LINEに置き換わったというのが大きいと思いますね。

夏野:友だち追加に自分の電話帳を連動しているところがすごくいいなって思って。

石田:それで、昔の彼氏とかがリストに出てきたりしてびっくりしますよね。

夏野:こんなところで、プライベートな話を…(笑)。それ、消さないの?

石田:消したんですけど…

森川:どっちかの電話帳に残っていると、それがリストに出るんですよね。

夏野:つまり、向こうが残していると。馬鹿な彼氏だなあ…(笑)。

一同:(笑)。

石田:そうやってアプリをダウンロードすると、友だちが自動的にバーっと増えてしまいますよね。そこが難しいところだと思うんですけど。

森川:元々電話帳に登録していた人なら、友だちになってもいいと思うんです。

夏野:良くないですよ、だって別れちゃってるんだもん(笑)。

森川:外すこともできますから。

夏野:それで外されたら、元彼ショックだろうね。

森川:外されたことは分からないようになっています(笑)。

あわせて読みたい

「LINE」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  2. 2

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  3. 3

    読売1面「首相3選望まず」の衝撃

    NEWSポストセブン

  4. 4

    本当の富裕層 振る舞いに共通点

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ロシア人の4割は酒を一切飲まず

    ロシアNOW

  6. 6

    乃木坂46に学ぶ副業許可のヒント

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    戦争を招くウーマン村本の価値観

    自由人

  8. 8

    安倍首相 広島長崎で手抜き挨拶

    NEWSポストセブン

  9. 9

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  10. 10

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。